1. 株式会社TBM
  2. 株式会社TBM 採用情報
  3. 株式会社TBM の求人一覧
  4. 資源循環ビジネス|新規事業開発・デジタルプラットフォーム構築

資源循環ビジネス|新規事業開発・デジタルプラットフォーム構築

  • 正社員

株式会社TBM の求人一覧

業務概要

仕事内容

国内外での資源循環の仕組みを促進するため、以下いずれかの業務をお任せいたします。

[1]プラスチック再生材料の売買におけるデジタル化推進・プラットフォーム構築
・デジタルプラットフォームのPdMとして、グランドデザインおよび開発ベンダーとの連携を通じたプロダクト開発
・社内のプラスチック再生材料のマッチング推進部門(CirculeX事業本部)との連携を通じた取引先との連携
・プロダクトローンチ後のKPI設計および施策の企画・推進

[2]リサイクルプラントの運営を通じた大規模資源循環のスキーム構築
・国内リサイクルプラント展開戦略の立案、実行
・新規リサイクルプラントの事業モデルや収益モデルの策定
・用地選定や自治体からの許認可取得に向けた交渉、推進
・リサイクルプラント運営に関する設備、物流、不動産事業者等の事業パートナーとの折衝およびアライアンススキーム構築

[3]上記に当てはまらない資源循環にまつわる新規事業企画および実務推進
・toC向け新規事業企画および実務推進
・国外におけるリサイクルプラント展開戦略の立案、実行
・他社とのアライアンスを通じた資源循環にまつわる新規事業の企画および実務推進 等

仕事のおもしろさ・得られる経験

弊社の事業環境は、ESG投資やSDGs推進、脱炭素化やプラスチック対策に向けた社会の様々な動きが追い風になっています。外部環境・競合動向も目まぐるしく変わる中で、顧客のニーズに対して価値提供を行い、ビジネスとして収益を上げながら地球環境に貢献することを両立しうることが、弊社での仕事の特徴です。世の中のインフラである素材によって、社会的に大きなインパクトを自らの手で生み出す事ができますし、国内最大級かつ前例のない規模の資源循環ビジネスを推進することで世界的に問題となっている資源枯渇問題に貢献することができます。また、事業成長に伴い組織が急拡大する中で、経営者視点に立ち、会社全体を自分ゴト化し、創業者と共に組織づくりに携わる機会があります。

新規事業(資源循環ビジネス)について

LIMEXや廃プラスチックを再生利用し、国内外での資源循環を推進する事業です。世界全体で高まる資源再生やプラスチック代替素材へのニーズに応えるために、これまで焼却されていたプラスチックやLIMEX製品をモノからモノへ生まれ変わらせることで、CO2排出量や天然資源(石油)の消費を抑制します。また弊社では、資源循環スキームの社会実装だけではなく、使用済みの弊社新素材や廃プラスチックを再生する国内最大級のリサイクルプラントを立ち上げたことで、国内最大規模での資源循環を実現しています。今後は国内のみならず、廃プラスチックの不法投棄や海洋流出問題が顕著な東南アジアなどの諸外国にも、日本国内で培った資源循環スキームを早期に展開していくことを計画しています。

国内における資源循環の現状

プラスチックは私たちの生活に必要不可欠な素材です。しかし近年、「海洋プラスチックごみによる海洋汚染」や「CO2排出量の増加による気温上昇」といった問題により、焼却するのではなく、モノからモノに生まれ変わらせる資源循環の必要性が高まっています。ただ国内においては年間に排出される廃プラスチックの約70%が、焼却して熱エネルギーを回収する「サーマルリサイクル」もしくは単純焼却によって処理されています。背景として多くの事業所や工場が各地に散らばっているため、ラストワンマイルの物流コストが大きく、資源循環の経済合理性にハードルがあります。また、製品を提供する会社と、廃棄やリサイクルをする会社が異なる点も、資源循環が進まない要因の一つです。この状況を打破するために、2022年4月1日より「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が施行され、今後はモノからモノへと生まれ変わらせることで資源を循環させるマテリアルリサイクルへの転換がより一層強く求められることになります。

ミッション

マテリアルリサイクル率をいかに高めていくか、が部門のミッションとなります。その中で、資源循環を促進する新規事業の事業開発をお任せいたします。業務の一例として、自治体や企業と資源循環に向けた新規事業スキーム・収益モデル検討に向けた、連携、提携推進のためのアライアンス、資源循環を促進するデジタルプラットフォームの開発や展開推進など役割は多岐に渡ります。

TBMの事業フェーズ

2015年2月に竣工した国内第一プラントである白石工場に続き、2021年2月には国内第二量産プラントである多賀城工場が竣工し、本工場で製造される弊社製品はより高い環境性、経済性の両立を図り、製品の競争力の向上が見込まれています。また、2022年11月には、神奈川県横須賀市に国内最大級のリサイクルプラントが竣工。これにより市中に出たLIMEX製品およびプラスチックを回収・自動選別・再生利用を行うマテリアルリサイクルが可能となり、より付加価値の高いソリューション(回収まで含めた提案etc)を提供することが可能です。

募集要件

必須要件

下記いずれかのご経験をお持ちの方
・現場に入り込んで新規事業開発や事業企画を実務推進された経験
・営業、新規事業開発、アライアンス業務において、実績を出された経験

求める人物像

・企業理念体系 TBM Compass(Mission/Vision/Values)に共感する方
・何百年も続くような事業/会社創りに挑戦したい方
・日本発の技術/仕組み/価値観をもって地球規模に挑戦し、一緒に大きな感動を得たい方

勤務時間

・9:00-18:00(休憩60分含む)

休日・休暇

土曜、日曜、国民の祝日、年末年始(12/30~1/3)
※年間休日120日
※TBM CAMP(工場勤務者以外の正社員、契約社員を対象に実施するオフサイトミーティング)実施のため、年に1回、休日出勤日(2023年は7月8日予定)があります。

想定給与

・日給月給制
・経験、スキル、ポテンシャルを考慮し決定
・2回改定/年 ※人事評価次第で昇降給

職種 / 募集ポジション 資源循環ビジネス|新規事業開発・デジタルプラットフォーム構築
雇用形態 正社員
給与
応相談
経験、スキル、ポテンシャルを考慮し決定
勤務地
  • 100-0006  東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル15階
    地図で確認
 
選考フロー
選考フローは、「応募→書類選考→面接(複数回)→オファー」の順に実施させて頂きます。SPIを選考の中で受検いただきます。※1※2
※1.SPIはポジションにより受検不要の場合がございます
※2.選考の中でリファレンスチェックを受検いただく可能性がございます
会社情報
会社名 株式会社TBM
会社概要
TBMは、SDGsの広がりや世界全体で気候変動や資源枯渇問題の深刻化が懸念される現在、サステナビリティ(持続可能性)を経営の根幹に据えて、環境配慮型の素材・製品ビジネスや資源循環ビジネス等を通じて、脱炭素と循環型社会の形成を目指すスタートアップです。数少ない日本のユニコーン企業*として、サステナビリティのビジネス領域でグローバルのトップ・プレイヤーになることを目指しています。

TBMが開発した枯渇リスクの低い石灰石を主原料する新素材「LIMEX」は、SDGsや環境意識、プラスチック代替素材へのニーズの高まりを背景に、プラスチックや紙に替わる第三極の素材として国内外で成長しています。これまでCOPやG20の国際会議、海外メディア、カンブリア宮殿等のメディアで紹介される他、国内の大手企業、グローバル企業など10,000以上の企業や団体で採用(事業所登録数含む)されています。また、自治体や民間企業と連携したリサイクルの実績も多数存在しており、2022年には使用済みLIMEXとプラスチックを自動選別、再生できる国内最大級のリサイクルプラントを完成。グローバル展開でも、海外での現地法人やJVを設立、海外の成形メーカー大手の販売契約を締結等、成長産業であるスタートアップの歴史に一石を投じています。

*…時価総額 1,000 億円超の未上場企業(内閣官房「スタートアップ育成5か年計画」)
 …2023年⽇本経済新聞「NEXTユニコーン調査」において、TBMは企業価値ランキング7位(推計企業価値1,344億円)
取締役会長
角 祐一郎(日本製紙株式会社 元専務取締役)
著書に「紙の科学」
代表取締役 CEO
山﨑 敦義
設立年月日
平成23年8月30日
本社
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル15F
テクノロジーセンター
〒116-0001 
東京都荒川区町屋1-38-16 Jプロ町屋ビル2F 
西日本オフィス
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー20F
東北LIMEX工場
〒985-0874
宮城県多賀城市八幡字一本柳117番13
横須賀サーキュラー工場
〒239-0832
神奈川県横須賀市神明58-9
資本金
1億円(資本準備金含み、120億3546万円 / 2023年12月末時点)
社員数
313名(うち正社員 277名 / 2023年12月末時点)
組織の特徴
・外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど多様な経営メンバー及びチームで構成
・平均年齢 38.1歳
・女性比率 26.5%
(2023年11月末時点)

●TBMの人づくりコンセプト
「Circular People Management」
自ずから(おのずから)感動が連鎖する場を創造し続けることです。
TBMは、TBM Compassを羅針盤に、周囲の方に感謝し、メンバー一人ひとりの挑戦と感動が連鎖する組織風土を大事にしています。

●TBMの社員インタビューや事業に関する情報発信メディア
Times Bridge Mediaはこちら
https://www.media.tb-m.com/
TBM公式noteはこちら
https://note.com/limex_tbm

●TBMのファンの声が集まる特設サイト
TBM FAN ACTIONはこちら
https://fan.tb-m.com/

●Vision Bookはこちら
https://tb-m.com/pdf/TBM_VisionBook.pdf
事業内容
環境配慮型の素材開発及び製品の製造、販売、資源循環を促進する事業等
社内制度
――― 福利厚生 ―――
●住宅手当・家具移転費補助(支給条件有)
●Memorial Gift(結婚・出産のお祝い事には5万円支給) 
●通勤手当(上限3万円)
●3日間の入社時特別休暇付与(取得条件有)
●時短制度(適用条件有)
●表彰制度(毎月実施しているAwardにて受賞者に報奨金支給 ※支給額は賞によって異なる)

――― インナーコミュニケーション ―――
●CAMP(会社の方向性を理解し、自分自身の視座/視点/視野をアップデートするオフサイトミーティング 1回/年)
●Same Boat Meeting(全メンバーがTBMをつくる一人であるという自覚を持ち、新たな行動に繋げるミーティング 1回/月) 
●部門別CAMP(部門/チーム別に、業績目標の達成や計画策定/目標設定に繋げることを目的としたオフサイトミーティング 1回/年)
●Bridge Meeting(新卒による組織開発の推進) 

――― 成長支援への取り組み ―――
●架橋塾 (社長・経営陣からTBMのDNAを引き継ぎ、成長する視点や視座を学びアップデートし続ける場)
●経験者オンボーディング(入社後3日間の研修プログラム、入社後3週間および四半期終了後1週間のタイミングでStartupプレゼンを実施) 
●新卒オンボーディング (入社後1ヶ月間の研修プログラム、トレーナー制度/バディ制度あり) 
●新卒キャリア希望申告制度(研究部門を除いて、新卒は原則「5年間」で「2部門」を経験)
●1on1(上長と隔週で実施)
●サステナビリティ研究会(希望するメンバーがサステナビリティについて学び合い、実践に落とし込むための場)
●Library (社内共用本棚) 
受動喫煙防止措置の状況
本社:オフィス内禁煙
テクノロジーセンター:オフィス内禁煙(喫煙室あり)
東北LIMEX工場:オフィス内禁煙(屋外喫煙場所あり)
横須賀サーキュラー工場:オフィス内禁煙(屋外喫煙場所あり)