1. Supershipグループ
  2. Supershipグループ 採用情報
  3. Supershipグループ の求人一覧
  4. 【フレキシブルに働けます!】「ペタ」クラスのデータを扱いませんか?

【フレキシブルに働けます!】「ペタ」クラスのデータを扱いませんか?

  • データ分析基盤エンジニア(データソリューション事業)
  • 正社員

Supershipグループ の求人一覧

【フレキシブルに働けます!】「ペタ」クラスのデータを扱いませんか? | Supershipグループ

業務内容

事業の根幹である、データ基盤の開発運用に携わっていただきます。
データアナリストやビジネスメンバーと協力して、データの取得、分析基盤構築、ETL基盤の開発運用などを行っていただきます。

プロジェクトで利用している技術スタック

  • Infra:AWS(EC2, ECS, ECR, Lambda, S3, Athena, Aurora, CodePipeline, CodeBuild)
  • 言語:Python, Node.js
  • OS:Linux
  • DWH:Redshift, Hive, Snowflake
  • 構成管理ツール:Terraform, Serverless Framework
  • その他:GitHub, CircleCI, Redash, Databricks

求人の魅力

  • Supershipグループは、KDDIのグループであり、事業としてアドテクや検索ソリューション/OMO、データコンサルなどを展開しているため、業務を遂行する上で、大量のデータを扱っています。日常の業務で「ペタ」クラスの実データに触れることができます。
  • 最新技術動向、手法の調査・検証も実施し、積極的に採用できます。
  • 毎週月曜午前を有給休暇にできる「Happy Monday」という休暇があり、月曜日は多くの社員が午後出社をしているなどプライベートも大切に仕事をすることができます。
  • リモートワークや働く時間の調整など、柔軟な働き方できます。

必須経験・スキル

  • JavaまたはPythonでのコーディングスキル
  • プラットフォームやインフラの設計構築、運用経験

尚可経験・スキル

  • Redshift等のクラウドネイティブなデータベース経験
  • Hadoopのクエリエンジン経験(Hive、Trino、Spark等)
  • Talend等のETLツールやAmazon EMRを利用したデータ処理経験
  • Tableau等のBIツールの利用に適したテーブル実装経験
  • Kubernetes、Dockerの使用経験
  • Google Cloud Platform、Amazon Web Services、Azureなどのパブリッククラウドの使用経験
職種 / 募集ポジション データ分析基盤エンジニア(データソリューション事業)
雇用形態 正社員
給与
応相談
※経験、業績、前給を考慮の上決定
※半期年俸制のため年俸を12分割して毎月支給
勤務地
  • 105-6427  東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
    地図で確認
 
就業形態
専門業務型裁量労働制
勤務時間
10:00〜19:00(休憩1時間)
※1日のみなし労働時間8時間
休日・休暇
休日:土日、祝日、年末年始、Happy Friday(土曜日と祝日が重なった場合前日の金曜日が休日)
有給休暇:初年度最大15日付与(入社時支給)
特別休暇:慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、Happy Monday(毎週月曜日は午前有給)、アニバーサリー休暇
待遇・福利厚生
試用期間:入社後3ヶ月
昇給:年2回(5月、11月)
社会保険:KDDI健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
交通費:出社日数に合わせて実費支給
その他:在宅勤務手当、KDDI持ち株制度、慶弔見舞金制度、確定拠出年金制度
会社情報
会社名 Supershipグループ
設立年月日
2014年10月
本社所在地
〒105-6427
東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー28階
事業内容
Supershipグループは正確かつ膨大な量を誇るデータと、そのデータを使いこなすためのテクノロジーをもとに、データコンサルティング、DMP提供、AI構築、広告配信プラットフォームの提供を行うことで、企業のデジタルトランスフォーメーションをワンストップで実現します。
グループ会社一覧
Supershipホールディングス株式会社
Supership株式会社
Momentum株式会社
DATUM STUDIO株式会社
ちゅらデータ株式会社
株式会社UltraImpression(関連会社)
働き方/リモートワークについて
Supershipグループではオフィスとリモートワークを使い分けながら、生産性が高まる方法を従業員ひとりひとりが主体的に選択していく、「Hybrid Working Style」を提案・推進しています。