1. Supershipグループ
  2. Supershipグループ 採用情報
  3. Supershipグループ の求人一覧
  4. データエンジニア

データエンジニア

  • 正社員

Supershipグループ の求人一覧

データエンジニア | Supershipグループ

業務内容

社内/社外問わず、保持しているデータを実際に扱い、抱えている課題に対して必要な技術を用いて解決まで導く業務となります。
ただ開発をするだけではなく、具体的な課題をヒアリングするところからプロジェクトに参加頂きたく思っており、そこで発生するデータに関わる開発業務全般をお任せしたく思っています。

主な仕事内容

  • 社内/社外問わず保持データのヒアリングと整理、および解決すべき問題の要件化
  • 様々なプラットフォーム構築・運用
  • 利用者が利用しやすいデータ基盤の構築
  • センシティブなデータを含む可能性があるため、利用者や使われ方や権限管理を意識したシステム構築
  • 様々な自社データとクライアントデータを掛け合わせた設計・抽出・転送のフロー構築
  • スケーリングやコストを意識したクラウド環境の構築

プロジェクトで利用している技術スタック

  • 言語 :Python, Scala, Node.js
  • DB: AmazonRDS, Google BigQuery
  • その他:Hadoop, Spark, AmazonEMR, Hive, Databricks, Redis, Prometheus

求人の特徴

クライアントの抱えている課題に対して、自社のデータ、クライアントの持つデータ、そこに必要な技術を用いて解決まで導く業務となります。
具体的な課題のヒアリング、そこからの要件定義から基盤の設計、開発、データ運用等プロジェクトスタートから携わることが可能です。

課題を直接クライアントから聞くため、実際の作業がクライアントの課題解決へと直接結び付きます。
そのため仕事の成果、達成感をビジネスサイドの人と共に味わうことが出来るようになっております。
プロジェクト推進の中核メンバーとなりますので、開発や解決方法、利用するツールなど自由に選定、自らの意思決定で動くことが可能です。
それと共にリモートワークや働く時間の調整など、働き方も柔軟に対応可能です。

必須経験・スキル

  • Hadoop/Spark/Hiveを利用した大規模データ処理基盤ならびにデータ処理パイプラインの構築・運用
  • AWS上でのシステム設計/構築または運用経験 
  • SQLによるデータ加工/抽出の経験
  • Scala/Python/Javaなどのプログラミング言語を用いたシステム開発経験

尚可経験・スキル

  • dockerなどのコンテナ上でのアプリケーション開発または運用
  • データ処理基盤の設計
  • BIツールの利用経験
  • 要件定義の経験
  • プロジェクト管理の経験
職種 / 募集ポジション データエンジニア
雇用形態 正社員
給与
非公開
勤務地
  • 105-6427  東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー27階
    地図で確認
 
就業形態
専門業務型裁量労働制
勤務時間
10:00〜19:00(休憩1時間)
※1日のみなし労働時間8時間
休日・休暇
休日:土日、祝日、年末年始、Happy Friday(土曜日と祝日が重なった場合前日の金曜日が休日)
有給休暇:初年度最大15日付与(入社時支給)
特別休暇:慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、Happy Monday(毎週月曜日は午前有給)、アニバーサリー休暇
待遇・福利厚生
試用期間:入社後3ヶ月
昇給:年2回(5月、11月)
社会保険:KDDI健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
交通費:月額上限5万円
その他:KDDI持ち株制度、慶弔見舞金制度、確定拠出年金制度
会社情報
会社名 Supershipグループ
設立年月日
2014年10月
本社所在地
〒105-6427
東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー27階
事業内容
Supershipグループは正確かつ膨大な量を誇るデータと、そのデータを使いこなすためのテクノロジーをもとに、
データコンサルティング、DMP提供、AI構築、広告配信プラットフォームの提供を行うことで、
企業のデジタルトランスフォーメーションをワンストップで実現します。
グループ会社一覧
Supershipホールディングス株式会社
Supership株式会社
Momentum株式会社
シナリオ株式会社
DATUM STUDIO株式会社
ちゅらデータ株式会社
株式会社UltraImpression(関連会社)
働き方/リモートワークについて
Supershipグループではオフィスとリモートワークを使い分けながら、生産性が高まる方法を従業員ひとりひとりが主体的に選択していく、「Hybrid Working Style」を提案・推進しています。