1. 株式会社FRONTEO
  2. 株式会社FRONTEO 採用情報
  3. 株式会社FRONTEO の求人一覧
  4. 【医療DX営業/部長又は担当部長】自社開発AIを用いて製薬・医療業界のDX化を推進(ライフサイエンスAI)

【医療DX営業/部長又は担当部長】自社開発AIを用いて製薬・医療業界のDX化を推進(ライフサイエンスAI)

  • 正社員

株式会社FRONTEO の求人一覧

【医療DX営業/部長又は担当部長】自社開発AIを用いて製薬・医療業界のDX化を推進(ライフサイエンスAI) | 株式会社FRONTEO

独自開発のAIと、その活用を支援するサービスの両輪で、人と社会の課題を解決

株式会社FRONTEO は、自然言語処理技術を使って、リーガルテックAI事業やAIソリューション事業、ライフサイエンスAI事業を展開する会社です。

当社は2003年の設立以来、主に米国民事訴訟における証拠開示手続「eディスカバリ(電子情報開示)」の支援や、国内の不正調査といったリーガル分野に関する業務をおこなっています。

これらのリーガルテックAI事業の中から生まれたAIエンジン「KIBIT(キビット)」は、個人の経験や知恵・感覚を学習し、データ解析を行うという卓越した能力を備えています。
このKIBITを活用して、膨大な電子メールやビジネス文書の中から、ユーザが見つけたいデータを効率よく発見するための技術とノウハウを培ってきました。
「少量のデータからでも人間の機微(暗黙知や感覚、判断)を正しく学習し、欲しい情報をいち早く見つけ出す」技術として確立したAI「KIBIT」の応用を中心に、人と社会が抱える課題を解決するためのソリューションを拡大していきます。
日本の他、米国、韓国、台湾にも拠点を置き、東京証券取引所グロース市場に上場しています。

KIBIT・Concept Encoder・LooCA Crossを中心にAI市場の拡大に貢献する

FRONTEOの事業ドメインは、【リーガルテックAI事業】【ビジネスインテリジェンスAI事業】【ライフサイエンスAI事業】の3つに大別できます。

【リーガルテックAI事業】
リーガルテックAI事業では、訴訟支援や不正調査支援をおこなっています。顧客企業の担当者や米国の弁護士と意思疎通を図り、米国・韓国・台湾にある海外グループ会社と連携しながら、業務を推進しています。このリーガルテックAI事業で現在注力しているのが、KIBITによる新たな製品「KIBIT Automator」によるシェア拡大です。すでに国内では活用事例があり、これを米国にも広げることで、米国市場でのシェアNo.1を目指しています。

【ビジネスインテリジェンスAI事業】
ビジネスインテリジェンスAI事業では、金融、知財、人事といったビジネスインテリジェンス分野に向け、AIプロダクトの導入を推進してきました。企業が抱えるさまざまな課題に対し、KIB最適なアルゴリズムや手法の提案、実装、運用のサポートを一気通貫で対応、さらなるAIの社会実装を実現します。

【ライフサイエンスAI事業】
ライフサイエンスAI事業は2015年に設立、大学や病院との共同研究を行いながらライフサイエンス分野におけるAIの活用を推進しています。患者を第一に考え、エビデンス(根拠)に基づいた研究開発を推進し、医療の向上に貢献することを理念の柱とし、独自のAI「Concept Encoder」を開発。あらゆるデータを客観的に評価し、解析過程を明示し、安心して使用を継続できるサービスの実現を目指しています。

スタートアップの柔軟性と、上場企業としての安定性

【企業風土】
スピードを重視し、また若手に挑戦させる文化があります。主体性を持って行動し、一定の成果を示せば年齢に関係なく様々な裁量を任せてもらえるチャンスが存在します。また新規事業への投資や社会貢献活動も積極的に行っておりリーガルテックAI事業部門では米国出張等の機会もあるため、グローバルな視点を得られる機会もあります。公募による社内希望異動制度など柔軟なキャリアパスを設計することが可能です。

【FRONTEOの組織】
■拠点と従業員数
国内外(日本・韓国・台湾・米国)合わせて10以上の拠点を保有し、約300名以上のメンバーが活躍しています。新卒・中途入社の割合は中途入社が大多数を占め、国内社員は約200名です。
■職種別従業員構成
エンジニア・研究開発職系:2割、営業関連職系:6割、管理部門職系:2割と、営業関連職に比重を置いた構成になっています。
■平均年齢・男女比
39.9歳、男女比は約6:4 女性役職者の比率は全体の18.5%
■産休・育休
産前・産後休暇制度が完備されており、出産後も再度職場復帰する女性社員が多数在籍しています。
■女性活躍推進へ向けた取り組み状況
・女性活躍推進企業として「えるぼし」認定で3つ星を取得
・性別、年齢に関係なく女性役員、管理監督者も活躍中

ポジション概要

現在、FRONTEOではステージ4として、近い将来に売上高を3倍にするべく事業拡大を進めています。その成長の中核的なビジネス部門として、ライフサイエンスAIが位置付けられており、年間売上100億円を目指しています。

売上100億円の達成、さらにそれ以上の成長を目指すためには、通常の販売機能のみならず、非連続のビジネスステージの構築を行うための事業開発、および当社独自のAIを活用したプロダクトの上市など、様々な機能の抜本的な強化をマネジメント主導で行う必要があります。

当ポジションでは、医療機器分野・創薬支援分野と並び、ライフサイエンスAI事業本部長の下、医療DX分野における責任者(部長又は担当部長を想定)として、短期~中長期的な戦略をもって、営業プロセスを構築し、部下数名とともに四半期、半期、年度ごとに営業目標の達成に向けた活動をしていただける方を求めています。

<ライフサイエンスAIとは?>
「AIで全ての人に等しい医療を」を目指し、独自に開発をした人工知能(AI)であるConcept Encoderを用いて、創薬支援・転倒転落/骨折予測・認知症/精神疾患診断支援など、社会的な医療関連課題の解決に取り組んでおります。

具体的な業務内容

(1)戦略策定支援分野
医療用医薬品や医療機器等のマーケティングやメディカル戦略の支援
・製薬企業や医療機器メーカーの戦略支援を論文情報や社内データを解析し支援します。
・コールセンターや営業・MSL(Medical Science Liaison)の報告書を解析し医師のインサイトを分析・抽出します。

(2)文書管理・書類審査支援分野
医療用医薬品の販売情報提供活動ガイドライン対応、業務効率化支援
・ガイドライン対応等において、人的リソースがかかっているところを業務効率化・均てん化・付加価値の創出を支援します。
・日報・メール・資材・講演会スライド・治験関連資料などの文書管理や審査、仕分けを支援します。

<当ポジションで取り扱うAIソリューション紹介ページ>
・「WordATLAS」
https://lifescience.fronteo.com/aidiscovery/wordatlas/

・「Mekiki」
https://lifescience.fronteo.com/classification/mekiki/

ポジションの魅力

■当社のテキスト解析におけるAIテクノロジーは、圧倒的な技術的先進性を有しており、非常に高い成長ポテンシャルがあります。今後拡大が見込めるマーケットで新たなステージを切り開きたい、また社会的意義の高いビジネスの中心に携わりたいとお考えの方に相応しい環境です。
■ 経営陣と一体になり、スピード感をもって、責任と権限のある大きな施策を実行できるチャレンジングなポジションです。
■実力主義の会社風土である為、主体性をもって成果を示せば、在籍年数に関係なく経営に近いポジションの獲得が可能です。

応募条件(MUST)

■BtoBの営業経験
■プロジェクトマネジメント経験

歓迎条件(WANT)

■ライフサイエンス業界の企業に属しての営業経験
■ライフサイエンス業界の企業を顧客とした折衝経験
■データ解析経験
■デジタルプロモーションの経験
■製薬企業や医療機器メーカーでのマーケティングやメディカルアフェアーズ部での経験
■IT、ソフトウェアソリューションの営業経験

求める人物像

・顧客のビジネス課題(ニーズ)を把握し、具体的な解決策を描ける方
・顧客の課題解決を目的とした「提案型営業」のできる方
・目標および、KGI・KPIを自ら設定し、RPDCサイクルを実践できる方
・コンタクト歴のない顧客に対し、「新規顧客開拓」のできる方
・チャレンジ思考で「開拓精神」のある方
・さまざまな場面でリーダーシップを発揮し、チーム全体を引っ張ってゆく「牽引力」「巻き込み力」のある方
・常に「ポジティブ」に物事をとらえ、何事にも前向きに考える事のできる方
・自身の経験を活かしつつ、新たな役割にも積極的に取り組んでいける方

<語学スキル>
・日本語:ネイティブ
・英語:語学力があれば尚可

<年収情報など>
■想定年齢:40~55歳
■想定年収:1,000万円 ~1,800万円 (前職、経験、スキル等による)
■配属:ライフサイエンスAI事業本部 医療DXチーム(役職:部長/担当部長)
■採用:1名

職種 / 募集ポジション 【医療DX営業/部長又は担当部長】自社開発AIを用いて製薬・医療業界のDX化を推進(ライフサイエンスAI)
雇用形態 正社員
給与
年収
 
勤務地
 
会社情報
会社名 株式会社FRONTEO
設立
2003年8月8日
本社所在地
東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル(受付8階)
代表取締役社長
守本 正宏
資本金
2,973,975千円
売上高
10,370,080千円(2021年3月期)
上場証券取引所
東京証券取引所グロース市場(証券コード:2158)
主要取引先
官公庁(法執行機関、各種監視委員会)、国内外法律事務所、
民間企業(自動車・機械・精密機器・電機・製薬・石油化学・情報通信・商社など)、医療機関
事業内容
AIソリューション

リーガルテックAI事業
人工知能とデジタルフォレンジック技術を活用したeディスカバリ(電子証拠開示)、不正調査支援

ビジネスインテリジェンスAI事業
人工知能KIBITを活用したソリューションで、業務の生産性向上やビジネスの成功につながる経営判断をサポート

ライフサイエンスAI事業
医療・介護の現場に存在する様々な構造化・非構造化データの横断的解析と、それに向けた人工知能(AI)の研究開発