1. 株式会社コンセント 採用情報
  2. 株式会社コンセント の求人一覧
  3. 【イベント運営アシスタント】指示を受けながら制作に伴う様々な作業を担当してもらいます。デザインの現場の経験を今後のキャリアに活かそう!

【イベント運営アシスタント】指示を受けながら制作に伴う様々な作業を担当してもらいます。デザインの現場の経験を今後のキャリアに活かそう!

  • イベント運営アシスタント
  • アルバイト・パート

株式会社コンセント

【イベント運営アシスタント】指示を受けながら制作に伴う様々な作業を担当してもらいます。デザインの現場の経験を今後のキャリアに活かそう! | 株式会社コンセント

イベント運営アシスタント

概要

amuを運営するCONCENTでは、一緒に働くスタッフを募集しています。
イベントやウェブサイト、各種SNSの運営から、企画立案や各種プロジェクトの
サポート業務まで、幅広い業務を担当していただきます。

具体的な仕事内容

  • イベント運営業務全般(資材手配、関係者への折衝、スケジュール管理、設営など)
  • Webサイトの運営(CMSによるWebサイトの更新作業)
  • 記事執筆(イベントのテープ起こし、編集、コンテンツ企画、ライティングなど)
  • 各種プロジェクトのサポート(議事録作成、スケジュール管理など)
  • 庶務(amuの清掃や備品管理など)

必要な経験・知識

  • PCスキル(Word、Excel、Powerpointでの資料作成等。特にExcelでの基本的な表計算や
    表作成のスキルは必須となります。)
  • Illustrator、Photoshopの簡単な操作ができると尚可。
    ※事務経験のある方は優遇。
    ※イベント運営やWebサイトの更新、文章制作などの経験がある方は優遇

求める人物像

  • 小さな場所でのイベント運営に興味がある方
  • いろいろな人と接することが好きな方
  • 記事作成などコンテンツ開発に興味のある方
  • デザイン会社などのクリエイティブ業界に触れてみたいと思っている方

勤務時間

1日6時間以上、週3〜6日程度の勤務(シフト制)
※開催するイベントにより土日勤務および残業有。

給与

時給1,000円〜(経験・能力を考慮します。)

勤務地(amu)

東京都恵比寿西1-17-2 amu

  • JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン 恵比寿駅西口より 徒歩3~5分
  • 東京メトロ日比谷線 恵比寿駅4番出口より 徒歩2分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エントリー方法

  1. このページの「応募する」からエントリーしてください。
  2. 応募フォームにて、 希望職種、自己紹介文(これまでの経験、実績など)と、志望動機(どのようにコンセントを知り、どこに興味を持ったのかなど)を簡潔にまとめて明記 してください
  3. 応募フォーム内の「添付ファイル」には、履歴書と職務経歴書、(あれば)ポートフォリオを添付してください。添付できない場合は、下記【本社所在地 採用担当宛】に郵送してください。
  4. その他ご質問等は「応募先へのメッセージ」にご記載ください。

※お送りいただく個人情報は、採用可否の判断および選考に関するご連絡以外の目的には使用しません。
※ご応募の際にお預かりする履歴書及びデータ等の個人情報は、採用選考後、速やかに処分または削除いたします。返却やお問い合わせには応じかねますので、ご了承ください。
※郵送いただいたポートフォリオ(作品集)はご要望に応じて返却いたします。
返却をご希望の場合には、応募の際に、返信用封筒と、返送先を記入した着払い伝票もご同封ください。

職種 / 募集ポジション イベント運営アシスタント
雇用形態 アルバイト・パート
給与
時給
 
勤務地
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線  恵比寿駅
待遇
交通費実費支給
社会保険あり(勤務時間による)
採用人数:若干名
会社情報
会社名 株式会社コンセント
設立
1973年4月
代表者
代表取締役会長 上原 哲郎
代表取締役社長 長谷川 敦士
売上高
25億5,300万円(2017年3月期)
従業員数
204名(2017年4月1日時点)
主な事業内容
印刷情報媒体の企画・編集・制作/雑誌、書籍のエディトリアルデザイン/Webサイト構築・設計・運営支援/Webサイトガバナンス支援/インタラクティブコンテンツ開発/デジタル教材開発/ユーザーエクスペリエンスデザイン/サービスデザイン/その他付随する業務
本社所在地
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南一丁目20番6号
第21荒井ビル
デザインする文化
コンセントが提供する様々なソリューション。
それは多様なメンバーが協力し、職種や役職、年齢関係なく知識や意見を発信し、一緒に考え、共創します。
この姿勢を創業以来大事にしてきたからこそ、クライアントに信頼され、喜んでもらえる仕事が実現できているのだと考えています。

そして何より、エンドユーザーや読者のためになることを徹底的に考える。コンセントのデザインはこうした土壌に文化として根付いています。
自社サイト
https://www.concentinc.jp

・制作事例 https://www.concentinc.jp/works/
・広報Webマガジン『サストコ』 http://sustoco.concentinc.jp
・サービスデザインの可能性をさまざまな角度から考えるメディア『Service Design Park』
http://sd-park.tumblr.com/