1. Supershipグループ
  2. Supershipグループ 採用情報
  3. Supershipグループ の求人一覧
  4. プリセールス(データ分析基盤)

プリセールス(データ分析基盤)

  • 正社員

Supershipグループ の求人一覧

プリセールス(データ分析基盤) | Supershipグループ

業務内容

当社が展開する企業のデジタルトランスフォーメーションのための統合型データサイエンスサービスにおいて、導入のリードから導入後のデータ活用を促す、プリセールスを募集します。

サービスについて

https://databricks.supership.jp/

Supershipではこれまで、企業のデジタルトランスフォーメーションをサポートするため、DMP、データマネジメントシステム、マーケティングプラットフォーム、事前・事後データ分析などのサービスを提供してきました。
こうした動きをさらに加速させるため、現在はDatabricks社とも連携し、シームレスなデータパイプラインや分析環境の構築を実現し、データサイエンティストによる処理業務の大幅な工数削減を見込むことができる統合型のデータサイエンスサービスを開始しています。

主な仕事内容

本サービスにおいて、ご導入いただくクライアントと、社内エンジニア・データサイエンティストの間に立ち、デリバリーを推進していただくことを想定しています。

  • 統合型データサイエンスサービスの提供における導入時の要件定義からデリバリーまでの一連の推進
  • サービス導入後の利用促進、カスタマーサクセス

エンジニアリングとデータ活用に関する知識を両面から身につけることができるポジションで、クライアントの声を直接聞きながら、サービスの提供価値を上げることにコミットしていただくことができます。
今後よりニーズの高まるデジタルトランスフォーメーション(DX)において最先端の知見を得ることができます。

技術スタック

  • Infra:AWS(EC2, ECS, ECR, Lambda, S3, Athena)
  • 言語:Python
  • DWH:Redshift, Hive, Snowflake
  • その他:GitHub, CircleCI, Redash, Databricks

必須経験・スキル

  • SQLの実務経験
  • 何らかの言語を利用したアプリケーション開発経験

尚可経験・スキル

  • Pythonの経験がある方
  • 機械学習に興味のある方
  • DWH / MAツールを含めたデータの取扱いに関する基本的な理解

求める人物像

  • 社内のビジネスサイドやクライアントとのコミュニケーションを円滑に行えるマインド、ご経験
職種 / 募集ポジション プリセールス(データ分析基盤)
雇用形態 正社員
給与
応相談
※経験、業績、前給を考慮の上決定
※半期年俸制のため年俸を12分割して毎月支給
勤務地
  • 105-6427  東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
    地図で確認
 
就業形態
専門業務型裁量労働制(フレックスタイム適用の場合あり)
勤務時間
10:00〜19:00(休憩1時間)
※1日のみなし労働時間8時間
休日・休暇
休日:土日、祝日、年末年始、Happy Friday(土曜日と祝日が重なった場合前日の金曜日が休日)
有給休暇:初年度最大15日付与(入社時支給)
特別休暇:慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、Happy Monday(毎週月曜日は午前有給)、アニバーサリー休暇
待遇・福利厚生
試用期間:入社後3ヶ月
昇給:年2回(5月、11月)
社会保険:KDDI健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
交通費:出社日数に合わせて実費支給
その他:在宅勤務手当、KDDI持ち株制度、慶弔見舞金制度、確定拠出年金制度
会社情報
会社名 Supershipグループ
設立年月日
2014年10月
本社所在地
〒105-6427
東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー27階
事業内容
Supershipグループは正確かつ膨大な量を誇るデータと、そのデータを使いこなすためのテクノロジーをもとに、データコンサルティング、DMP提供、AI構築、広告配信プラットフォームの提供を行うことで、企業のデジタルトランスフォーメーションをワンストップで実現します。
グループ会社一覧
Supershipホールディングス株式会社
Supership株式会社
Momentum株式会社
DATUM STUDIO株式会社
ちゅらデータ株式会社
株式会社UltraImpression(関連会社)
働き方/リモートワークについて
Supershipグループではオフィスとリモートワークを使い分けながら、生産性が高まる方法を従業員ひとりひとりが主体的に選択していく、「Hybrid Working Style」を提案・推進しています。