社会保険労務士とのやりとりを効率化しリスクを下げる人材管理システムとは?

社会保険労務士とのやりとりを効率化しリスクを下げる人材管理システムとは?

背景

近年、これまで培ってきた人事担当者の経験に、「データに基づいた意思決定」の視点を加えることが求められています。タレントマネジメントや戦略人事を実現し、経営のパートナーとしての人事(HRBP)へ。

テクノロジーの進化により、タレントマネジメントや戦略人事を実現するための、クラウド型の人材管理システムが注目を集めています。システムの導入により人事の生産性が改善されますが、一方で、企業と社会保険労務士(以下、社労士)とのやりとりなど、全てをシステムで代替するのは難しいケースが多いのが現実でしょう。

本資料では、「人事と社労士」の関係に注目し、人事と社労士のやりとりを効率化し、リスクを下げる方法について解説します。

課題・悩み

  1. 社外を含めた担当者間での人事データのやりとりを効率化したい
  2. 社労士と人事担当者とのデータのやりとりを効率化し、透明性をあげたい

資料細目

  1. 人材管理システムと生産性の関係
  2. 人材管理システムと人事業務の効率化
  3. 「人事と社労士」のやりとりに潜む、非効率とリスク
  4. 「社労士と人事」のやりとりの非効率とリスクを解消する人材管理システム
  5. HRMOS COREとは何か

以下に該当する方には、特におすすめ

  1. 社労士との関係性を構築しているなかで、人材管理システムをご検討中の企業

お役立ち資料ダウンロード

*は入力必須項目です。

メールの署名で
自動入力できます

メールの署名を入力してください500文字以内で入力してくださいアクセスが集中しているため、もう一度お試しいただくか、手動で入力してください情報の取得に失敗しました。署名の内容を変更してお試しいただくか、手動で入力してください自動入力×
*姓を入力してください
*名を入力してください
会社名*会社名を入力してください
役職
メールアドレス*

Gmail、Yahoo!メール、 Hotmailなどのフリーメールアドレスや携帯電話のメールアドレスは受け付けられません。

メールアドレスを入力してください正しいメールアドレスを入力してください電話番号*

※ご連絡がつきやすい番号のご記入をお願いいたします。

電話番号を入力してください正しい電話番号を入力してください
ご質問・ご不明点お問い合わせ内容を入力してください
個人情報の取り扱いに同意する*個人情報の取り扱いへの同意が必要です