1. ネットイヤーグループ株式会社
  2. ネットイヤーグループ株式会社 採用情報
  3. ネットイヤーグループ株式会社 の求人一覧
  4. [interview]UX×テクノロジーでイノベーションを起こす!

[interview]UX×テクノロジーでイノベーションを起こす!

  • interview
  • 正社員

ネットイヤーグループ株式会社 の求人一覧

[interview]UX×テクノロジーでイノベーションを起こす! | ネットイヤーグループ株式会社

グループビジョン

ビジネスの未来をデジタルで創る、
ビジネスの未来をユーザーと創る。
ユーザーエクスペリエンスからすべてが始まる。  


体験価値のブランディングへ

テクノロジーの劇的な進化によって、商品の差別化は極めて難しくなり、商品のライフサイクルはどんどん短くなっていきます。同時に、企業の顧客の嗜好は多様化し、極限まで自分本位に、わがままになっていく時代の中で、ビジネスモデルの根幹を「機能価値」から「体験価値」にシフトさせていく企業が強くなっていきます。ネットイヤーグループは、最良の顧客体験(CX・カスタマーエクスペリエンス)を描き、それをテクノロジーで実現することで、企業の顧客の体験を改善し、それによりクライアント企業のビジネスを成功に導くことをサービスにしています。

なぜ、ネットイヤーグループなのか

ネットイヤーグループは、1999年に日本で最初のSIPS会社(ストラテジックインターネットプロフェッショナルサービス)として創業して以来、一貫して、日本のデジタル戦略を牽引してきました。UX、戦略、クリエイティブ、テクノロジー、データの専門家が協働して働くユニークな文化があるからこそ作り上げられる、最高のカスタマーエクスペリエンスをデザインし、企業の新しいビジネスを実現します。


まずは自分が楽しむスタイル

僕は大学時代に勉強を全て終わらせたんです。専攻は統計物理学で統計学が僕の基礎となっています。また、物理学専攻でしたが抽象的で難しいと感じ、3Dシミュレーションに特化して勉強していました。大学1年のときにコンピューターをやらなければと考え、ひたすらコンピューター技術について勉強しました。マニュアルを全て読み、プログラミング言語、ネットワーク、メールの仕組みなど、あらゆることを学びました。

社会人になり新卒でエンジニアとして1社目の会社に入社し、5~6年間勤めた後、ベンチャー企業に転職しました。そこでは今で言うMA(マーケティングオートメーション)を作っていました。そして2~3年務めた後、3社目の会社としてネットイヤーグループに入社しました。

ネットイヤーに入社した後、すぐにある案件の問題解決を行うことになりました(笑)。入社当初、この案件で、周りの人達が「何から終わらせるか」を考え、「あれができない」、「これができない」と嘆いていたときに、僕は「全部対応してしまおう!」と考えていました。基本的にできることは全てやるというのが僕の考えです。

そのプロジェクトにおける対応で信頼を得て、その後は企画案件に従事しました。子供が画面に絵をかくと動き出す「動くお絵かき」や、地図のポータルサイト「すごい地図」の企画・制作を行いました。このサイトは画面一面に地図が表示されており、どこまでいっても地図が広がっているサイトです。「地図だけでサイトを作れないか」というところに拘って企画・制作を行いました。
また、ある案件でお客さまからCMSを導入したいとのご依頼を受け、私が開発したシステムをお客さまに提供したところ、お客様の業務効率の改善を実現することができました。このシステムは今でもお客様に使っていただいています。自画自賛にはなりますが、設計レベルについて言えば、今のモノよりいいと思います。

その後は、クラウドテクノロジーグループというsalesforceビジネスの立上部署に異動し製品開発を行い、グループ会社であるネットイヤークラフトに出向した際は、エンジニアの育成に努めました。

今はテクノロジー&デザインチームのチームリーダーをしていますが、突き放すところは突き放し、助けるところは助けるという方針でチームメンバーの育成・サポートを行っています。「自由と手厚いサポート」、周りからは一見自由に見えますが、実はチームリーダーである僕がずっとチームのメンバーを見守っているんです。

エンジニアのやりがいは無限大

ネットイヤーグループでは、顧客視点でのものづくりができます。
三方よしになるけれど、自分が楽しくて、お客さんも喜んで、その先のお客さんも喜ぶ、そんな仕組みです。最初は自分が楽しむことが大事なんです。僕はそういうやり方で仕事をしたいと思っています。でもこれはある意味で戦いになることもあります(笑)。

今、僕がチャレンジしているのは、チーム運営です。
僕のチームは、専門性をベースとして、「変化」と「多様性」を大切にしています。専門性を持っている人はそれに磨きをかける等、仕事の横幅を広げてほしいと考えていますが、それに加えて、日々「変化」をしてほしいと思っています。周りが変化しているのだから、変化せざるを得ないとも言えます。“自分は○○ができる″と、あぐらをかいていると、すぐに追い抜かされてしまうんです。「イノベーション」とは、そのエッセンスを自分が汲み取るによってはじめて起こすができるものと考えています。例えばUXとシステムについて言えば、UXの本当の真髄を汲み取ることができれば、システムでUXについてイノベーションを起こすことができると考えています。

そして僕は、一芸が秀でたエンジニアと一緒に働きたいと思っています。何となくできる人だと結局何もできないことが多いんです。マネジメントが得意、プログラミングが得意とか、何でもいいので一芸に秀でた人たちがいろんな凸凹を埋めて、その横幅を広げたり積み上げていくことが大切だと思っています。

僕は、そんなチーム運営を実現したくて、ネットイヤーグループで日々チャレンジしています。

エンジニア募集職種

Team(Together Everyone Achieves More)

実は、僕は小さい頃は斜に構えた性格で、皆といても端っこにいて、団体行動からはいつもはずれているような子でした。高校に入学してからは、今でも趣味であるヨットに打ち込み、ヨット推薦で大学も決まったのですが、受験しなさいといわれ、受験してみたら見事合格し、大学では工学部に進学しました。

高校生から、数学と物理とヨットしか勉強していませんし、大学は勉強が大好きだったので6年在学していました(笑)。
大学生時代に、インターンでプログラミング、システム系のことを学び、新入社員では、エンジニアとして採用され、学生時代を含めて合計5年ほど、エンジニアリング業務に携わりました。常駐して、インフラやJAVAのプログラミング、ミドルウェア開発プロジェクトの立上げなどを行いました。その後、顧客提案に係る仕事に従事したいと考え、営業をやろうと思い立ち、ネットイヤーグループのHPの採用ページから応募して当社に入社しました。入社後、しばらくはECサイトの制作案件のPMアシスタントを行い、アクセス解析を行うための組織横断的なチームを作りました。

実を言うと僕はネットイヤーグループを一度退職しています。その後、大手ECプラットフォーム運営会社に入社し、某メディアのプロデューサーや、EC市場のカタリストやデータの取り纏めを行った後、入社から3年程度で経過したところでその会社を退社しました。
その後、外資系企業に入社し、日本法人の立上げに係る仕事に従事しました。アドテク周りのベンダーエージェンシーに行って、もっと日本に愛のある会社で働きたい、同僚と仕事後に酒を笑いながら飲める環境に行きたいと思い、ネットイヤーに戻ってきたんです。これは実現できていますね。ネットイヤーグループは、いい意味で、人間関係がフラットなので、仕事がしやすいです。


ビジネスを楽しめるエンジニアを求めています

 プロジェクトにおいて中心となって、「楽しい仕掛け」という、技術を軸とした新しい仕掛けづくりができることが重要と考えていますが、大会社は組織立っているため、仕掛けづくりを行うことはできません。他方、大会社以外の会社では、クリエイティブとの争いも生じないので実現することができ、クリエイティブとテクノロジーの融合が図りやすいという利点があります。これからはテクノロジーがプロジェクトをdriveしていける環境になっていくので、当社で働くのは楽しいのではないのでしょうか。ネットイヤーグループで働くと、プロジェクトにおける中心人物になれるチャンスがあります。

自分がテクノロジーを使って実現した仕組みや仕掛けが、担当するクライアントのビジネスにどれくらい貢献しているのかが目の前でわかるので、その醍醐味、やりがいは面白いところなのではないかと思っています。いわゆる通常の業務システムの開発案件に従事していると、「従業員の業務量改善!」や「生産性向上!」といったことが目標となり、新しい仕掛けをづくりを行うことは難しいため、仕事としてつまらないと思います。生産性向上を目的としたプロジェクトであっても、コンバージョンが何件UPしたとか、CVRが何ポイント改善したとか、成果が定量的にわかることで、仕事が楽しくなると思うんです。

今、僕がネットイヤーで実現したいことは、社員のマインドにおいて、テクノロジーマインドの比重をもっと高めることです。現状、UXとテクノロジーは8:2ですが、これを4:6にしたいと思っています。これからのデジタルマーケティングはこれを実現しないと始まらないと考えています。今まで仕事に従事している中でたくさんの敵を作りましたが、これからも僕はマインドチェンジを推進したいと思っていますし、実現していきたいと思っています。

技術が好きで、新しい仕掛けづくりをしていきたい人に来ていただきたいと思っています。他の会社でくすぶっているエンジニアや、想いがあるけど実現できないエンジニア、まだまだ自分の可能性を信じているエンジニア、提案・コミュニケーションが好きなエンジニアのみなさんに来ていただきたいと思っています。是非一緒に働きましょう!

エンジニア募集職種

マーケティング×SI領域におけるシステムエンジニア

職種 / 募集ポジション interview
雇用形態 正社員
給与
応相談
勤務地
 
会社情報
会社名 ネットイヤーグループ株式会社
代表者
代表取締役社長 兼 CEO 石黒不二代
設立年月
1999年7月7日
資本金
5億7,096万円(2018年3月31日現在)
上場市場
東京証券所マザーズ市場(証券コード 3622)
事業内容
・コンサルティング
・デジタルコンテンツの企画制作
・システム開発
・マーケティングツールの企画販売売
・データ解析・効果測定
・ソーシャルメディアマーケティング支援
個人情報の取り扱いについて
ご提供いただきました情報の利用目的は選考、採用に関する活動や資料の送付、通知のためのみとさせていただきます。詳細な個人情報取り扱いにつきましては、個人情報の取り扱いに関する公表事項についてをご確認ください。
https://www.netyear.net/privacy.html

※上記の取り扱いに同意のうえ、ご応募ください

【個人情報の取り扱いに関する苦情の申し出先】
お客様からの個人情報に関するご相談や苦情については、以下の窓口までお問い合わせいただければ適切に対応させていただきます。

〒104-0061
東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
ネットイヤーグループ株式会社(個人情報苦情・相談窓口)
TEL:03-6369-0530
(受付時間:月曜~金曜日9:30~18:00 ただし、祝祭日・年末年始等休業日を除く)