1. シュルンベルジェ株式会社
  2. シュルンベルジェ株式会社 採用情報

シュルンベルジェ株式会社 採用情報

シュルンベルジェ株式会社

募集職種の一覧はこちら

私たちの仕事

世界85ヶ国でサービスを展開し、探査技術の第一人者として、世界中の資源開発を支えています。

弊社は世界中の石油・天然ガス開発会社や政府機関に対し、資源の調査・測定のサービスから掘削・生産までの資源開発の全般のオイルフィールドサービスを提供しています。

オイルフィールドサービスとは、石油や天然ガスを得るためにどこを掘削すべきか、試掘を安全・正確にかつ効率的に行うためにはどうするべきか、あるいは坑井が油層・天然ガス層をきちんと貫通しているか、そしてそこにはどの程度の埋蔵量があり、それは採算ベースに乗るのかといった検討に必要な情報やサービスを、顧客である石油・天然ガス会社に提供することです。
シュルンベルジェの手がけるオイルフィールドサービスは実に幅広く、創設のきっかけとなったワイヤーライン検層をはじめ、掘削・計測サービス、坑井サービス、人工採油、坑井仕上げ、データコンサルティングサービス、ソフトウェアインテグレートソリューションといった数々のサービスが存在します。これは、探鉱から生産増進まで、ほぼ油田の一生をカバーするものです。

またそのサービスを支えているのがシュルンベルジェの技術力です。ここ日本では神奈川県にある淵野辺テクノロジーセンターをはじめとして新潟県の長岡支店、東京駅近くの東京事業所の3拠点があります。

テクノロジーセンターでは、一言で言えば、地下資源を探すため測定装置を製造しています。 弊社の製品は地下深くの例えば高温高圧などの過酷な環境の中、先進のセンサーやエレクトロニクス部品、デリケートな精密機器を組み込んだツールを確実に制御し、正確に分析していくことが求められます。そこに要求される スペックは宇宙開発に匹敵する技術力が求められ、エンジニアとしては非常にチャレンジングではありますが、やりがいのある製品をつくっています。

また日本では長岡に拠点を置いているフィールドエンジニアという職種では世界中の現場にて資源の調査・測定のサービスから掘削・生産までの資源開発の全般のサービスをクライアントに提供しています。フィールドエンジニアになれば仕事環境はとてもエキサイティングで、 洋上リグ、砂漠や氷点下の雪の中、熱帯雨林と世界中の様々な場所で仕事をしています。

【動画】シュルンベルジェのエンジニアたちの仕事現場を覗いてみましょう
【動画】シュルンベルジェのエンジニアたちの仕事現場を覗いてみましょう

19世紀初頭、ワイヤーライン検層技術のみを掲げフランスで創立されたシュルンベルジェ。常に顧客と油田の近くに身を置き、最も効率的なサービスを提供できるよう努力してきた結果、現在では世界85か国以上でビジネスを展開するようになり、またその過程で人種的にも多様な「無国籍企業」へと成長しました。このような地球規模の環境で、業界をリードする一流のエンジニア達と共に働いてくれる人を募集しています。あなたも国境のないキャリアへ、その一歩を踏み出してみませんか?

【動画】Dare To Discover
【動画】Dare To Discover

テクノロジーセンター

製造本部

製造技術を駆使した、より優れた品質の製造

製造本部の使命は、日本の製造技術を駆使して、より優れた品質の製品を、納期通りに合理的な価格で納品し、さらに迅速なアフターサービスを提供することです。

石油探査機器の製造は典型的な多品種少量生産型で、しかも高度の技術を要します。したがって 、その使命を達成するために部品調達・生産計画・製造工程管理・品質管理といったあらゆるプ ロセスに、専門のエンジニアが従事しています。高度の技術者集団として現場の要請に対応して いるという点が、一般企業の生産部門との際立った違いと言えるでしょう。

製造本部はSKK(Schlumberger Kabushiki Kaishaの略)の中で最も大きい組織の一つで、中で働く人は、さまざまな仕事に携わっています 。たとえば語学が堪能な人は、アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリアといった海外か らの部品の調達を担当したり、電気のバックグラウンドを持っている人は、175℃から200℃とい った高温下でも動作する電子回路の設計およびそれを作るプロセスの確立を担当したりしていま す。

新製品の立ち上げや海外の各センターからの製品の移管、他のアジア地域での加工指導、プロセ スの立ち上げといった製造プロセスに関わる仕事もあれば、過酷な環境下での製品の信頼性を向 上するための評価方法、評価プロセス、製造プロセスの確立といったクオリティ マネジメントを 担当する人もいます。このように、一言で製造部門といってもその中での職種は多岐にわたり、 バイタリティ溢れる職場環境を作り出しています。

製品技術本部

より信頼性の高い製品を目指して

製品技術本部のミッションは大きく分けて二つあります。一つは既に製品化された装置の品質と 信頼性を向上させること。もう一つは顧客のニーズに合わせて製品をカスタマイズしたり、ソリ ューションの提案を行うことです。

石油掘削現場で使用される弊社の製品は非常に厳しい条件下での動作が必要とされます。時には175℃以上かつ1400気圧以上という高温高圧下での動作が要求されることもあります。いかに信頼性の高い製品を開発製造することが他社との差別化になるのです。

また、日々の技術革新により、既存の製品が生産できなくなったり、新しい技術を取り入れる必要に迫られることがあります。このように数多く存在する既存製品の対応も我々製品技術本部の大切な仕事です。製品技術本部の顧客は現場で我々の製品を使用するエンジニア達です。年中無休24時間体制で操業する現場のエンジニア達をサポートするために、技術サポートヘルプデスク を用意し技術的問題を解決し、現場でのメンテナンスやオペレーションをよりわかりやすくす るために、マニュアルやトレーニングを提供する事も我々の仕事です。また、SKKで生産された製品は世界の石油天然ガス掘削現場で使用されますが、地域やお客様によって異なった仕様やソリ ューションが必要となる場合があります。そのような顧客要求に応える製品の再設計や特殊条件下で動作するようなカスタマイズも行なっています。

求められる人材は多種多様

製品技術本部では様々なバックグラウンドを持った人間が働いています。既に製品化されたモノ を扱う為、開発や製造の経験者が沢山いますし、現場出身のエンジニアもいます。新卒で入社し たエンジニアも電気電子、機械、ソフトウェア、物理といった専門を活かして活躍しています。もちろんシュルンベルジェの文化である多様性(ダイバーシティ)のもと様々な国籍の従業員が同じ環境で男女分け隔てなく、力を発揮し、切磋琢磨しています。

ただし、どんな社員でも共通に求められる資質があります。製造技術本部では製品に問題があっ て対応することも沢山ありますが、我々の本来の使命は問題が起こる前に品質や信頼性を向上させ、現場でスムーズにサービスを提供できるように先を見越して積極的に行動することです。個々の従業員も自ら考え自ら行動できる人間が必要とされています。自分で問題を見つけ、自らその解決方法を提案できるような人物がシュルンベルジェで活躍できる人です。皆さんも世界を相手に挑戦してみませんか。

オイルフィールドサービスオペレーション

長岡支店

長岡事業所では、日本、韓国、台湾の石油関連企業および政府研究機関に対し、掘削・生産現場で坑井掘削・掘削同時検層、ワイヤーライン検層、セメンティング・坑井刺激、試油・試ガス、データ解析といったさまざまなオイルフィールドサービスを提供しています。

実際の油田開発現場で作業をするフィールドエンジニアの仕事は、石油や天然ガスの掘削現場の責任者として、石油会社などから依頼された油層の計測や調査などの現場作業全体を指揮することです。

東京事業所

シュルンベルジェ株式会社の東京事業所は、オイルフィールドサービスの中のSoftware Integrated Solutions (SIS) 部門に属し、その主な役割は、顧客である日本の石油・天然ガス開発会社に対し最適なソリューションを提供することです。

具体的には、地質、地震探査、生産関連のソフトウェアの販売、導入サービス、サポートや、石油関連の情報管理やサービスの提供、またそれらを利用するために必要なシステム、ネットワークの提供などを行っています。

For more details...

For more details of our services, please see our global site.
Also job openings of global positions, please go to glocal career site.