1. 株式会社FRONTEO
  2. 株式会社FRONTEO 採用情報
  3. 株式会社FRONTEO の求人一覧
  4. Attorney Review Manager

Attorney Review Manager

  • 正社員

株式会社FRONTEO の求人一覧

Attorney Review Manager | 株式会社FRONTEO

独自開発のAIと、その活用を支援するサービスの両輪で、人と社会の課題を解決

株式会社FRONTEO は、自然言語処理技術を使って、リーガルテックAI事業やAIソリューション事業、ライフサイエンスAI事業を展開する会社です。

当社は2003年の設立以来、主に米国民事訴訟における証拠開示手続「eディスカバリ(電子情報開示)」の支援や、国内の不正調査といったリーガル分野に関する業務をおこなっています。

これらのリーガルテックAI事業の中から生まれたAIエンジン「KIBIT(キビット)」は、個人の経験や知恵・感覚を学習し、データ解析を行うという卓越した能力を備えています。
このKIBITを活用して、膨大な電子メールやビジネス文書の中から、ユーザが見つけたいデータを効率よく発見するための技術とノウハウを培ってきました。
「少量のデータからでも人間の機微(暗黙知や感覚、判断)を正しく学習し、欲しい情報をいち早く見つけ出す」技術として確立したAI「KIBIT」の応用を中心に、人と社会が抱える課題を解決するためのソリューションを拡大していきます。
日本の他、米国、韓国、台湾にも拠点を置き、東京証券取引所マザーズ市場に上場しています。

KIBIT・Concept Encoder・LooCA Crossを中心にAI市場の拡大に貢献する

FRONTEOの事業ドメインは、【リーガルテックAI事業】【ビジネスインテリジェンスAI事業】【ライフサイエンスAI事業】の3つに大別できます。

【リーガルテックAI事業】
リーガルテックAI事業では、訴訟支援や不正調査支援をおこなっています。顧客企業の担当者や米国の弁護士と意思疎通を図り、米国・韓国・台湾にある海外グループ会社と連携しながら、業務を推進しています。このリーガルテックAI事業で現在注力しているのが、KIBITによる新たな製品「KIBIT Automator」によるシェア拡大です。すでに国内では活用事例があり、これを米国にも広げることで、米国市場でのシェアNo.1を目指しています。

【ビジネスインテリジェンスAI事業】
ビジネスインテリジェンスAI事業では、金融、知財、人事といったビジネスインテリジェンス分野に向け、AIプロダクトの導入を推進してきました。企業が抱えるさまざまな課題に対し、KIB最適なアルゴリズムや手法の提案、実装、運用のサポートを一気通貫で対応、さらなるAIの社会実装を実現します。

【ライフサイエンスAI事業】
ライフサイエンスAI事業は2015年に設立、大学や病院との共同研究を行いながらライフサイエンス分野におけるAIの活用を推進しています。患者を第一に考え、エビデンス(根拠)に基づいた研究開発を推進し、医療の向上に貢献することを理念の柱とし、独自のAI「Concept Encoder」を開発。あらゆるデータを客観的に評価し、解析過程を明示し、安心して使用を継続できるサービスの実現を目指しています。

スタートアップの柔軟性と、上場企業としての安定性

【企業風土】
スピードを重視し、また若手に挑戦させる文化があります。主体性を持って行動し、一定の成果を示せば年齢に関係なく様々な裁量を任せてもらえるチャンスが存在します。また新規事業への投資や社会貢献活動も積極的に行っておりリーガルテックAI事業部門では米国出張等の機会もあるため、グローバルな視点を得られる機会もあります。公募による社内希望異動制度など柔軟なキャリアパスを設計することが可能です。

【FRONTEOの組織】
■拠点と従業員数
国内外(日本・韓国・台湾・米国)合わせて10以上の拠点を保有し、約300名以上のメンバーが活躍しています。新卒・中途入社の割合は中途入社が大多数を占め、国内社員は約200名です。
■職種別従業員構成
エンジニア・研究開発職系:2割、営業関連職系:6割、管理部門職系:2割と、営業関連職に比重を置いた構成になっています。
■平均年齢・男女比
37.2歳、男女比は約6:4 女性役職者の比率は全体の2.5%

■産休・育休
産前・産後休暇制度が完備されており、出産後も再度職場復帰する女性社員が多数在籍しています。

<FRONTEOについて>
■FRONTEOは自然言語処理に特化したデータ解析企業です。独自開発のAIエンジン「KIBIT」と「Concept Encoder」を用いて、ライフサイエンス分野、ビジネスソリューション分野、リーガルテック分野など、様々なフィールドにおける社会課題の解決に貢献してまいりました。
■AIテクノロジーを駆使し、膨大な記録に埋もれたリスクとチャンスを見逃さない為の最適なソリューションを世の中に提供し続け、社会の様々な場面で必要かつ適切な情報に出会えるフェアな世界の実現に向けて推進しております。
■昨今、企業のDXへの関心が高まる中、「従来型の労働集約的なビジネス」から「AIの利活用を主体としたビジネス」へのポートフォリオトランスフォーメーションを加速させた結果、高利益が見込める大型案件の獲得推進により、前期決算は大幅な増益を達成することができました。今後も、各分野でのビジネス拡大を迅速に推し進め、更なる増収・増益を目指してまいります。

<リーガルテックAI事業とは?>
■訴訟や不正調査の証拠発見にAIを導入、圧倒的な効率化を実現
創立以来の事業であるリーガルテックAI事業は、国際訴訟におけるeディスカバリ(電子情報開示)支援と不正会計などのフォレンジック調査(デジタル鑑識)を2本の柱とし、テキスト解析において圧倒的な技術的先進性を有するAIテクノロジーを駆使して救済する世界規模で重要な責務を担う事業です。平時のセキュリティ対策から、有事の際のデータの特定・保全・処理、ドキュメントレビュー、提出データ(報告書)の作成にいたるまでワンストップサービスを提供し、お客様の安全をサポートしております。

※主な案件の流れとしては以下のとおりです。
1)クライアント(主に大手弁護士事務所・大手企業法務部)へ、平時からソリューション営業を行う(当社が有事の際に、当社を選択いただけるよう、名前を売り込む)
2)クライアントから、有事案件の依頼・発注を受領する
3)当社の営業担当、案件担当(プロジェクトマネージャー:PM)にて、クライアントと要件定義を行う(どういったデータを、いつまでに、どのような観点から、eディスカバリ/フォレンジックを行う必要があるのか等)
4)案件内容に基づきクライアントが指定したデータの保全収集を当社フォレンジックエンジニアが行い、当社のAIを含む各種解析が出来るように当社の処理技術を中心に使用し、PM、データサイエンティスト、レビューチームがAIも駆使して協力して解析を実施する。
5)解析を行った結果を、クライアントへ提供する

<本ポジションについて>
国際訴訟など不正事案に巻き込まれたクライアント(窓口:法律事務所や企業の法務部等)から依頼を受け、対象となるコンピュータ等の電子記録媒体の証拠を収集し、データ解析を行い重要な情報をアウトプットする文書レビューチームの管理を担っていただきます。回収した社内ビックデータ(調査対象となるメール等の膨大なテキスト情報)の中から、証拠となる重要な情報を迅速に見つけ出す、大変緊急性の高いプロジェクトを管理いただきます。タフな反面、企業の危機を救う社会的意義の高い、使命感が問われるお仕事です。また海外拠点(ニューヨーク等)との連携も必要である為、ビジネスレベル以上の英語力も必要となります。

<具体的な業務内容>
①プロジェクトメンバーの調整(案件の要求に基づき、適したレビューアーの選定や評価、役割の配置等)
②文書レビューに関する顧客及び社内の案件関連メンバーとの打ち合わせやその調整
③プロジェクトのクオリティコントロール
・文書レビュー(証拠データ精査)
・プロダクション(証拠データ提出物、特にeDiscovery案件では秘匿特権関連業務)
④データサイエンティスト、PMと協力して、AIを使用したデータ分析とそのレビュープロジェクトにおける運用管理。
⑤プロジェクトに関する顧客への報告と質疑応答
⑥海外子会社との連携・調整
⑦プロジェクトメンバー(レビューアー)の勤怠管理、ピープルマネージメント
※プロジェクトによって異なりますが、数名~数十名規模となります。

<ポジションの魅力>
■国際訴訟や不正といった「有事に巻き込まれた企業」は、いわば「火事場」の状態です、そのため、業火となる前に一刻も早く鎮火する必要がありますが、企業や弁護士だけの力で消化するのは至難の業です。そこで当事業本部が「国際ビジネスのレスキュー隊」となり、独自開発した消火器(AI)を活用し、困っている企業や弁護士を助けるという社会的意義も高い使命がございます。早期に解決すれば、お客様が受けるダメージを最小限に抑える事ができる為、感謝され、社会的ニーズも非常に高い稀有な仕事です。
■国内にいながらグローバル視点でビジネスに携われる事はFRONTEOの特徴です。大手企業だと国外業務は海外拠点に分業される傾向にありますが、弊社は本社機能が品川にある為、この点も魅力の1つと認識しています。
■国内外の弁護士や海外拠点のメンバーとのコミュニケーションが必要な場面も多々あり、日米間を中心にグローバルな働きが求められます。
■テキスト解析において圧倒的な技術的先進性を有するAIテクノロジーの活用も行うことから、DX推進が期待される昨今の市場においてニーズの高い知識や経験を積むことが可能です。
■当社のテキスト解析におけるAIテクノロジーは、圧倒的な技術的先進性を有しており、非常に高い成長ポテンシャルがあります。今後拡大が見込めるマーケットで新たなステージを切り開きたいとお考えの方に相応しい環境です。

<応募条件(MUST)>
・US弁護士資格保持者(州は問いません)
・英語を使った海外との業務経験(英語力:ビジネスレベル以上)

<歓迎条件(WANT)>
・複数の人材を活用した業務工程を管理した経験のある方
・コンサルティングファーム等でのプロジェクトマネジメント経験
・PMP資格
・CFE(公認不正検査士)資格
・データ解析やシステム開発などのITハンズオン経験
・標準化、トレーニングプログラム作成経験、アサインメントの最適化経験

<求める人物像>
・どんな困難な事にも諦めない姿勢、やり遂げる執念の持ち主
・受身の姿勢ではなく、自ら探し学び、コミュニケーション能力が高い方
・プロジェクトマネジメント経験のある方
・チームメンバーとの協業、プロセス管理、スケジュール管理、リスク管理等、業務遂行においてリーダーシップを発揮できる方
・論理的な思考及び議論が出来る方

<配属部門>
リーガルテックAI事業本部  高度情報解析チーム
年収レンジ:800-1,500万
採用数:1名

職種 / 募集ポジション Attorney Review Manager
雇用形態 正社員
給与
年収
【給与備考】
賞与:年2回(6月・12月)
給与改定:年1回(6月)
【福利厚生】
通勤手当(50,000円/月まで支給)
社会保険完備
退職金制度
社員持株会制度
※管理職層以外には以下の手当てがつきます
時間外勤務手当、住宅手当、家族手当
【その他】
就業時間:9:00-18:00
週休2日制(土日)及び祝日
時季指定(夏季)有給休暇 
年末年始
慶弔休暇
有給休暇
★年間休日127日★
勤務地
  • 108-0075  東京都港区港南2-12-23明産高浜ビル(受付8階)
    地図で確認
品川本社(転勤無し)
会社情報
会社名 株式会社FRONTEO
設立
2003年8月8日
本社所在地
東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル(受付8階)
代表取締役社長
守本 正宏
資本金
2,973,975千円
売上高
10,370,080千円(2021年3月期)
上場証券取引所
東京証券取引所マザーズ(証券コード:2158)
主要取引先
官公庁(法執行機関、各種監視委員会)、国内外法律事務所、
民間企業(自動車・機械・精密機器・電機・製薬・石油化学・情報通信・商社など)、医療機関
事業内容
AIソリューション

リーガルテックAI事業
人工知能とデジタルフォレンジック技術を活用したeディスカバリ(電子証拠開示)、不正調査支援

ビジネスインテリジェンスAI事業
人工知能KIBITを活用したソリューションで、業務の生産性向上やビジネスの成功につながる経営判断をサポート

ライフサイエンスAI事業
医療・介護の現場に存在する様々な構造化・非構造化データの横断的解析と、それに向けた人工知能(AI)の研究開発