HRMOS

HRMOS導入後、応募数が月間30人→300人に。応募が10倍に増加後も、人事担当者1人で対応
株式会社デザインワン・ジャパン

HRMOS導入後、応募数が月間30人→300人に。応募が10倍に増加後も、人事担当者1人で対応

株式会社デザインワン・ジャパン

企業名
株式会社デザインワン・ジャパン
業種
インターネットサービス
事業概要
日本最大級の地域情報ポータルサイト「エキテン」の運営
従業員数
約148名(2016年11月末時点)*臨時雇用者含む

約450万店舗の店舗情報、165万以上の口コミ情報を掲載する日本トップクラスの地域情報サイトに成長

デザインワン・ジャパンは「世界を、活性化する。」をビジョンに掲げ、2005年に設立。地域の活性化をコンセプトにした口コミ型地域情報ポータルサイト「エキテン」は、日本全国の地域・駅ごとに、その地域で人気のあらゆるジャンルのお店や名店を知ることができるサービスです。日本最大級の口コミサイトに成長し、個人商店をはじめとした地域のスモールビジネスの経済活動の支援を実現しています。

約450万店舗の店舗情報、165万以上の口コミ情報を掲載する日本トップクラスの地域情報サイトに成長

採用のオペレーション業務に工数がかかり、人材紹介会社や社外への情報発信ができなかった

採用マネージャーの佐々木様、人事部長の本田様、企画部部長で面接官を務める須崎様に、それぞれの立場でHRMOSをどのように活用されているのか聞いてきました。

  • 人事・総務部 人事・採用チーム マネージャー:佐々木 祐介
  • 人事・総務部 部長:本田 豊
  • エキテン事業本部 企画部 部長:須崎 雅道

HRMOS導入以前、採用管理に課題などはありましたか?

採用のオペレーション業務に工数がかかり、人材紹介会社や社外への情報発信ができなかった

これまで、採用管理はエクセルで行っていたのですが、採用のオペレーションに多くの工数を割いていました。例えば、候補者を管理するために、エクセルに一人ずつ情報を追記するのは大変手間でした。別の担当者がエクセルを触ってしまい、データが壊れてしまうこともありました。また、エクセルの管理では、採用に関する詳細のデータが蓄積されず、分析もできていませんでした。

複数の人材紹介会社とのやり取りの方法もバラバラで、連絡や調整に工数がかかっていました。採用担当者は、このようなオペレーション業務に工数を取られて、本来やるべき人材紹介会社や社外への情報発信ができず、応募数が確保できていないことが大きな課題でした。

私は、これまでの一番の課題は「採用に関するデータの可視化が出来ていない」事だと感じていました。この職種の人が欲しいと思った時に、母集団がどれくらいあるのか、その職種の書類選考や面接の通過率はどうなのか、そういったことがエクセルで管理している頃は分かりませんでした。仮に、書類選考率に課題があると分かれば、人材紹介会社へのフィードバックを改善する施策を打てたはずです。

HRMOSを導入してからは、レポート機能で採用の状況が一目瞭然になりました。数字で採用の課題がすぐに分かり、改善の手を打てるようになったのが一番大きいところです。

これまで、面接時のレジュメや評価シートは紙で管理していました。面接官が会議に出ていることも多いので、タイミングが合わないと書類を受け取って確認してもらうまでに時間がかかっていました。

しかし、今では担当者がHRMOS上で直接レジュメを確認できます。手渡しの必要はなく、空いた時間に書類のチェックができるので、以前と比べて採用スピードが向上しました。

また、面接の評価に関しても、これまでは、紙のメモ書きと口頭で採用担当者に伝えていました。これでは、いざ採用するかを決める時になって、評価が曖昧になっていることもありました。

HRMOSを導入してからは、面接の評価を必ずシステムに残すので、採用担当者の頭の整理にもなりますし、候補者の評価が正確に残るので、採用の意思決定がスムーズになりました。

業務効率化で空いた時間に人材紹介会社へ情報発信。応募数が10倍に

HRMOSを導入し、どのような効果が得られましたか?

業務効率化で空いた時間に人材紹介会社へ情報発信。応募数が10倍に

採用業務が圧倒的に効率化されました。導入前は、メールに求人票を添付してひとつひとつの人材紹介会社に送る必要があったので、すべての人材紹介会社に全ての求人を一括でお知らせが出来る機能は、私にとって画期的でした。なおかつ、人材紹介会社経由の候補者も一元管理できるので、人材紹介会社とのやり取りや候補者管理の工数も大幅に削減できました。人材紹介会社の方も、HRMOSはあって当たり前のツールになっているようで、「HRMOS入れてます」と言うと理解いただけるので、人材紹介会社との連携はスムーズでした。

また、業務が効率化したことで空いた時間を、人材紹介会社に直接、自社のプレゼンをしたり、人材紹介会社からの質問に1つ1つ丁寧に答えたりといった取り組みに使うことで、応募数が導入前の月間30名から先月が360名と10倍以上になりました。これはHRMOSで業務効率化した事で、コア業務に時間を使う事ができたおかげだと思っています。

応募数が急増して人事のリソースが逼迫した時は、面接官から直接人材紹介会社にHRMOSを使って合否の判定を送る事をお願いしました。この危機もHRMOSが現場に浸透しやすかったからこそ、乗り切れたと思います。

HRMOSの導入前は、100名以下の応募でも業務が回らないことがありました。書類をチェックして、エクセルにデータを追加し、メールを送り、面接の調整をするのは非常に工数がかかることです。それがHRMOSでは一元管理されるため、先月の350名以上の応募数でも1人で対応することができました。HRMOSを導入して、1人で対応できる応募数が3倍以上になった事になります。

HRMOSで母集団を増やし、採用できる人の質を上げるメリットは大きい

HRMOSで特に気に入ってる機能は何ですか?

採用の目標設定をして進捗を確認できる予実管理のレポートは毎日、1日に何度も確認しています。機能面もそうですが、HRMOSは改善要望を汲み上げてすぐに実装し、どんどん進化していく所が一番気に入っています。

HRMOSを使って今後やっていきたい事はありますか?

新たな採用手法に挑戦していきたいと思います。まだHRMOSで作成した採用ホームページへの流入を狙った施策が出来ていないので、SNSを活用した社外への情報発信やHRMOSのリファラル採用の機能を活用した施策に挑戦していきたいです。もしHRMOSがなかったら、このような取り組みは出来ないと思っています。

HRMOSで母集団を増やし、採用できる人の質を上げるメリットは大きい

最後に採用管理ツールを導入するか悩んでいる企業へメッセージをお願いします。

採用人数が少ないから母集団を増やす必要がないと考えて、現状の応募数なら採用管理ツールを導入する必要はないと考えている方に伝えたいのは、同じ3人を採用するにしても、30人の応募者から選ぶのと300人の応募者から選ぶのとでは採用できる人の質が特段に違うということです。このメリットは大きい。これはHRMOSを導入して、採用業務が効率化され人材紹介会社への情報発信に時間を使えるようになったことで応募数が増えたこと、さらに採用業務を一元化できたことで1人が対応できる応募数が格段に増えたことが要因だと思います。

HRMOS採用管理 が選ばれる理由