1. 株式会社東京ニュース通信社
  2. 株式会社東京ニュース通信社 採用情報
  3. 株式会社東京ニュース通信社 の求人一覧
  4. 東京ニュース通信社2020年度定期採用(専門職)

東京ニュース通信社2020年度定期採用(専門職)

  • 専門職(正社員または契約社員)
  • 正社員

株式会社東京ニュース通信社 の求人一覧

東京ニュース通信社2020年度定期採用(専門職) | 株式会社東京ニュース通信社

当社の事業

●出版
TVガイド、デジタルTVガイドなど、テレビ情報誌の発行、B.L.T.、TV Bros.などの芸能・エンタメ系の情報誌の発行、写真集、カレンダーの出版、書籍の発行

●新聞ラ・テ配信
全国約100紙の新聞社へ「新聞ラジオ・テレビ欄」を配信

●受注制作
主に声優アーティストがライブ会場で物販するツアーパンフレットの企画、編集・製作

●カスタム出版・販促ツール
番組表・解説記事・特集記事などを使い、様々な企業の販促ツールなどを受注・制作

●有料多チャンネル向けサービス
ケーブルテレビ局様向けに番組ガイド誌を制作、EPGデータ、Web用番組情報の提供

●商品開発
当社商品情報サイト「TOKYO NEWS magazine&mook」や特定の商流を活用し、自社コンテンツ販売、独自商品の企画、開発、販売

●デジタル事業
テレビ情報誌連動サイト「インターネットTVガイド」「B.L.T.Web」、SNSや動画などのWebメディアの展開、他社運営メディアへのデジタルコンテンツ配信

●キャスティング事業
半世紀以上にわたる芸能プロダクションとの関係を活かしたキャスティング事業や、自社社員をテレビなど他社メディアへ文化人として出演ブッキング

2020年定期採用(専門職)

東京ニュース通信社はTVガイド等の出版のみをしている会社ではありません。

新聞各紙のラジオ・テレビ欄の作成や他社運営メディアへのデジタルコンテンツ配信などの業務も行うエンターテインメント情報の総合商社なのです。

今後、様々な分野で新たな挑戦を行っていく上で、現在会社の基盤としての事業を充実させていくことは欠かせません。専門職コースでは、東京ニュース通信社の事業を支える新聞のラ・テ欄の制作業務を行ってくださる方を募集いたします。

出版と比べると地道な作業になりますが、多くの読者が目にする紙面作成にかかわる重要でやりがいのある仕事です。特に校正の勉強をしている人やそういった作業に興味がある方におすすめの職種です。

配信事業について

皆さんも一度はその日のテレビやラジオの番組表やその日のテレビ番組のあらすじや見どころが載っている新聞の「ラ・テ欄」と呼ばれる面を見たことがあるかと思います。

実は「ラ・テ欄」は新聞社が作っているわけではありません。新聞に載っているものの多くは、地方局を含めた約300局以上の放送局から番組の情報を一度当社に送っていただき、行数や文字数など各新聞社既定の形に当社でデータを加工して各新聞社へ送信しています。そのデータが次の日、新聞の一部となりお客様の手に届いています。

この事業は1973年に初めて新聞社へラジオ・テレビ欄の配信を開始してから、昨年で45年を迎えました。
現在では、ラジオ・テレビ番組表および番組情報を全国の100社を超える加盟新聞社(クライアント)に提供(配信)しています。東京だけでなく福岡にも拠点を持ち、もしもの時にも安定した情報提供が可能なシステムを整えているのが当社のラ・テ欄配信事業の⼤きな特徴です。

「配信」と聞くと音楽や動画配信という一般ユーザーの方への事業だと思われがちですが、放送局と新聞社をつなぐ橋渡し的な事業と言えます。

仕事紹介

今回募集する部署の業務は、放送局から毎日FAXやメールで送られてくる本日以降の番組情報を、番組表を制作する専用端末(デスクトップPCのようなもの)を使用して入力していくことが主な仕事となります。

翌日の朝刊分の番組表データについては、毎日14時から約1時間ごとに最新のデータを新聞社に送信しており、途中で大きな事件などが起こって番組情報が変更になった場合には情報を更新して最新のデータを提供しています。各担当の放送局ごとにチームを組み、土日もシフトを組んで対応しています。

放送局から送られてきた情報をそのまま入力すればいいのではなく、内容が本当に正しいものなのかの事実確認を行います。人の名前や重大な事故や災害などでの被害者の数など本当に正しいかということを公式の発表から確認し、正確な情報を入力します。また、各新聞社によって使用できない漢字や表現があります。そういった場合には放送局にその旨を説明して違う漢字や表現に変更してもらうように交渉します。

新聞という生活の一部となっているものに関係する仕事なのでミスは許されません。朝刊用のデータについてはあらかた3日前には完成しており、間違いがないか校閲するために、完成したものを部員同士で声に出して読み合う「読み合わせ」を何度も行います。

また、当社から発行しているTVガイドに掲載されている番組表についても作成しており、新聞社用のデータ作成だけでなく並行して様々な媒体の番組表を制作していますので自分の中で優先順位をつけて業務を効率的に進めていくことが求められる仕事です。

主な一日の流れ

10:30…出社

11:00…FAXやメールを確認し、情報に変更があれば内容を入力。

13時に夕刊のデータ送信があるのでそれまでにデータを完成させる。

14時に次の日の朝刊の第一データ送信があるため、作成している内容に変更があれば入力。

作業が終わっていれば次の日以降の番組表を情報が分かっているところから入力。

13:30…お昼休み

次の日の朝刊の第一データ送信が14時にあるため、データを作成して休憩します。

14:30…午後の作業開始

翌日の朝刊用のデータに変更があれば更新。

データを送る前には間違いがないのか読み合わせを行います。

並行して自社媒体の番組表データや翌日以降の番組表データの作成を行います。

20:30…翌日の朝刊用のデータの最終送信を行います。 

翌日以降の準備などが終われば帰宅です。

東京ニュース通信社の特色

●東京ニュース通信社では、部署によって働き方が違い、フレックスタイム制、裁量労働制、育児時短勤務という様々な働き方をしています。年末の繁忙期など以外は、自分で裁量を持って働く事が出来る環境です。

●休暇は完全週休二日制(土曜、日曜、祝日)です。ただし、土日祝日に出勤となった場合は、振替休日を取得することができます。有給休暇は入社後3カ月で4日、半年で6日付与され毎年付与されます。また、夏季リフレッシュ休暇や年末年始休暇、慶弔休暇もございます。

●健康保険、厚生年金、企業年金基金、雇用保険、労災保険など社会保険も完備しています。

●軽井沢にテニスロッジも所有しており、申請すれば誰でも使用できます。

●社員研修制度では、一人一人のモチベーションアップに繋がる研修セミナーがあります。OJTだけではなく、OFF-JTで学ぶ環境が整っています。

●女性が約半数在籍しており、産前産後休暇、育児休暇、育児時短勤務などを利用して働いている人も多数います。

募集について

専門職(職種限定)とは

入社後には配信事業を行っている部署への配属となります。異動はありません。

募集対象

短期大学卒(全学部・全学科)

専門学校卒(全学部・全学科)

高専卒(全学部・全学科)

上記を2012年~2019年に卒業した方、2020年に卒業予定の方

求める人材

放送局から送信されてきた情報をただ入力するのではなく、少しでも読者に読みやすいものにするためにチームで協力したり、放送局の担当者と相談したりします。その中で的確に説明したりコミュニケーションを取っていく力が必要になります。

また、ニュースで使うような用語からバラエティーで使うような用語まで様々な言葉に接する仕事です。色々なメディアやTV、今社会で起きていることに興味があると、さらに楽しく仕事ができると思います。

あまり聞いたことのない仕事だと思いますが、とてもたくさんの方に見られているものを作成する重要な仕事です。皆さまからのご応募お待ちしております。

応募の流れ

このフォームにあります「応募する」にて下記を記入してください。
・氏名
・学校名(学部)
・連絡先(電話番号、メールアドレス)

 上記を送って頂くことでプレエントリーとします。

プレエントリーいただいた方へ、3/4(月)以降に順次エントリーシートを添付したメールをお送りします。

まずは「応募する」からプレエントリーをお願い致します。

選考プロセス

プレエントリー締切

4/26(金)17:00

エントリーシート提出締切
5/7(火)

※募集期間延長いたしました。

会社説明会
開催予定あり
プレエントリーいただいた方に詳細をお送りいたします。


一次選考面接 (面接+SPI適性検査)
5月中旬~6月上旬(予定)

最終選考面接
6月中旬(予定)

内定

6月下旬(予定)

職種 / 募集ポジション 専門職(正社員または契約社員)
雇用形態 正社員
給与
月収
(2018年4年制大学卒実績)

賞与支給制度あり
勤務地
東京、福岡
休暇
完全週休2日制 ※土曜日、日曜日、祝日

ただし、当番制で土曜、日曜、祝日に出勤する場合あり
勤務時間
所定労働時間︓9︓30-18︓30(休憩60分/8時間00分)
※部署により専門業務型裁量労働制、フレックス制を採⽤しております。
福利厚生
健康保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険、労災保険、新⼊社員研修
採用選考の流れ
会社説明会
↓
一次選考面接(面接+SPI適性検査)
↓
最終選考面接
↓
内定
会社情報
会社名 株式会社東京ニュース通信社
代表者
代表取締役社長 奥山 卓
本社所在地
〒104-8415
東京都中央区銀座7-16-3 日鐵木挽ビル6階(受付)
創業
1933年10月24日
設立
1947年3月20日
資本金
4,680万円