1. 株式会社コンセント 採用情報
  2. 株式会社コンセント の求人一覧
  3. 【コンテンツディレクター】世の中に良質なコンテンツを届ける。コンテンツ企画にコミットしたディレクターを募集!

【コンテンツディレクター】世の中に良質なコンテンツを届ける。コンテンツ企画にコミットしたディレクターを募集!

  • コンテンツディレクター
  • 正社員

株式会社コンセント の求人一覧

【コンテンツディレクター】世の中に良質なコンテンツを届ける。コンテンツ企画にコミットしたディレクターを募集! | 株式会社コンセント

コンテンツディレクターは、プロジェクトの中核として、紙媒体やWebサイトのコンテンツの企画立案、編集、制作ディレクションを担います。

コンテンツに託されたメッセージが受け手に「伝わる」ものとなるためには、「誰に、何のために、どんなメッセージを伝えるのか」ということを、常に意識することが必要不可欠です。

自身の得意とする分野の能力を活かしつつ、メンバーと協力してあるべき姿を考え、より良い「カタチ」を何度も問い直し、コンテンツを通してユーザーの最適な体験を提供します。

企画・編集という観点から、「誰に、何のために、どんなメッセージを伝えるのか」をとことん考え、楽しみ、盛り上げてくれるコンテンツディレクターを募集します。

仕事内容

紙媒体やWebサイトのコンテンツの企画立案、編集、制作ディレクションを行います。
プロジェクトの内容と特性を理解した上で社内外のスタッフと共に、問題解決と業務遂行にあたります。

  • クライアントとの窓口業務
  • 企画立案
  • 業務遂行に必要な資料作成(企画書、スケジュール、台割、構成ラフ、ストラクチャー、ワイヤーフレームなど)
  • 制作物のクオリティ担保(撮影、イラスト、デザイン、原稿などのディレクション)
  • 制作進行管理

まずは、紙媒体を多め、webサイトを少なめに、企画立案、編集、制作ディレクションをお任せします。
ゆくゆくは、プロジェクト、提案のリーダーを務めていただきたいと考えております。

コンセントでできること

株式会社コンセント(旧アレフ・ゼロ)は約40年前に創業。
現在の日本のエディトリアルデザイン分野の礎を築いてきた会社です。

雑誌や書籍のアートディレクション/デザイン、社内報や広報誌の企画/編集デザインを通し、企業のコミュニケーション支援を行ってきました。

その活動の幅はWebサイト構築・設計・ガバナンス支援、商品・サービス開発支援など、多方面に広がりをみせています。

「誰に対して」「どんなメッセージを」「どんなタイミングで」「どう伝えていくか」─。
私たちは「伝わること」にまっすぐに向き合い、
心に残る、心を動かす「デザイン」を信条としています。

コンセントで働くことの魅力

  1. コンセントでは課題発見から具体的なアウトプットまで、一貫した制作を行います。専門性が高く、クライアントからの評価も高いスタッフと協力して、ご自身が描くゴールに向けて、プロジェクトを遂行できる環境が整っています。
  2. 編集デザイン、情報アーキテクチャ、アートディレクションを強みに、各種ツールの企画デザイン制作はもちろん、UI開発や製品・サービス自体の価値定義や各種調査、インタラクションデザインまで、幅広いソリューションを提案することができます。
  3. ご自身の考えや得意とされることを存分に発揮いただきたいと思いますので、大きな裁量をもってプロジェクトを実行してください。最善のソリューションを提供するために、会社としてのバックアップも十分に行います。
  4. 案件はほぼ100%がクライアント企業との直接取引です。クライアントの課題を解決する有効なアイデアや企画・施策をダイレクトに提案することができます。

制作事例

広報誌
立教大学大学案内、明治学院大学広報誌『白金通信』、東京工業大学 広報誌『TechTech』、経済産業省広報誌『METI Journal 経済産業ジャーナル』、
アミューズ会社案内、コーセー CORPORATE PROFILE、イオン季刊PR誌『イオンマガジン』、大林組 社内報『マンスリー大林』など
http://www.concentinc.jp/works/pr_ir/

カタログ
専通クリエート カタログギフト、ワタベウェディングカタログなど
http://www.concentinc.jp/works/publication/

必要な能力・スキル

必須条件

  • クライアントとの関係構築を円滑に行えるコミュニケーション能力
  • 社内外のスタッフと協力してプロジェクトを遂行するチームワーク
  • 問題解決のために、さまざまな観点から論理的に考え抜く力
  • 日々の仕事に対して、自ら課題を発見、設定し、率先して改善策を立案、実行できる力
  • PCスキル(Excel、Word、PowerPoint等での資料作成)

必須条件

  • 紙媒体もしくはWebサイトのコンテンツの企画、編集、ディレクション経験
  • 編集、ライティング経験
  • 取材や撮影のディレクション、立会い経験
  • コンテンツ企画提案、プランニング経験

エントリー方法

  1. このページの「応募する」からエントリーしてください。
  2. 応募フォームにて、 希望職種、自己紹介文(これまでの経験、実績など)と、志望動機(どのようにコンセントを知り、どこに興味を持ったのかなど)を簡潔にまとめて明記 してください。
  3. 応募フォーム内の「添付ファイル」には、履歴書と職務経歴書、(あれば)ポートフォリオを添付してください。添付できない場合は、下記 【本社所在地 採用担当宛】 に郵送してください。
  4. その他ご質問等は「応募先へのメッセージ」にご記載ください。

※お送りいただく個人情報は、採用可否の判断および選考に関するご連絡以外の目的には使用しません。

※ご応募の際にお預かりする履歴書及びデータ等の個人情報は、採用選考後、速やかに処分または削除いたします。返却やお問い合わせには応じかねますので、ご了承ください。

※郵送いただいたポートフォリオ(作品集)はご要望に応じて返却いたします。

返却をご希望の場合には、応募の際に、返信用封筒と、返送先を記入した着払い伝票もご同封ください。

職種 / 募集ポジション コンテンツディレクター
雇用形態 正社員
給与
年収
・掲示給与は初期設定額となり、半期毎の評価によって給与改定を行います。
・給与にはみなし時間分(1日9.5時間×20.5日)のほか月10.25時間分の時間外(法定外休日)手当、月8時間分の休日手当(法定休日)月20時間分の深夜割増が予め含まれています。
・上記を超える勤務があった場合、別途時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当が支払われます。
・会社業績によって特別期末賞与が支払われます。
勤務地
  • 150-0022  東京都渋谷区恵比寿南一丁目20番6号 第21荒井ビル
    地図で確認
 
就業時間
09:30 ~ 18:30
上記会社営業時間を基本とした専門業務型裁量労働制(みなし労働時間:9.5時間)または、フレックスタイム制(コアタイム 9:30~12:00。標準労働時間8時間)を採用しており、ご自身の裁量で時間を管理していただけます。
待遇
交通費全額支給 / 社会保険完備 / 育児支援制度 / 出張手当 / 研修あり / 資格取得支援制度

その他
【諸手当】
時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当
さまざまな成長機会の提供
ご自身のスキルの成長が会社の成長に繋がります。
そのため、さまざまな成長機会を積極的に提供しています。

・国内外のセミナー・カンファレンスへの参加支援
・書籍やツール・アプリケーション等購入の会社負担
・頻繁に開催される社内勉強会(社外ゲストを招いて公開型で実施することもあります)への参加
休日・休暇
有給休暇 / 夏季休暇 / 年末年始休暇 / 慶弔休暇 / 産休・育休 / 週休2日制 / 土日祝日休み / 年間休日120日以上

その他
リフレッシュ休暇(勤続5年目に10日間の特別休暇が付与されます)
試用期間
あり:6か月
(試用期間中の労働条件に変更なし)
給与詳細
基本給(月額):219,041円~402,159円
+固定残業等手当30,949円~56,841円
選考ステップ
【STEP 1:書類選考】
 ↓
【STEP 2:一次面接】
 ↓
【STEP 3:二次面接】
(三次面接を行う場合もあります)
 ↓
【内定】
 ↓
【STEP 4:内定面談】
 ↓
【入社】
会社情報
会社名 株式会社コンセント
設立
1973年4月
代表者
代表取締役会長 上原 哲郎
代表取締役社長 長谷川 敦士
売上高
25億5,300万円(2017年3月期)
従業員数
204名(2017年4月1日時点)
主な事業内容
印刷情報媒体の企画・編集・制作/雑誌、書籍のエディトリアルデザイン/Webサイト構築・設計・運営支援/Webサイトガバナンス支援/インタラクティブコンテンツ開発/デジタル教材開発/ユーザーエクスペリエンスデザイン/サービスデザイン/その他付随する業務
本社所在地
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南一丁目20番6号
第21荒井ビル
デザインする文化
コンセントが提供する様々なソリューション。
それは多様なメンバーが協力し、職種や役職、年齢関係なく知識や意見を発信し、一緒に考え、共創します。
この姿勢を創業以来大事にしてきたからこそ、クライアントに信頼され、喜んでもらえる仕事が実現できているのだと考えています。

そして何より、エンドユーザーや読者のためになることを徹底的に考える。コンセントのデザインはこうした土壌に文化として根付いています。
自社サイト
https://www.concentinc.jp

・制作事例 https://www.concentinc.jp/works/
・広報Webマガジン『サストコ』 http://sustoco.concentinc.jp
・サービスデザインの可能性をさまざまな角度から考えるメディア『Service Design Park』
http://sd-park.tumblr.com/