1. コネヒト株式会社
  2. コネヒト株式会社 採用情報
  3. コネヒト株式会社 の求人一覧
  4. ママ向けNo.1アプリの大規模データを用いて機械学習基盤を構築するデータエンジニア募集

ママ向けNo.1アプリの大規模データを用いて機械学習基盤を構築するデータエンジニア募集

  • データエンジニア
  • 正社員

コネヒト株式会社 の求人一覧

ママ向けNo.1アプリの大規模データを用いて機械学習基盤を構築するデータエンジニア募集 | コネヒト株式会社

※コロナウィルス対策により、面談・選考は原則オンラインで行なっております。

なにをやっているのか?

コネヒトは、 "家族" を取りまく様々な課題の解決をめざす、日本の中でもユニークなドメインを持つ会社です。


主軸事業は「ママの一歩を支える」をミッションにしたサービス "ママリ"(*1) です。
ママリは妊活、妊娠、出産、育児という生活激変の時を歩む女性たちの悩みや不安を解消し、喜びや幸せが共有されるコミュニティとしてなくてはならないものとなり、2019年には子供を出産した母親の3人に1人(*2)が登録するサービスへと大きく成長しました。

しかし、ママリを通して見えてきたのは、ママを支えるだけでは解決できない課題がたくさんある、ということ。そこで、 2019年に新たなビジョンステートメントを定め、その達成に向けて新たな事業の創出、拡大に取り組んでいます。

ママリに蓄積された月間400万検索、130万投稿もの日本最大級のデータベースを活用したサービス"家族ノート"、豊富なママリユーザーの声を生かしてはじめての購買に悩める家族を支える "ママリ口コミ大賞" のほか、国勢調査と並ぶ回答数を誇る ”家族に関する実態調査” の実施や、育休の質を改善するための「とるだけ育休」冊子の自治体配布を通じた社会への提言など、様々な分野へとサービスを広げており、収益構造も、有料会員向けサービスをリリースした2017年以来、記事広告・アプリ・SNSでの非常に健全なポートフォリオとなりました。

KDDIの傘下会社として、コネヒトが保有する出産・育児関連の購買データの活用や、KDDIが取り組むSDGs分野でのシナジーも期待されています。大企業の資本やネットワークを活用しながら、同時に創業以来のスタートアップらしい気質や文化は強く継承されています。

*1:ママリURL:https://mamari.jp

*2:「ママリ」内の出産予定日を設定したユーザー数と、厚生労働省発表「人口動態統計」の出生数から算出

なぜやるのか

誰もが思い描く家族を実現できる社会をつくるためには、就労環境、医療・保育、社会の意識など複雑に絡み合った問題を、ひとつひとつ解きほぐして光を当てていく、壮大で地道なプロセスが必要です。そして、一番近い存在である父親をはじめ、働く会社、病院や幼稚園、保育園、自治体など、家族を取り巻く社会全体が想像力を高めていくことも必要です。

母親のいちばん近くで、新たな家族を迎えるフェーズでの不安や悩み、そして最高に幸せな場面に寄り添ってきたコネヒトだからこそ、この問題にひとつひとつ問いをたて、新たな事業を生み出し、あらゆるパートナーとともに解決していける立場だと考えています。

MISSION/VISION/VALUEについて

コネヒトはさまざまなバックグラウンドを持つ人がいる多様性のある会社ですが、共通して大切にしているMISSION/VISION/VALUEがあります。

MISSION

人の生活になくてはならないものをつくる

VISION

あなたの家族像が実現できる社会をつくる

VALUE

肯定からはじめよう Affirm&Follow
驚かせよう Surprise


コネヒトのビジョンステートメントを達成するためには、未来の社会の姿にわくわくする感情的な合意と、実現するための戦略に対する理性的な合意の両方が必要だと考えています。

そのためコネヒトでは、創業当初から組織と個人の関係性をフラットにすることで、感情的な合意を醸成し、理性的な合意を促す社内の対話を大切にしてきました。

実現するための社内の取り組みは様々ありますが、代表的なものを2つご紹介します。

わくわく感といけそう感ワーク


期初の戦略発表時に、部署ごとに実施するワークです。戦略を達成したその先にある未来に対する「わくわく感」を醸成するためのワーク、具体的な戦略を理解した上で、現状の不安や懸念を取り除く「いけそう感」を醸成するためのワークの2つで構成されます。

実際の不安や懸念を表面化し、それらを組織の課題として向き合い、最善の解決策を探る場でもあります。

サプラジ


新たな驚きを作った従業員のストーリーを社長が1対1で紐とき、動画・音声を通して社内に共有する企画です。

コネヒトのVALUEである「驚かせよう(Surprise)」は、仲間やユーザーやクライアントにとって、いったいどのようなものなのか。仲間がどう考え、どう動き、どう結果を出したのか。そのプロセスを社長が自ら紐解く「サプラジ」は社内でも好評で、次の驚きを作る側としてのモチベーションを高めます。

<こんなことやります>

ママ向けNo.1アプリ「ママリ」には、ママ達が日常生活の中で無意識的に行っている「検索」や「質問/回答」のデータが蓄積されています。近年、社内でもこれらのデータ活用の流れが加速しており、家族ノートというtoB向けのプロダクトがリリースされたり、意思決定にデータを活用するチームが増えてきています。

このポジションでは、このようなデータ活用の流れをより加速させ、サービスと組織の成長・課題解決へのアクセルとなる全社データ分析基盤の企画・開発・運営やデータを使ったプロダクト開発にデータエンジニアとして参画し推進していただきます。

<業務内容>

(1)全社共通データ基盤の設計・構築/データガバナンスの整備

  • BigQueryベースのデータレイク/データウェアハウス/データマートをより使いやすいように進化させる
  • データウェアハウス/データマートレイヤのコード管理
  • サイロ化しているデータ信頼性担保の仕組みを標準化することでより安心してデータが活用出来る状態にする

(2)プロダクト開発にデータエンジニアとして参画

  • 家族ノート開発
    • ビジネス要件を実現するためのデータマート/データウェアハウスの構築
    • プロダクトに埋め込んで利用しているTableauServer及びTableauワークブックの構築/運用
    • ※家族ノートについてはこちらのプレスリリースもあわせてご覧ください。

  • ママリでの機械学習や検索機能開発
    • 機械学習エンジニアと協力して、より施策が高速に回せるようデータ周りの仕組みを作る
    • 検索機能において、プロダクトの信頼性を担保出来るような仕組みを作る

(3)データ民主化の推進


  • ただ、下記のような課題がまだ山積みなので社員を巻き込みながら事例ベースで課題を解決しデータ民主化を進めていきたいと考えています。
    • 欲しいデータを見るためのコストが高い(集計テーブルがほぼなくローデータベースの分析なので、何を出すかよりどう出すかの方に意識が向いてしまう)
    • データのダブルスタンダード
    • スポットで作られたままメンテナンスされていない集計テーブル

他にも、BI的なデータ分析起点のプロダクト改善等も行っていただきます。
また、業務で得た知見をブログや登壇を通して外部に公開することも称賛される文化があります。アウトプットの事例に関しては下記を見ていただけるとうれしいです。

<コネヒト開発者ブログ> https://tech.connehito.com

専任のデータエンジニアがおらずデータ関連の記事は少ないですが、今のデータレイクのアーキテクチャも記事にしているので、よろしければごらんください。 https://tech.connehito.com/entry/2021/05/18/154725

チーム体制

コネヒトでは、プロダクト開発における各チームはエンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーなど含めてだいたい5人~10人程度のチームで、スクラムを組んだ開発体制が取られています。

そんな中、今回所属していただくテクノロジー推進部は

  • MLエンジニア 2人
  • インフラエンジニア 2人
  • アプリケーションエンジニア 2人

で構成された部署になります。少人数チームでスピード感を持って推進することができますし、決まった開発の型もないのでそのときどきでやりやすい形をトライしながら進めることができます。

また、下記の記事はテクノロジー推進部の一部のメンバーのインタビュー記事となっています。ご覧いただくと、どんなメンバーと一緒に働くかをよりイメージしていただけるかと思います。テクノロジー推進部ができる前の古い記事もありますが、人となりが少しでも伝われば幸いです。

開発環境

  • 言語(ツール開発):Python
  • インフラ:AWS, GCP
  • ツール:Docker, Embulk, AWS SAM
  • その他:GitHub, BigQuery, Redash

※ここに上げているものに限らず、データ基盤を整えていく中で適宜必要な技術を選択して導入していければと考えています。

必須条件

  • データ活用を通じて事業と組織の成長を推進したいという想い
  • AWSもしくはGCPでのシステム構築経験
  • GitHubなどGitを用いた複数人での開発経験

歓迎条件

  • Elasticsearchを使った検索エンジンの開発や構築・運用経験
  • Tableauを使ったデータ分析やTableauServerの運用経験
  • Dockerなどのコンテナ技術での運用経験
  • アプリケーション開発やSREとして実務経験
職種 / 募集ポジション データエンジニア
雇用形態 正社員
給与
応相談
勤務地
 
会社情報
会社名 コネヒト株式会社
代表取締役社長
北吉竜也
設立
2012年1月13日
事業内容
家族の一歩を支える情報メディア/Q&Aアプリ「ママリ」の開発・運営
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス5階