1. 株式会社バンダイナムコネクサス
  2. 株式会社バンダイナムコネクサス 採用情報
  3. 株式会社バンダイナムコネクサス の求人一覧
  4. グループ横断のデータ基盤、データアプリケーション開発を推進するPMを募集!

グループ横断のデータ基盤、データアプリケーション開発を推進するPMを募集!

  • データ基盤開発プロジェクトマネージャー
  • 正社員

株式会社バンダイナムコネクサス の求人一覧

グループ横断のデータ基盤、データアプリケーション開発を推進するPMを募集! | 株式会社バンダイナムコネクサス

私たちバンダイナムコネクサスは、2017年8月に株式会社バンダイナムコエンターテインメントと株式会社ドリコムの合弁会社として、株式会社BXDとして設立されました。設立より、ブラウザゲームプラットフォーム「enza」の開発・運営を通して、配信するゲームタイトル毎にブラウザゲームプラットフォームならではの様々なアプローチを行ってまいりました。(「enza」では、現在、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』をはじめ、『NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES』、『猫とドラゴン』を配信しております)

2020年3月にはバンダイナムコエンターテインメントの100%子会社となりました。「enza」 にとどまることなく、新しい IP の楽しみ方をファンの皆様へ提供する事ができるように、バンダイナムコグループが手掛ける様々なプラットフォームやサービスをクロスさせることで、これまでのプラットフォームベースから IP ベースの総合エンターテイメントの構築を実現・加速させるため、現在ではIPファン向けサービスの開発・運営・分析なども行っております。

また、2021年3月には現在のバンダイナムコネクサスという社名に変更いたしました。
バンダイナムコグループが展開する多彩な事業をつなげ、IPの創り手とファンのお客様との結びつきをより強くするための懸け橋となるという思いが、社名のnexus(繋がり・絆)には込められています。

※IP:Intellectual Property の略で、キャラクターなどの知的財産のことを指します。

データ戦略部について

バンダイナムコエンターテイメントと協力し、グループ全体のデータ活用を担っています。

データ戦略部は以下2つの組織に分かれており、それぞれ異なったアプローチでグループ全体のデータ活用を担っています。

・データアナリティクス室:各ゲームタイトル / IPの運用分析担当 (プロダクト収益向上がメイン)
・データサイエンス&ストラテジー室:横断的な戦略&分析担当 (中長期的なデータ活用や研究・挑戦がメイン)

部署の詳細については以下に記載されています。
https://www.wantedly.com/companies/company_9704487/post_articles/339977

また、データ基盤はグループ内の協力会社が開発・運用し、データ戦略室は分析業務に専念する形を取っています。

データサイエンス & ストラテジー室について

以下、2つのセクションに分かれており、それぞれの組織が協力しながらデータPJTを進めています。
・データサイエンスセクション:統計や機械学習を用いる高度な分析や研究開発を担当
・データストラテジーセクション:データ戦略立案やプロジェクトマネジメントを担当

募集背景

データ戦略部の組織拡大に伴う増員のためとなります。

業務内容

下記2種類の開発PM業務を担当して頂きます。
 ①バンダイナムコグループ横断のデータ基盤開発PM
 ②内製開発するデータアプリケーションの開発PM

■具体的な業務の例■
①バンダイナムコグループ横断のデータ基盤開発業務の例
 ・グループ内の各サービス(例:ゲーム。EC)からのデータ収集における開発PM
 ・データウェアハウス層のデータマネジメント業務

②内製開発するデータアプリケーションの開発業務の例
 ・機械学習モデル(例:レコメンドモデル)サービングの開発PM
 ・社内用データ分析ツール(例:分析ダッシュボード。検知システム)の開発PM

■業務詳細■
①バンダイナムコグループ横断のデータ基盤開発PMの業務詳細
 ・データ収集対象サービスのデータ構造の理解
 ・データ収集要件の定義
 ・データ収集のためのパイプライン設計
 ・ワークフロー処理の設計
 ・収集したデータのクレンジング要件の策定
 ・データウェアハウス層のデータモデリング
 ・実装担当エンジニア(外部パートナー)の業務マネジメント
 ・グループ内のステークホルダーとの調整 (例:事業部。法務部)
 ・プロジェクト管理

②内製開発するデータアプリケーションの開発PMの業務詳細
 ・機能要件 / 非機能要件の定義
 ・UI/UX要件の定義
 ・データ連携要件の定義
 ・データパイプラインの設計 (CI/CDも含む)
 ・ワークフロー処理の設計
 ・実装担当エンジニア(外部パートナー)の業務マネジメント
 ・PJTのステークホルダーとの調整
 ・プロジェクト管理

ポジションの魅力

・データエンジニアリング機能を担うチームの立ち上げに関わる事が出来る。
・グループが展開する多様な事業のデータを扱うデータ基盤の設計を技術的裁量を持って進める事が出来る。
・多様なキャリアパスが存在する。
・経験豊富なデータ分析者が同じ部門に在籍しているため、データ利用者と密に連携して仕事を進める事が出来る。
・事業横断(IP軸)でのデータ利活用に関わる事が出来る。

必須スキル・経験

<ビジネス力>
・プロジェクトマネジメント力 (ゴール設定。計画策定。スコープ調整。PJT推進)
・要件定義力 (ビジネス要求整理。機能要件/非機能要件定義)
・折衝力 (ステークホルダーとの調整や着地点の発見)
・業務設計力 (業務フロー設計。ポリシー設計など)
・課題解決能力 (課題を構造的に捉え適切な解決策を立案)
・説明力 (相手の専門知識レベルに合わせて説明の厳密性を調整。直観的に理解出来る資料作成能力)

<エンジニアリング力>
・アーキテクチャ設計 (インフラ構成検討、CI/CD検討)
・データモデリング (拡張性を意識した物理データモデル設計)
・データセキュリティ (アクセス制御、データ匿名化の方針設計)
・クラウドサービス(特にGCP)に関する全般的な知見。

<求める開発経験>
・データ基盤開発の実務経験
・ETL処理開発の実務経験

歓迎スキル・経験

<ビジネス力>
・データ保護関連法規やプライバシーポリシーの概要を理解し、データ分析実務でやってはならない事を判断出来る。

<エンジニアリング力>
・応用技術情報試験レベルのコンピューターサイエンスの知識を持ち、実務に応用出来る。
・データ品質管理を含むデータマネジメント能力。

開発環境

・分析基盤:BigQuery
・分析環境:Jupyter, SPSS Modeler
・BIツール:Looker, Google Data Portal
・ツール類:Slack / Google Workspace / Chatwork

求める人物像

・強い情熱(=圧倒的当事者意識)を持つ事で、PJT関係者やステークホルダーから安心感と信頼感を獲得し、力強く巻き込む事が出来る。
・利害の対立や予期せぬ問題が発生して座礁しかけても、落とし所発見や問題解決を粘り強く行い、物事を形にする事が出来る。
・事業や組織の状況を俯瞰的に捉えられる方。
・チームワークを重視出来る方。
・エンタメビジネスに対する興味。

職種 / 募集ポジション データ基盤開発プロジェクトマネージャー
雇用形態 正社員
給与
年収
※想定年収に関しては、平均的な残業時間20時間分の残業手当を含んでいます。
※スキルやご経験によって想定年収を決定いたします。
※管理監督者でのオファーとなる場合があります。
■賞与年2回(6月/12月)
■昇給年1回(4月)
勤務地
 
定員
1名
採用フロー
書類選考
↓
一次面接(現場責任者による面接)
↓
二次面接(役員による面接) 
↓
最終面接(代表者による面接) 
↓
内定
勤務時間
9:00〜17:30(休憩1時間)

※フレックスタイム(コアタイム:11時~15時)
※リモートワーク可能
※残業あり(平均20時間/月)
休日・休暇
年間休日125日 ※土日祝、夏期休暇、年末年始休暇等
福利厚生
・在宅勤務手当
 ※テレワーク環境のサポートを目的に毎月定額を支給しています
・有給休暇取得推奨日
 ※有給休暇が取得しやすいように、推奨日を設定しています
・入社日から有給休暇利用可能
 ※入社日に有休が付与されます
  4~9月入社:10日、10~12月入社:6日、1~3月入社:3日
 有休は半休での取得も可能です
・社員食堂(マルシェ)
 ※メニューは日替わり定食やどんぶり、そば、うどんからパスタセットまで豊富、多くの社員が利用しています
・退職金制度
 ※確定拠出年金及び確定給付企業年金
・財形貯蓄制度
・持株会制度
・慶弔御見舞金
 ※結婚や出産の際にはお祝い金が支給されます。
 特に出産のお祝いは1子、2子出産時は20万円、3子の出産時には300万円が支給されます。
会社情報
会社名 株式会社バンダイナムコネクサス
所在地
〒108-0014 東京都港区芝五丁目37番8号
設立日
2017年8月3日
資本金
450,000,000円
株主
バンダイナムコエンターテインメント(100%)
代表者名
代表取締役社長 手塚 晃司
事業内容
オンラインゲームおよび配信するプラットフォーム、IPファン向けサービスの開発・運営・分析など