1. トレンドマイクロ株式会社 採用情報
  2. トレンドマイクロ株式会社 の求人一覧
  3. マーケティング職 インタビューVol.1

マーケティング職 インタビューVol.1

  • マーケティング職
  • 正社員

トレンドマイクロ株式会社 の求人一覧

マーケティング職 インタビューVol.1 | トレンドマイクロ株式会社

■「この会社の“人”たちと、セキュリティを究めたい」

「この会社の“人”たちと、一緒に仕事をしてみたい」。このように思い、入社を決めました。 

以前はコンピュータメーカーで、サーバやロードバランサ、ファイアウォール、プロキシなど、主に企業向けのネットワークやセキュリティ 製品に関わるプロダクトマーケティングを担当していました。当時は、アライアンスパートナーの立場でトレンドマイクロの営業担当者と仕事をしていました。

その際に、コミュニケーションする相手の真の要望を汲みとり、ソリューションを提案するトレンドマイクロ社員の姿に、人としての魅力を強く感じました。私は、『その人と一緒に働きたいかどうか』という点で会社を選んでいます。その他、世界トップクラスのセキュリティ専門企業で自身を高めたいとも考えていました。これらが入社を決意した理由です。


入社面接も非常に印象的でした。私の質問、全てに面接官が明確に答えてくれたことで、この人とも一緒に働いてみたいと感じ、入社を決意しました。

■創意工夫を尽くして、企業ビジョンの実現を目指す

トレンドマイクロ入社後は、マーケティング部門でPR業務を担当しています。

当社のビジョンである「デジタルインフォメーションを安全に交換できる世界の実現」を目指し、企業や個人を狙うサイバー攻撃に関する啓発活動などを通じて、一人でも多くのサイバー攻撃による被害者をなくす為の活動をしています。セキュリティの重要性を世の中に発信していく意義は大きく、そこに当社のPRのやりがいがあると実感しています。

■ボーダーを設けずに、新しいChangeへの挑戦を

当社のPRグループは、新規サービス企画担当、広告代理店、私のようなコンピュータメーカーのプロダクトマーケティングなど過去に様々な経歴を持つメンバで構成されています。つまり、必ずしも広報の経験があることは採用条件にはしていません。

当社のPRグループで重視している項目はいくつかありますが、その一つが「Change」です。セキュリティ業界は数か月前まで常識だったことが常識ではなくなることがあります。新しい脅威、環境、技術などによってめまぐるしく変化があるためです。そのため、当社のコアバリューである「3CIT」のひとつ「Change(変化)」を、私は特に重視しています。トレンドマイクロは「Change」を続けることで、セキリュティ対策のフロントランナーとして成長してきました。

この精神を受け継ぎ、どこまでも新たな「Change」への挑戦を続けたいと志向しています。どのような広報活動を企画・実行するかは担当者が自ら立案、推進することができるため、創意工夫を尽くして新たなチャレンジに挑めます。自ら「Change」を楽しめる人にぜひ入社していただき、活躍してほしいと期待しています。

マーケティングコミュニケーション本部 カンパニーマーケティング部
パブリックリレーションズグループ グループ長 高橋

職種 / 募集ポジション マーケティング職
雇用形態 正社員
給与
応相談
勤務地
 
会社情報
会社名 トレンドマイクロ株式会社
代表取締役社長(CEO)
エバ・チェン
東京本社所在地
東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
設立
1989年10月24日
資本金
183億8,600万円(2017年12月31日付)
事業内容
コンピュータ及びインターネット用
セキュリティ関連製品・サービスの開発・販売
社員数
5,970名(2017年12月31日付)
売上高
1,488億1,100万円(2017年12月31日付)
海外拠点(トレンドラボ)
フィリピン(本部)、 米国、 日本、 台湾、 ドイツ、 アイルランド、 中国、 フランス、 イギリス、 ブラジル、 シンガポール
開発拠点
日本、 米国、 カナダ、 ドイツ、 アイルランド、 フランス、 英国、 台湾、 中国、 インド、 オーストラリア、 ブラジル
海外子会社
米国、 カナダ、 アイルランド、 フランス、 ドイツ、 イタリア、 英国、 スイス、 オーストラリア、 中国、 中国(香港)、 インド、 韓国、 マレーシア、 シンガポール、 台湾、 タイ、 ブラジル、 メキシコ、 パナマ、 オランダ、 コロンビア
海外主要エリア
ニュージーランド、 ベルギー、 デンマーク、 UAE(ドバイ)、 ノルウェー、 ポーランド、 スペイン、 スウェーデン、 トルコ、 ロシア、 インドネシア、 ベトナム、 フィリピン、 エジプト、 サウジアラビア、 南アフリカ、 フィンランド