1. 株式会社オルツ
  2. 株式会社オルツ 採用情報
  3. 株式会社オルツ の求人一覧
  4. エグゼクティブアシスタント(業務委託)

エグゼクティブアシスタント(業務委託)

  • エグゼクティブアシスタント(業務委託)
  • 業務委託

株式会社オルツ の求人一覧

エグゼクティブアシスタント(業務委託) | 株式会社オルツ

【オルツについて】

弊社は、世界中の全ての人が自分自身のP.A.I. (パーソナル人工知能)を持つことによって、労働(Lavoro)から解放され、創造的でアーティスティックな営み(Opera)に没頭することができる世界を実現するための研究開発を行っています。

オルツは労役から人類を開放し、自由の価値を向上させるテクノロジー、P.A.I.(パーソナル人工知能)を世界に普及させることを目指しています。
オルツは労役から人類を開放し、自由の価値を向上させるテクノロジー、P.A.I.(パーソナル人工知能)を世界に普及させることを目指しています。

『P.A.I.(パーソナル人工知能)』とは私たち自身の意思をデジタル化し、それをクラウド上に配置してあらゆるデジタル作業をそのクローンにさせることを目的としたAIです。
個人の意思・決断までも行えるデジタルクローンが、24時間365日ネットワーク世界を飛び回り、仕事や買い物、旅行の手配など自分が行わなくてもよい作業を代替することで、人間が人間にしかできないことに集中することが可能になります。

求人内容

事業内容

P.A.I.の研究から生まれた高度なAI要素技術群を活用し、現在6000社以上の企業に導入が進んでいる会議自動文字起こしツール『AI GIJIROKU(AI議事録)』を中心に、24時間365日無人対応が可能な『AIコールセンター』、チャットオペレーターAIサポートシステム『Neo RMR』、オンライン会議での多言語コミュニケーションを可能にする『AI通訳』など、あらゆるビジネスに活用可能なAIソリューションを展開し、ローンチから約2年で国内トップシェアまで成長しました。

サービス

AI GIJIROKU」AIが会議の発言をリアルタイムに文字起こし

組織における従業員一人ひとりの生産性向上は、いまや私たちが取り組むべき最も重要な課題の一つです。オルツの研究チームはAI関連技術を活用することで、従来、録音音声の書き起こしや手書きメモを手入力することが基本であった議事録を、リアルタイムにテキスト化する「AI GIJIROKU」を開発しました。オルツでは効率化された会議を「スマート・ミーティング」と定義し、会議の可視化だけでなく最適な社員の働き方について具体的なソリューションを提供し、また、昨今の重要な課題であるリモートワーク対応など、社会課題の解決に貢献していきます。お陰様で「AI GIJIROKU」のお客様はこれまでに4,000社を超え、幅広いシーンでご活用いただいています。

AIコールセンター」”AIとの自由会話”での対話が可能な次世代ボイスボット  

「AIコールセンター」は、ニューノーマル時代のコールセンターニーズに応える為、オルツが長年の研究開発で培った自然言語処理技術による “AIとの自由対話“ が可能な音声対話AIソリューションです。「AIコールセンター」を導入することで、従来の人件費に対して50%以上のコスト削減を実現したり、AIによるトークの解析によって優秀なオペレーターのトークを新人オペレーターがすぐに学ぶ環境を創出することができます。

CLONEdev」利用者のライフログを連携し、デジタルクローンを生成

「CLONEdev(クローンデブ)」は、利用者の人格をデジタル上に再現する世界初のシステムです。オルツのデータ保管システム「alt ID(オルツID)」で保管されるライフログのデータと、言語処理・画像生成などの技術を組み合わせ、一人ひとりの人間の個性を導き出すことで、その人の意思を汲んだ対話が可能なアウトプットを生成します。
「CLONEdev」のクローン生成プラットフォームは、オルツ独自の大規模言語モデルである「LHTM-2」を使用しており、このモデルは膨大な計算リソースを必要とするため、今後は当社の分散演算基盤「alt Emeth(オルツ・エメス)」プロジェクトとの連携を進めて参ります。

altBRAIN」ノーコードエージェント生成プラットフォーム

「altBRAIN(オルツブレイン)」は、織田信長や著名人のキャラクター生成、ゲーム攻略エージェントや内科・小児科などの問診で使用可能な問診エージェント*など、多岐にわたるエージェントの作成をノーコードで容易に行うことができるプラットフォームです。
「altBRAIN」は、オルツが開発・提供する大規模言語モデル「LHTM-2」の能力を活用しており、急速に成長する大規模言語モデルのニーズに対応可能な柔軟性を有しているため、エンターテインメント領域から、企業内のエキスパートシステムやFAQシステムまで、様々な用途に応じたエージェントをスピーディーに構築することができます。
※エージェント:人間の代行として処理を実行するソフトウェアの通称。

 

募集背景

AIプロダクトにおけるマーケットフィットが進んでいく中で、日本発のAI企業としてユニコーン規模の上場が現実的になってきました。
2022年6月に実施したSeriesDラウンドのリード投資家は海外トップティアVCというように世界的にも注目されている今、「ラボーロからオペラへ」をミッションに、国内外のマーケットで更なるシェアの拡大を目指しています。

今回はCEO・BEOクラス(他社ではCxOクラス)の業務を主にサポートしていただくエグゼクティブアシスタントを募集します。
ただ、アシスタントとはいっても、可能な限り経営陣と同じ視座の高さで日々のサポートに取り組んでいただける方を歓迎します。

業務内容

エグゼクティブアシスタントとしてCEOやBEOクラス(他社ではCxOクラス)の業務をサポートいただきます。

【具体的な業務内容】

  • 社内外のアポイントのスケジュール調整
  • 資料作成サポート
  • 英語資料の作成
  • BEOのスケジュール管理
  • 会議の事前準備(会議室手配、書類の事前送信など)
  • アポイントの事前準備(訪問場所、会食、出張手配など)
  • CEOやBEOへの報告、確認業務
  • 経費処理業務
  • その他、庶務業務

【使用するツール】

  • Googleスプレッドシード
  • Googleスライド
  • Googleカレンダー
  • Google Drive
  • Slack
  • Zoom
  • Teamspirit
  • クラウドサイン
  • 弥生給与

働き方

各個人が1番パフォーマンスを発揮できる場所・時間で働くことを正義としているため、フルリモートなど柔軟性をもって働くことが可能です。

ポジションの魅力

  • フルリモートでの勤務が可能です
  • AIの先端技術についての理解が深まります
  • 新規事業開発など前向きな業務のサポートです
  • SOメリットがあります

応募資格 (MUST)

  • 社長/取締役/執行役員/部長などの秘書経験またはCxOクラスとの業務経験
  • AIへの興味・関心
  • ビジネスレベルの英語スキル
  • ビジネスレベルの資料作成スキル
  • ビジネスレベルのPCスキル(Word、Excel、PowerPoint)

応募資格 (WANT)

  • スタートアップや外資系企業での業務経験

求める人物像

  • 経営陣の要望を汲み取って動ける方
  • 経営陣と同じ視座の高さを持てる方
  • 社内外のコミュニケーションを厭わない方
  • チャレンジ精神、コミュニケーション能力の高い方

  • 臨機応変にスピード感を持って対応ができる方
  • 完全遠隔勤務でのコミュニケーションや業務遂行に支障がない方
職種 / 募集ポジション エグゼクティブアシスタント(業務委託)
雇用形態 業務委託
給与
時給
 
勤務地
フルリモート
勤務時間
10:00~18:00(休憩1時間)
休日
完全週休二日制
稼働時間
フルコミット(月140時間稼働)を想定
※相談可
会社情報
会社名 株式会社オルツ
代表者
米倉 千貴
本社所在地
東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル (SENQ六本木 807)
設立
2014年11月
資本金
5,596,712,470円(2022年6月20日現在)
※資本準備金及びその他資本剰余金含む
役員
代表取締役:米倉 千貴
取締役 CFO:日置 友輔
取締役:高原 瑞紀
取締役:藤田 豪
取締役:TAM Hock Chuan
監査役:中野 誠二
監査役:福島 泰三
監査役 藤井 雅樹
株主
米倉千貴、イーストベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、ジャフコ グループ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合、INTAGE Open Innovation 投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合、株式会社OKBキャピタル、野村インキュベーション投資事業有限責任組合、SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合、REGAIN GROUP株式会社、TIS株式会社、株式会社JR西日本イノベーションズ、関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合、カツリョク有限責任事業組合、TNPスレッズオブライト投資事業有限責任事業組合、株式会社プロトベンチャーズ、株式会社メタリアル、株式会社大広、SuMi TRUSTイノベーションン投資事業有限責任組合、株式会社ビデオリサーチ、凸版印刷株式会社、SBI Ventures Two株式会社、TSVF1投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル6号投資事業有限責任組合、Spiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合、SMBC日興証券株式会社、Dawn Capital1号投資事業有限責任組合、みずほリース株式会社、DIMENSION2号投資事業有限責任組合、エムスリー株式会社、Industrial Technology Investment Corporation、Vertex Growth Fund II Pte. Ltd.、HT Asia Technology Fund LP