1. 株式会社グロービス
  2. 株式会社グロービス 採用情報
  3. 株式会社グロービス の求人一覧
  4. 《東京》学習サービス事業 データエンジニア(テクノロジー職)

《東京》学習サービス事業 データエンジニア(テクノロジー職)

  • 正社員

株式会社グロービス の求人一覧

事業内容

これまでの社会人教育事業で培ったノウハウを活かし、現在グロービスではデジタルでの社会人教育事業 (EdTech) に本腰を入れています。その実現のために約3年前にEd-Tech新規事業部門を創設し、質とスピードの両方を保ったプロダクト開発を行うためのエンジニア組織も構築し、現在は部門全体で160人, テック人材が80名程の組織規模になっています。また部門内で運営・内製開発しているサービスの具体例としては、ビジネス動画のサブスクリプションサービスである「GLOBIS 学び放題」や法人向けの学習管理を目的とした「グロービスラーニングプラットフォーム」などがあります。

加えて現在はグロービス内で保持する学習データ(例:「GLOBIS 学び放題」の学習行動データ)やアセスメントデータ(例:GMAPでのビジネス定石の理解度データ)の活用にも本腰を入れ始めています。

募集背景

現在、グロービス内で保持する学習データ (例: GLOBIS 学び放題の学習行動データ) やアセスメントデータ (例: GMAPでのビジネス定石の理解度データ) の活用にも本腰を入れ始めています。

そのために約2年前にデータサイエンスチームを立ち上げて急ピッチで体制構築を行い、現在は以下のような体制にする事が出来ました。 (業務委託を含む)

データエンジニア: 1名
機械学習エンジニア: 1名
データサイエンティスト: 2名
BIアナリスト: 1名
技術顧問: 1名

またデータ活用の方向性は全方位で考えており、下記のような4つの領域全てを担っています。 

1.データ基盤の改善とデータマネジメント (基礎機能は完成し分析可能状態)
2.KPI設計とBIツールによるデータ可視化 (複数のダッシュボードを安定運用中)
3.機械学習モデル開発とサービス組み込みによる利益向上への貢献
4.事業の課題解決や意思決定支援のためのビジネスデータ分析

1〜4 の実務をそれぞれ担う担当者は揃っているものの、特に 1. の領域に注力してデータ基盤の改善を担えるデータエンジニアを求めています。

職務内容

概要

下記の業務を担当して頂きます。 

1.データ基盤の開発・改修・保守運用

  • データ基盤の物理・論理データモデル設計・開発・保守運用
  • データ基盤のシステムアーキテクチャの設計
  • データパイプライン (ETL) の設計・開発・保守運用

2.データ基盤におけるデータマネジメントの導入計画立案と実施

  • データガバナンス

 保有データから事業価値を生むためのポリシー、プロセス、メトリクスの策定

  • マスタデータ、メタデータ管理

 ビジネスメタデータ=業務ルール・計算方法
 テクニカルメタデータ=テーブル・カラムの定義の作成と運用・モニタリング

  • データ品質管理
  • データ品質基準・評価・測定プロセスの策定と実施


開発環境は下記になります。

  • インフラ

GCP (データ基盤) / AWS (関連システム)

  • データパイプライン (ETL)

CloudComposer (Airflow)

  • DWH

BigQuery

  • その他インフラ管理

Docker
GKE / GAE / CloudRun

  • 可視化ツール

Google Data Portal / Tableau

  • 分析環境

Jupyter Notebook / Google Colab / Google Cloud ML

  • その他

GitHub / Slack / Notion

魅力

  • 今後ニーズが高まっていくと予想されるデータエンジニアリング領域において、データガバナンス・システムアーキテクチャ・データモデルの検討及び設計の段階から、実際の実装と運用まで全てのレイヤでご活躍いただくことが出来る。
  • スキルの高いエンジニア (データエンジニア、機械学習エンジニア) とデータ分析者 (データサイエンティスト) が既にチームに在籍しており、高度なデータ活用に向けたコラボレーションの環境が整っている。
  • 社会人教育における国内最大規模の大学院・教育サービス機関であり、ユニークなデータが取得・利用可能である。
  • 社会人教育におけるDX推進にあわせ、様々なデータ活用の提案が実施できる。
  • フレックスタイム、リモートワーク、副業可、服装自由、自己啓発支援制度やグロービス経営大学院への通学支援制度等、自己成長を目指す方が働きやすい環境である。https://recruiting-tech.globis.co.jp/environment/

応募資格

必須条件

  • エンジニアリング力 

GCP や AWS などの主なクラウドサービスにおける開発経験。
DWH や業務系などのデータベースの設計・開発・運用経験。
データパイプライン (ETL) の設計・開発・運用経験。
基本技術情報試験レベルのコンピューターサイエンスの知識。

  • データ専門性

SQLを記述する事が出来る。 (数十行位) 
基礎集計を通じてデータの全体像や質を確認することができる。

  • ビジネス力 

論理的思考力 (定量思考力、要約力、仮説構築能力など)。ドキュメント作成能力 (見栄えではなく、構成の組み立て方やわかりやすさが担保出来るか)。
関係者を主体的に力強く巻き込み形にしていく強い推進力。 
プロジェクトマネジメント能力 。 (完了定義。スコープ策定。制約を考慮した優先度決定。タス ク洗い出し)

  • 実務経験

事業会社における情報システム企画の経験 (どんなシステムがどんな処理をどんな順番で実施するかの要件定義レベル)
メタデータ定義やデータ品質のマネジメントに関して企画立案や施策実施をされたご経験。 (インパクトの規模は問わない)
自ら企画や施策を立案し成功させた経験。 (インパクトの規模は問わない)

  • 求める人物像

データエンジニアリング領域に特に強いご興味をお持ちである。

歓迎条件

  • データマネジメント

DMBOK (Data Management Body of Knowledge) もしくは DMM (Data Management Maturity Model) に基づくデータマネジメントの知識や、これらの取り組みのご経験をお持ちである。

  • データ専門性

データサイエンス (統計や機械学習) 領域のの基礎的な知識をお持ちである。

  • ビジネス力

ビジネス部門やステークホルダとの調整業務を主体的に進める事が出来る。

  • 実務経験

Web系エンジニアとしての実務経験。

職種 / 募集ポジション 《東京》学習サービス事業 データエンジニア(テクノロジー職)
雇用形態 正社員
給与
非公開
経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。
・給与改定は年2回1月と7月に実地します。
・半年以上在籍した方はプロフィットシェアリング制度の対象となります(当社規定による)
勤務地
  • 102-0084  東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル【東京オフィス】
    地図で確認
 
就業時間
フレックスタイム制
休日
・土日祝休み
・有給休暇:年間20日(翌年繰越により最大40日)<試用期間中は最大5日まで使用可/入社日により按分>
・年末年始休暇(12月29日~1月4日)、結婚休暇、忌引き休暇、災害休暇、出産・育児休暇、サヴァティカル休暇(勤続5年/10年目に付与)
待遇
・通勤手当支給(当社規定による)
・各種社会保険有り(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金)
・退職金制度有り(定年:60歳)
・持ち株制度有り
教育制度及び資格補助
・グロービス経営大学院受講支援制度 ※
・海外短期留学支援制度 ※
・自己啓発支援(年間上限20万円)
・業務上必要な研修受講支援(所属部門長の判断により全額負担)

※プログラムの未修了、もしくは、在学中または修了後2年未満での退職時には支援金の返金要
平均残業時間
月10時間程度
※残業は最大45時間/月(内 深夜10時間を含む)
配属先組織構成
デジタル・プラットフォーム部門 データサイエンスチーム
 ・統括ディレクター 1名
 ・データエンジニア:1名
 ・機械学習エンジニア:1名
 ・データサイエンティスト:1名
 ・BIアナリスト:1名
 ・技術顧問:1名
1日のスケジュール
我々のチームはフレックスを導入しているため、1か月単位でスケジュールをご自身で調整していただいてます。また、リモートワークも多用しているため、打合せはZoom等のオンラインで行うことが多いです。

<スケジュール例>
09:30〜10:30 slackやメール等の連絡事項チェック
09:30〜10:30 作成中のダッシュボード開発の定期レビューミーティング
12:00〜13:00 ランチタイム
13:00〜16:00 作業 (分析軸の確認等)
16:00〜17:00 技術顧問との打ち合わせ
17:00〜18:00 法人部門とデータ活用の新規プロジェクトミーティング
将来のキャリアイメージ
データエンジニアとして経験を積みつつ、データエンジニアリングのご知見を更に高めていただいた後は、データ基盤およびデータマネジメントに関する取り組みの全体をリードしていただけることを期待しています。
選考フロー
基本的な選考フローは下記となりますが、ご状況によっては、同日に実施するなどご相談を承ります。

書類選考→1次面接(部門担当者)→2次面接(部門リーダー・人事)→3次面接(部門役員)→ 人事役員面接(実施しない場合もあり)
会社情報
会社名 株式会社グロービス