1. 株式会社日本医療データセンター
  2. 株式会社日本医療データセンター 採用情報
  3. 株式会社日本医療データセンター の求人一覧
  4. 医療ビッグデータで健康状態の見える化!健康に対する行動を変えるヘルステックサービス「Pep Up(ペップアップ)」のWebエンジニア募集

医療ビッグデータで健康状態の見える化!健康に対する行動を変えるヘルステックサービス「Pep Up(ペップアップ)」のWebエンジニア募集

  • Webアプリケーションエンジニア
  • 正社員

株式会社日本医療データセンター の求人一覧

医療ビッグデータで健康状態の見える化!健康に対する行動を変えるヘルステックサービス「Pep Up(ペップアップ)」のWebエンジニア募集 | 株式会社日本医療データセンター

募集背景

私たちヘルスデータ・プラットフォームは、日本の健康年齢(R)の維持改善を実現し、「個人がより健康的に、楽しく日常を過ごせる社会」を実現するテクノロジー企業です。

医療データ分析のパイオニア企業である日本医療データセンターの100%子会社として設立され、健康維持・増進のためのサービス「Pep Up(ペップアップ)」を活用して健康保険組合の加入者の健康増進を実現するサービスを提供しています。

近年、「健康経営」や「データヘルス計画」と言ったキーワードから、主力のヘルステックサービス「Pep Up(ペップアップ)」を中心に健康保険組合や大手企業で導入が進んできております。そこで、更なるプロダクト開発のスピード向上と、医療ビッグデータを利用する本サービスの安定運用を実現するために、新規にWebアプリケーションエンジニアを募集をすることになりました。

仕事内容

親会社である(株)日本医療データセンターが保有する日本最大級の医療ビッグデータである健康診断の結果情報や1億6000万件を超えるレセプト(診療明細)データを活用し、「健康状態の見える化により健康に対する行動変容を促す」ための情報を提供するサービス「Pep Up(ペップアップ)」の開発をご担当いただきます。

Pep Upでは「健康年齢」とよばれる独自の指標や、健康に関するコンテンツ・医療費通知機能や、米国ウェアラブル活動量計シェアNo.1のFitbit社端末と連動したウォーキングラリー機能などを提供しており、それらの機能の拡張や新機能開発などを中心にご担当いただきます。
また、サーバーサイドを中心に、フロントエンドやインフラにも関わることが可能です。

具体的な業務内容

  • Pep Upの新機能開発、機能改善、運用
  • 開発メンバーのコードレビュー
  • 新規プロダクトの開発

開発環境

サーバーサイド:Ruby(2.5), Ruby on Rails(5.x), Rspec
フロントエンド:JavaScript, Vue.js
スマートフォンアプリ:React Native
データベース:PostgreSQL, Redis
インフラ:AWS(ECS/EC2/Lambda/S3/RDS/APIGateway), オンプレミス
DevOps:Docker, CircleCI, Fabric, Terraform
コード/コンテナ管理:GitHub, Docker Hub, Amazon EC2 Container Registry
モニタリング:Datadog, Bugsnag, papertrail, AWS CloudWatch, AWS CloudTrail, Amazon GuardDuty
コミュニケーション:Slack, GitHub Issue, JIRA, QiitaTeam, G Suite, Box
貸与PC:MacBook Pro, ディスプレイ

開発スタイル

  • 3ヶ月単位でロードマップを開発メンバー全員で引き、それ以降は2週間単位のスプリントでGitHub Issueでタスクを管理しながら開発を進めていきます。
  • ブランチ戦略はGitHub Flowを採用しており、メンバーにレビューを受けたコードだけがmasterにマージされます。
  • GitHubにpushするとCircleCIが実行され、RSpec/Rubocopで検証後に自動的に対応する環境にデプロイされるなどのワークフローが整備されています。

この仕事で得られるもの

  • 高齢化による生活習慣病などの社会課題に向き合う、社会的意義が強くやりがいある分野の先駆者として業界を創っていく事ができます。
  • 20名規模のスタートアップの初期メンバーとして、自らの行動で会社を成長させ、同時に成長していくことができます。
  • 主力サービスのPep Up(ペップアップ)や、これから生まれる新規サービスの立ち上げに携わっていただくことが出来ます。
  • 他社にはない医療ビッグデータを活用したサービスのWebエンジニアとして、インフラからアプリ開発まで幅広い経験ができます。

応募条件

■必須経験 

  • Ruby、PHP、Python、Javaなどを用いたWebアプリケーション開発、運用経験
  • Gitを用いた複数人での開発経験

■歓迎経験

  • Ruby on Railsを用いた開発経験
  • JavaScriptのフレームワークを用いたモダンな開発経験
  • アジャイル開発、スクラムに関する知識、経験
  • 勉強会での発表、技術コミュニティ活動などの経験
  • GitHub、Qiitaなどでアウトプットを出している方

■求める人物像

  • ヘルスデータ・プラットフォームの事業に、共感や興味をお持ちいただける方
  • チームプレイを好み、チームの成果を優先して業務に携われる方
  • 主体的にプロダクトの開発、運用に取り組める方
  • 日々の業務に対して柔軟にスピード感を持って開発が進められる方
職種 / 募集ポジション Webアプリケーションエンジニア
雇用形態 正社員
給与
非公開
給与形態:月給制
給与改定:年1回(7月)
試用期間:3ヶ月(条件等は変わりません)
その他:業績に応じて決算賞与、4半期MVP賞、年間MVP賞
※ご経験・スキルを考慮して決定いたします。
勤務地
  • 105-0012  東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル11階
    地図で確認
JR浜松町駅より徒歩6分 / 都営地下鉄大門駅より徒歩2分
※日本医療データセンター プラットフォーム事業推進室にて採用し、子会社ヘルスデータ・プラットフォーム社に出向となり、全ての業務を行っていただきます。
勤務地、給与形態、就業時間が日本医療データーセンターとは異なります。
待遇・福利厚生
■保険
・各種社会保険完備
 ※関東ITソフトウェア健康保険組合加入

■諸手当
・交通費支給(上限あり)
・書籍購入手当:ビジネス職・エンジニア職共通で、書籍購入の補助が有ります。

■その他福利厚生
・PC自由選択:エンジニア職は、希望のPCを使うことができます。
・社内購買補助:ウェアラブル端末、体組成計などが社内割引で購入できます。
・研修・テスト受講補助:健康経営など事業に関わる研修を受講できます。
・料理作り懇親会:MVPなどイベント時に、社員で料理を作りながら懇親会を行います。
※日本医療データセンターとは福利厚生が一部異なります。
就業時間
11:00〜17:00を含む8時間勤務(うち、休憩1時間)
選考フロー
▼書類選考
▼1次選考:CTO、開発チームメンバーとの面接+性格適性検査
▼2次選考:代表との最終面接
▼内定
※スピーディーに選考いたしますので、ご要望など有りましたらご相談ください。
※上記プロセスは一部変更になることがございます。
会社情報
会社名 株式会社日本医療データセンター
会社概要
業界のパイオニアとして2002年に設立。独自の匿名化処理技術とデータ分析集計技術を有しています。3億3,000万件以上のレセプトデータと1,700万件以上の健診データ(2018年3月時点)の分析に基づく保険者の保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などの情報サービスを展開しています。また、健康度の単一指標(健康年齢)や健康増進を目的としたWebサービス(PepUp)など、医療データと解析力で健康社会の実現に取り組んでいます。                    
代表取締役
代表取締役会長 木村 真也/ 代表取締役社長 松島 陽介
住所
東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル12階
通常勤務
9:00~18:00
フレックスタイム制有、コアタイム11:00~15:00
標準労働時間 1日8時間、休憩60分
休日・休暇
■土日祝日
■年始年末
■5月1日、5月2日
■有給休暇
(入社年度は入社日に5日、半年経過後にプラス5日付与。翌年12日追加。以後2日ずつ増加し、最大20日。前年度支給分のみ繰越可能。)
■1週間休暇制度
(土日祝を入れ連続7日休みの場合は、有給休暇2日を使用すると特別休暇3日(有給)が付与され、最大9連休が可能)
社会保険
健康保険(関東ITソフトウェア:保養施設・レストラン等利用可能)
厚生年金、雇用保険、労災保険
通勤手当
支給あり(上限10万円まで)
制度
退職金制度(本採用後2年経過した翌月加入)
産前産後休業、育児休業制度(取得実績多数有)
介護休業制度
慶弔金規程
定年
満65歳
その他
優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500」に認定されました。
<健康維持・健康増進のために取り組んでいます>
■健康年齢インセンティブ
(実年齢と比較して若い場合はインセンティブ支給)
■クラブ活動支援
(社員自らが発足し活動。活動費の一部を支援)
■メンタルヘルスケア
(ストレスチェック実施、フォローアップ面談実施)
■過重労働防止対策
(残業時間、業務量の確認)