1. 株式会社リブセンス
  2. 株式会社リブセンス 採用情報
  3. 株式会社リブセンス の求人一覧
  4. 法人営業(転職ドラフト)

法人営業(転職ドラフト)

  • 正社員

株式会社リブセンス の求人一覧

リブセンスってどんな会社?

LIVESENSEという社名の由来は「LIVE=生きる」「SENSE=意味」。
人は、誰もが幸せに向かって生きています。 人生の転機から日々の嗜好に至るまで、
すべては「自分にとっての幸せ」に近づくための選択だと、私たちは捉えています。

私たちは、日々沢山の選択肢から幸せに繋がる答えを選び取っていかなければなりませんが、
何を基準にして幸せに向かえばいいのでしょうか。

世の中には情報があふれていますが、行き過ぎた資本主義による偏りや偽りを
見極めることは難しく、選択にはいつも疑念がつきまといます。
リブセンスはそんな情報の非対称性や、人生にかかわる選択における不和を社会課題と捉え、
テクノロジーでの解決に挑んでいく、そんな会社です。

こちらもあわせてご確認いただけます。

募集背景

転職ドラフトでは、"実力で評価される世界の実現"をビジョンに掲げ、
転職者と採用企業の双方に対して働きかけ、エンジニア転職市場の透明化を目指しています。

昨今のIT人材の絶対数不足という市況の背景もあり、YoY193%成長を遂げているのですが、成長に対してプロダクト改善や営業企画、顧客の採用成功を目的とした利用企業へのコンサルティングセールスが足りてない状況です。
そのため、サービス・プロダクト価値を高めていただける仲間を募集しています。

なお、 本ポジションは今後のリーダー候補としてのキャリアパスを視野に入れています
型にはまった営業をするのではなく、 顧客の視点から自身で営業活動の強化や効率改善を考え、顧客のリアルな課題や声をプロダクトに反映するような企画立案や推進を行っていただきたい 重要なポジションになります。

事業紹介

転職ドラフトは【選考の最後に年収を提示される】という転職業界の不透明さに初めてメスを入れた、ITエンジニア専門の競争入札型転職サービスです。

◆プロダクトの特徴

技術スキル・プロジェクト経験に対して採用企業が年収・ミッション付きで入札をしていき、自分のリアルな市場価値が分かります。

採用プロセスの独自性を軸に、2016年のサービスローンチ以来、ユーザ数・参加企業数を順調に伸ばし、2022年では売上昨対比193%を実現しています。

◆プロダクトの目指す世界

転職ドラフトでは、"実力が正当に評価される世界の実現"をビジョンに掲げています。
転職市場における情報は非対称で、不透明な部分がまだまだ多く、まずはその現状を変える必要がある。世の中にはどんな企業が、誰に対して、どんな評価をしているのか?いくら払っても良いと考えているのか?
そういった情報を公開していくことで、世の中における実力と評価における適正値、いわゆる「エンジニアの市場価値」を詳らかにしていくことを目指しています。

業務内容

転職ドラフトを利用していない企業の採用課題をヒアリングし、サービスの導入提案を通じて顧客の新規開拓を行い、利用企業数の拡大をお任せします。
(新規導入時のオンボーディングなどの併走も含みます)

  • サービス未利用企業に対して採用の実現に向けた適切なソリューション提案
  • 自社WEBサービスの導入支援/オンボーディング

※上記以外にも、企業サイドのサービス認知向上にむけたtoBマーケティング施策の検討・実施など、ご経験・スキル・志向に合わせて業務をお任せいたします。

仕事の魅力・得られる経験

  • 顧客との接点を通じて、企業や事業の拡大/加速に重要なITエンジニア採用の知識や経験、業界知見を得ることができます。
  • プロダクト開発や事業戦略・経営との距離も近い事業・組織フェーズで、エンジニアやデザイナー・プロダクトマネジャー等の他職種との協業も多く、事業経営・プロダクト開発の視点を身につけることができます。

応募資格

◆必須

  • 法人に向けた新規開拓営業の経験3年以上
  • 数値ベースでアクションプランを策定し、顧客獲得において成果を出した経験

◆歓迎

  • 顧客の課題に合わせて複数の商材を提案してきたご経験
  • エンジニア採用に携わったご経験
  • エンタープライズ領域での営業のご経験

※入社時におけるエンジニアリングの知識は問いません。

◆求める人物像

  • 当社ビジョン「あたりまえを、発明しよう。」、プロダクトの目指す世界に共感する方
  • HR領域に興味のある方
  • 主体的に学び、自らやり方を考え試行錯誤するのが好きな方

キャリアパスモデル

越境を重視した事業会社であるため、縦にも横にもキャリアの幅を広げられます。

  • 縦:営業→営業グループリーダー→営業メンバー統括マネージャー
      • 2017/01 営業配属
      • 2020/01 チームリーダー昇格(メンバー数3名)
      • 2021/04 グループリーダー昇格(メンバー数4名)
  • 横:営業→マーケ/PM /別事業部営業

関連ページ

職種 / 募集ポジション 法人営業(転職ドラフト)
雇用形態 正社員
給与
年収
※ご希望と経験等を考慮し、当社規定により決定いたします。休日労働及び深夜労働に対する割増賃金は追加で支給。

年収600万円(月額465,000円/内45時間分の固定残業代121,000円)~年収870万円(月額623,500円/内30時間分の固定残業代118,400円)
勤務地
  • 105-7510  東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝10階
    地図で確認
東京本社または自宅(リモート)
受動喫煙対策
※屋内原則禁煙(喫煙室あり)
試用期間
2ヶ月間(試用期間中の待遇に変更はありません。)
就業時間
10:00~19:00(実働8H)
・勤務形態
 ・600万円~:通常時間管理(定時制10:00-19:00)
 ・650万円~:企画業務型裁量労働制(みなし労働時間9時間30分)
・含み残業時間
 ・600万円~:45時間
 ・650万円~:30時間
・うち休憩時間60分
・時間外労働あり
待遇
▼待遇
・昇給年2回
・各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険) ※関東ITソフトウェア健康保険組合加入済
・交通費:オフィス出社日数に応じて支給する(上限5万円/月)
・リモートワーク手当(5,000円/月)
 ※今後の状況次第では変わる可能性があります

▼働き方
・マイ定時(就業時間選択制度)
・どこでもワーク(リモート勤務制度)
※本求人のポジションでは、チームビルディングの観点で月1~2回程度を目安に出社をいただくことがあります。

▼懇親
・ウェルカムランチ
・部署懇親会補助
・全社懇親会(納会)
・フリーアルコール提供(※WeWorkのサービスの一部です)

▼表彰
・Award(全社表彰制度)
・部門内表彰制度

▼教育制度・資格補助補足
・Startup Program(入社時研修)
・メンター制度
・学習支援制度(年間2万円の学習費用を補助)

▼子育て支援
・育児のための所定労働時間の短縮制度(小学校6年生の年度末まで)
・認可外保育施設等利用の際の補助(月額上限3万円)
・内閣府ベビーシッター利用補助(対象児童1人につき1日4,400円分まで)
・子育て社員交流会費補助

▼その他
・入社時に好きなPC・マウス・キーボードを選択可能
・BYOD補助(最大7万5千円を補助 ※入社6ヶ月以上で利用可能)
休日
・完全週休2日制(土日、祝日、年末年始)
・有給休暇(入社日に最大10日、入社次年度以降は11日~20日を付与)
・産前産後休業 / 育児休業
・子の看護休暇
・介護休暇
・慶弔休暇・見舞金
・有給生理休暇
・ボランティア休暇(ボランティア活動のために有給の休暇を年間で最大3日利用可能)
・保存有給休暇(時効で消滅した有給休暇を特定の事由で利用可能)
・ならし保育休暇(子ども1人につき有給の休暇を最大5日利用可能)
会社情報
会社名 株式会社リブセンス
会社名
株式会社リブセンス (Livesense Inc.)
事業内容
インターネットメディア運営事業
代表者
代表取締役社長 兼 執行役員 村上 太一
役員
取締役 
兼執行役員 桂 大介
社外取締役 淡輪 敬三
社外取締役 安川 新一郎
社外取締役 川口 加奈
常勤監査役 江原 準一
社外監査役 尾崎 充
      片山 典之
執行役員  楠本 匠
      高橋 宏平
所在地
▼本社 
〒105-7510
東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝10階
代表番号: 03-6275-3330

▼宮崎オフィス
〒880-0812
宮崎県宮崎市高千穂通1-6-38 ニッセイ宮崎ビル6F
設立年月日
2006年2月8日
資本金
237百万円 (2023年6月30日現在)
従業員
正社員 214名 臨時従業員 39名 (2023年6月30日現在、リブセンス単体)

《労働施策総合推進法に基づく中途採用比率の公表 (公表日:2023年2月20日)》
 正規雇用労働者の中途採用比率
 2018年度 57% | 2019年度 85% | 2020年度 74%| 2021年度 53%|
 2022年度 79%| 2023年度 100%
決算期
12月
監査法人
有限責任監査法人トーマツ
主要取引銀行
三井住友銀行 赤坂支店
主要株主
村上 太一 (48.6%)
桂 大介 (9.6%)
(2023年6月30現在)
連結子会社
株式会社フィルライフ(https://phillife.co.jp/)