1. 株式会社Mobility Technologies
  2. 株式会社Mobility Technologies 採用情報
  3. 株式会社Mobility Technologies の求人一覧
  4. ソフトウェアエンジニア・データサイエンティスト(空間情報プロジェクト)

ソフトウェアエンジニア・データサイエンティスト(空間情報プロジェクト)

  • ソフトウェアエンジニア・データサイエンティスト(空間情報プロジェクト)
  • 正社員

株式会社Mobility Technologies の求人一覧

ソフトウェアエンジニア・データサイエンティスト(空間情報プロジェクト) | 株式会社Mobility Technologies

株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)は、「移動で人を幸せに。」をミッションに、タクシーアプリ『GO』や次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』を始めとしたモビリティ産業をアップデートするITサービスの提供を行っています。

「移動で人を幸せに。」


かつてみんなと同じであることが良いとされた時代があった。
定時出社、大量輸送、みんなが世の中の形に合わせて生きてきた。
しかし時代は変わりつつあり、ひとりひとりの価値感に合わせて社会が形を変えていく必要がある。

どんな時代もヒトは移動し、モノは移動し、その移動量がわたしたちの豊かさを示してきた。
ヒトの移動、モノの移動。言い換えればそれは人々の暮らしを豊かにする価値の移動。
わたしたちはそれぞれの形に合わせて移動を最適化し、豊かに届けたい。

都市化による交通渋滞、交通事故。過疎化による公共交通の空白地帯。
そんな交通不全な状態も、まだまだ解決されていない。

いつの時代も、移動を進化させてきたのはテクノロジーの力だ。
これまで人類は素材や動力の技術革新で、輸送のスピードと量を向上させてきた。
さらにこれからは、データを活用し、ひとりひとりのニーズに最適化していく必要がある。
そして移動したいヒトやモノ、移動の提供に携わる全てのヒトやモノが、共に安心・安全に移動できる世界を、つくりたい。

目指そう。ストレスのない、もっとやさしい未来を。
移動で人を幸せに。

このミッションに共感し、一緒にチャレンジしてくれる仲間をお待ちしています!

仕事内容

MoTの新規事業である自動運転時代に必要になる高鮮度地図の実現に向けたサービスである空間情報プロジェクトにおいて、データサイエンスを活用してアルゴリズムやプログラムの開発を行っていただきます。
具体的には、数万台の車両から収集した車両の位置情報、センサーデータ(速度、加速度、角速度)、ドライブレコーダー動画から検出された物体を、地図と比較し、地図と現在の状態との差分を検出するプログラムを開発してもらいます。

現実世界から取れるデータには様々なノイズが入ってくるため、それらのノイジーなデータから、いかに現実世界の情報を正確に把握できるかがポイントになってきます。具体的には、GPSの情報やセンサー情報から車両の現在位置を把握することや、カメラに撮影された物体の位置を正しく推定することが必要になってきます。

これらを実現するために、幾何学計算、クラスタリング、機械学習などの高度なアルゴリズムを実装できる能力と、まだ誰も解決したことが無い課題に工夫しながら取り組んで解決していく姿勢が求められます。

プロジェクトの概要は体外発表資料を確認ください。

DeNA TechCon 2021:「ドライブレコーダの動画を使った道路情報の自動差分抽出」
https://www.slideshare.net/tetsutarowatanabe/ss-243736374

AWS Summit 2020: 「Mobility TechnologiesがAWSで実現するダイナミックマップへの取り組み」の前半部分です。
https://resources.awscloud.com/aws-summit-online-japan-2020-on-demand-industry-4-10523/cus-46-aws-summit-online-2020-mobility-technologies

必須の経験・能力

・プログラミング経験2年以上
・アルゴリズムの実装経験2年以上
・与えられた課題に対して、自ら調査して解決方法を検討し、解決まで仕切った経験
・Gitを用いたコード管理
・SQLを用いたデータ抽出

望ましい経験/能力

・Go言語での開発経験
・LinuxもしくはDockerでの開発経験
・空間情報/GIS/地図に関する知識
・コンピュータサイエンスの専攻
・商用の本番環境向けのプログラミング経験
・普通自動車免許(業務で運転頂く為ではなく、ドメイン知識としてあった方が望ましい)

求める人物像

・社内外の様々な領域のメンバーと綿密にコミュニケーションを取りながら、主体的に業務を推進できる方
・実サービスにおける機械学習応用、問題解決に興味のある方
・サービスをより良くするために自律的に考え、行動し、推進できる方
・モビリティ領域の進化や社会貢献に共感し、技術だけではなくサービスそのものにコミット出来る方
・特定の技術にこだわりなく、必要に応じて新たなスキルを独力で身につけられる方
・チーム開発において、相手を尊重したコミュニケーションを取れる方

職種 / 募集ポジション ソフトウェアエンジニア・データサイエンティスト(空間情報プロジェクト)
雇用形態 正社員
給与
年収
※スキル・経験によって相談に応じます。
※法定外45時間分の固定時間外手当を含む
査定2回/年
交通費支給(上限月額5万円)
勤務地
  • 106-6216  東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー16F
    地図で確認
※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、当社では全従業員に対して暫定的にリモートワークを可能としています。
勤務時間
スーパーフレックスタイム制:労働時間を従業員の決定に委ねる。(コアタイムなし)
労働日の選択を認める制度ではないため、所定労働日は原則勤務。
休日休暇
・土日祝日
・有給休暇(初年度は入社月に応じて最大10日※入社日に付与)
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・介護休暇(介護の必要な家族1人につき年間5日間)
福利厚生
・社会保険完備
・トライアルタクシー制度(月額1万円)タクシーを知るために乗車運賃を会社が支給
・ニューノーマル手当(月額3千円)
・ウェルカムランチ制度
・書籍購入制度
・技術カンファレンス参加費負担(国内外)
・部活動制度
・私服勤務OK
会社情報
会社名 株式会社Mobility Technologies
本社所在地
〒106-6216
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー16F
設立
1977年8月
資本金
1億円(2021年5月末現在)
役員
代表取締役会長 川鍋 一朗
代表取締役社長 中島 宏
取締役 青木 亮祐
取締役 惠良 和隆
取締役 大井 潤
取締役 廣瀬 篁治
取締役 松岡 秀治
取締役 加藤 大介
取締役 前田 義晃
取締役 深井 秀一
監査役 猪野 正明
事業内容
タクシー事業者等に向けた配車システム提供などモビリティ関連事業