1. 株式会社イグニス
  2. 株式会社イグニス 採用情報

株式会社イグニス 採用情報

株式会社イグニス

世界にインパクトを与えなければ気が済まない

左=代表取締役CTO 鈴木 貴明、右=代表取締役社長 銭 錕
左=代表取締役CTO 鈴木 貴明、右=代表取締役社長 銭 錕

株式会社イグニスは、2010年5月に設立され、スマホ向けアプリやカジュアルゲームの企画・開発・運営を行ってきました。現在は、株式会社イグニスが持ち株会社となり、イグニスグループとして事業会社を立ち上げる体制に移行しています。

マッチング事業(『with』等)やエンターテック事業を中心に、経営理念の『世界にインパクトを与えなければ気が済まない』をかかげながら、世の中の“次の当たり前”になるサービスを目指し、日々開発をしています。

■マッチング事業

マッチングアプリ『with』

多様化するマッチング市場。だからこそ「試し続ける」

心理学と統計学を元につくられたマッチングアプリ『with』は、「オンラインでの出会いを当たり前にしていく」という大きなテーマを設けています。リリースから早期にユーザー数をのばし、これからも多くのユーザー様に安心・安全な出会いの「きっかけ」をつかんでもらえるよう、尽力しています。

社会が成熟し、人々のつながりに対する欲求は多様化し続けています。現代においてマッチングアプリを提供し、ヒットさせることは当然ながら簡単なことではありません。そんな中で「次のあたりまえ」を創りつづけるというミッションを達成するため、我々は少数精鋭でスピード感を重視した仮説検証を繰り返しています。

0→1の ひらめきをサービスとして大きく育てていくため、ユーザーインタビュー、統計分析など...アプリの成長フェーズに応じた様々な手法を駆使し、利用者に真に求められるコミュニティを生み出し成長させていきます。

企画職でも技術職でも、職種を問わずにチームとして0→1のアイデア出しからそれを成長させていくまでの様々な仮説検証プロセスに大きな裁量を持って深く関われる環境があります。

\マッチング事業の求人はこちら/

■エンターテック事業

•バーチャルライブアプリ『INSPIX LIVE』(VR音楽ライブ配信システム)

•芸能事務所『VOYZ ENTERTAINMENT』(二次元と三次元どちらのタレントも所属する、異色の芸能事務所)

パルスの子会社『VOYZ ENTERTAINMENT』には、所属タレント数80名(研修生含む)。設立記念イベントチケット約2,000枚も瞬殺でした。
パルスの子会社『VOYZ ENTERTAINMENT』には、所属タレント数80名(研修生含む)。設立記念イベントチケット約2,000枚も瞬殺でした。

VR音楽ライブによる新しい音楽体験を

エンターテック事業では、グループ会社のパルス株式会社を中心に、バ ーチャルライブアプリ『INSPIX LIVE』を開発・提供するとともに、芸能プロダクションの運営を行う株式会社 VOYZ ENTERTAINMENTによる『VOYZ BOY』等、IPの創出に取り組んでいます。

『INSPIX LIVE』では、これまでに自社IPだけでなく他社IPによるVR音楽ライブも多数実施しています。社内にはVRによる配信・モーション撮影が出来るスタジオが完備されており、VR音楽ライブによる新しい音楽体験を提供するために日々開発を行っています。

現在『INSPIX LIVE』は、より理想的な顧客体験を実現するために、ライブ特化型仮想空間SNS『INSPIX WORLD』のアップデート開発を行っています。

また、エンターテック事業は今後中国展開も見据えており、当社グループ内で特に力を注いでいる成長事業です。

\エンターテック事業の求人はこちら/

■その他、医療機関向けSaaS、VR医療等