HRMOS

HRMOSの分析レポートを活用。人材紹介会社からの紹介数を1/10に減らし、採用決定数を2倍に
株式会社マテリアル

HRMOSの分析レポートを活用。人材紹介会社からの紹介数を1/10に減らし、採用決定数を2倍に

株式会社マテリアル

企業名
株式会社マテリアル
業種
PR
事業概要
PR事業を主としたマーケティングコミュニケーション業務全般
従業員数
約65名(2017年3月時点)

世界No.1のマーケティングコミュニケーションカンパニーを目指す

マテリアルの事業内容を教えて下さい

マテリアル株式会社は、13期目を迎えるPR会社で、広報やコミュニケーションの支援を行なっています。最近は、新規事業にも力を入れており、今年の2月には、「みんなのPR (https://minnanopr.jp/lp/)」という、スマホで簡単に1回500円でプレスリリースの作成から各メディアへの配信まで出来る、広報支援ツールをリリース致しました。中小企業や商店街、小さなお店でも、PRをもっと身近なものにして、気軽に取り組んでいただけるようなサービスを目指し、開発いたしました。

スプレッドシートの管理では、採用の進捗が正しく把握できていなかった

HRMOS導入以前、採用管理に課題などはありましたか?

当社は通年で様々な職種の方を募集しています。HRMOSを導入する前は、人材紹介会社や候補者とのやり取りが複雑で、メールの見落としや候補者ごとのタスクの抜け漏れが起きていました。また、応募者の管理から面接の評価まで、すべてをスプレッドシートで管理していました。各担当者にスプレッドシートの更新をお願いしていましたが、どうしても業務が忙しい時期は更新が遅れてしまいます。採用や候補者の状況を担当者しか把握していないことも多く、進捗を正しく把握することにも工数がかかっていました。当社がグループ会社全体で、採用を強化していくタイミングで、このままでは採用業務をこなすことが難しいと感じ、採用管理ツールの導入を検討し始めました。

HRMOSで人材紹介会社ごとの特徴を分析。紹介数を1/10に減らし、採用決定数を2倍に

HRMOSを導入し、どのような効果が得られましたか?

特に活用しているのは、HRMOSの分析レポート機能です。各人材紹介会社のパフォーマンスを職種別に分析ができるため、採用の効率化が進んでいます。これまでは、新しい求人が出るたびに、複数の人材紹介会社に一斉に依頼をしていました。人材紹介会社からは、多くの候補者を紹介いただけるのですが、書類選考通過率は低く、書類選考や各人材紹介会社とのやり取りに工数をとられており非効率でした。今では、職種別にどの人材紹介会社が強いのかがHRMOSの分析を通して一目で分かります。ピンポイントでその職種に強い人材紹介会社にどうやって候補者を口説くのか、を相談しながらお願いをすることで、候補者の質は上がり、人材紹介会社経由の紹介者数を1/10に減らし、さらに採用決定数も2倍にすることが出来ました。

HRMOSで人材紹介会社ごとの特徴を分析。紹介数を1/10に減らし、採用決定数を2倍に

HRMOSを導入して、人材紹介会社とのコミュニケーションに変化はありましたか?

各人材紹介会社経由の候補者が自動でHRMOSに反映されるため、候補者ごとの進捗がリアルタイムでわかるようになり、タスクの抜け漏れがなくなりました。また、人材紹介会社とのメールのやり取りもHRMOSで完結し、履歴が残るので、メールの見落としもなくなりました。また、求人票の作成・修正や人材紹介会社への共有方法に大きな変化がありました。これまでは、就業規則などの細かい修正でも、外部に修正を依頼する必要があり、反映までに時間がかかっていました。修正するたびに人材紹介会社へ連絡する必要があったで、リアルタイムでの共有ができていませんでした。HRMOSでは簡単に求人票の修正を行えるだけでなく、常に人材紹介会社に共有できるので、求人の細かい修正を連絡する必要がなくなりました。今では、人材紹介会社のエージェントの皆さんがご自身で最新の求人をHRMOSで確認してくださいます。求人を追加するだけで、こちらから連絡をしなくても候補者を紹介して頂けるようになりました。これは、大きな工数削減につながっています。

採用のオペレーションは効率化できる

機能改善のスピードやサポート体制についての印象を教えてください。

HRMOSの使い勝手は、日々進化しています。週1回のペースで機能改善が進むので、こういう機能あったらいいなと思うものが、翌週には追加されたりします。質問に即座に答えてくれ、サポート体制も充実していると感じています。

最後に、採用管理に悩む企業様へメッセージはありますか?

スプレッドシートで採用管理を行っていた頃は、それしかやり方を知らなかったこともあり、特に不満はありませんでした。しかし、HRMOSを導入してはじめて、採用のオペレーションの中には効率化できるところは多くあったと実感しました。採用のオペレーションは地味に見えますが大切な事ばかりです。これを如何にミス無く正確に、且つ限られた時間の中で効率的に行っていくかが重要です。採用のオペレーションのスピードや精度の向上が採用成功に直結すると言っても過言ではないと思います。募集する職種に強い人材紹介会社にピンポイントで候補者を紹介してもらう事で、書類選考の生産性を10倍にする事が出来ました。また、人材紹介会社や候補者とのやり取り、面接の評価をすべてHRMOSで可視化することで、進捗報告のための社内会議が不要になり、求人票をどうするのか、どの人材紹介会社に頼むべきか、など採用のコア業務に注力できるようになったことが今日の採用成功に結びついています。

HRMOS採用管理 が選ばれる理由