1. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)
  2. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) 採用情報
  3. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) の求人一覧
  4. Business Development Manager (SPEEDA Southeast Asia)

Business Development Manager (SPEEDA Southeast Asia)

  • Business Development Manager (SPEEDA Southeast Asia)
  • 正社員

株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) の求人一覧

Business Development Manager (SPEEDA Southeast Asia) | 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)

パーパス

ユーザベースグループは、 経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる をパーパスに掲げ、データ・コンテンツ・人の知見という3つのコアアセットを共同活用した複数の事業を展開しています。

それらを通して、世界中のビジネスパーソンの生産性を高め、意思決定を支える。日本発のデファクトになる経済情報インフラづくりを目指し、世界を変える挑戦を続けています。

SPEEDA South East Asia Divisionとは

SPEEDAは2013年にアジアに進出しました。今回の採用組織であるSPEEDA South East Asia Divisionは、東南アジアを中心とした各国でのSPEEDA事業を担っています。現在も現地での独自サービスも展開していますが、これをさらに進化させることを通じて、現地の顧客にとって圧倒的な”Must Have”なサービスとなることを目指しています。また、拠点はシンガポールとスリランカに構えており、メンバーの国籍も、シンガポール、マレーシア、スリランカなど、非常に多様です。メンバーがチームを超えて一体となり、様々な顧客(現地企業、日系企業、多国籍企業)の東南アジアにおける事業成長を支援しています。

東南アジア版SPEEDAのご紹介

組織構成

■Japan Desk Team(本ポジションの配属先)
東南アジアにおける日系企業向けSPEEDA事業を拡大することがミッションです。

①新規開拓:マーケット認知を上げるためのマーケティング活動やコミュニティ運営を通じ、顧客接点を創造し、新規契約を増加させる。
②既存顧客深耕:トップマネジメントとの関係構築から、SPEEDAユーザーのより良いご活用支援まで、SPEEDAをご導入頂いた意図通りの成功を得られるよう、伴走型で支援。③事業開発:徹底した顧客理解を元に、さらなる顧客価値提供に向けた超具体的な開発テーマを定め、他チームと連携し、サービスとして実装。

これらのミッションを、メンバーお互いの持ち味や意思を共有しながら、Q毎に最適なテーマ、フォーメーションを組みながら推進しています

■Local Markets Team
日系企業以外の顧客に対する事業拡大を担当。

■Customer Success Team
東南アジア全顧客に対するSPEEDAへの問い合わせ窓口、および、カスタマイズリサーチを担当。

本ポジションについて

入社後はSPEEDAの在東南アジア日系顧客向け営業として、主にタイとベトナムを中心に新規顧客の獲得に貢献いただきます。将来的には他の東南アジア諸国やインド市場も担当いただき、Japan Deskチームリーダーと共に新規顧客開拓の牽引いただきます。

業務内容

●SPEEDAの付加価値を一早く把握し、機械、化学、自動車、半導体など東南アジアの幅広い産業における見込み顧客を見極めることができる

●現地の経営層および事業戦略立案、営業企画、新規事業開発に従事する方々が描く事業成長の道筋を聞き出し、理解できる

●見込み客の描く事業成長の道筋をリサーチ要件に転換し、SPEEDAを提案することができる
見込み顧客に対し積極的にアプローチし(アウトバウンド)、デモセッション(オンラインまたは対面)を企画・主導し、顧客中心のアプローチで効果的にセールスをクロージングすることができる

●自身の月次および四半期目標の達成に向けて、パイプライン数の管理や見込み客とのクロージングタイミングの調整をすることができる

●四半期に一度の頻度で2週間ほどバンコク、ハノイ、ホーチミンに出張できる

参考記事

【参考記事】
▼本ポジション応募する際の「志望動機」において、大切にしていただきたい観点
「情熱を高め、幸せに仕事をするには」
OKRは最高の経営システムだ
SaaSは人生のウソをなくす。私がSaaSを好きな4つの理由

応募要件(必須)

●5年以上のB2B営業経験
※仮に営業経験が短くても、コンサルティング、銀行、リサーチなど他のセクターでの経験を有するセールスプロフェッショナルも歓迎。

●ビジネスレベルの英語力
※業務上、メールのやりとり、ミーティングにて英語を主体的に利用している
※TOEIC目安:860以上

応募要件(歓迎)

●タイ・ベトナムでの勤務経験または留学経験
●会計またはファイナンスの基本的な知識

求める人物像

●起業家精神とスタートアップ文化への情熱
●曖昧な状況でも柔軟に対応でき、かつ学習意欲が高い方
●高い問題解決能力(顧客のリサーチ要件の整理、契約ターム・価格交渉に活用)
●最小限の監督下で独立して業務を進めることができる
●自発的に行動し結果に対して責任を負うことができる
●顧客ニーズを製品改善に展開できる
●他のチームメンバーと円滑なコミュニケーションを図り、協力できる

※参考リンク※
・7つのバリュー/Uzabase
・31の約束/Uzabase

職種 / 募集ポジション Business Development Manager (SPEEDA Southeast Asia)
雇用形態 正社員
給与
年収
給与:ご経験と能力を踏まえ決定します
※年俸制ではございません(月給+賞与/年2回)
勤務地
・リモート可(但し、チームによってコアタイムやオフィス出社を設けています)
・出張有(四半期に一度の頻度で2週間ほどバンコク、ハノイ、ホーチミンに出張)
勤務時間
所定労働時間:8時間(コアタイムなしのスーパーフレックス制度)
休日・休暇
完全週休2日制(祝祭日、年末年始 等)
有給休暇(10日〜)、慶弔休暇
ロングバケーション制度(有給休暇とは別に、7日間連続の休暇を年に2回取得できる制度)
ベネフィット
PC支給
各種社会保険完備
交通費実費支給の選択制
就業場所における屋内の受動喫煙対策
・受動喫煙防止措置:有り
・対策:執務スペースでの喫煙禁止、喫煙は別途設置の喫煙専用室でのみ可とする
・特記事項1:喫煙専用室設置(オフィスビル内共用)
・特記事項2:喫煙可能区域での業務なし
会社情報
会社名 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)
代表者
稲垣 裕介、佐久間 衡
設立
2008年4月1日
従業員数
1056名(2023年12月31日時点)
主な事業①
■ SPEEDA
SPEEDAは、ビジネスにおける情報収集・分析の課題を解決するプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、専門家の知見などあらゆるビジネス情報をカバーしています。事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど1700社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定など様々なシーンで活用されています。

■ NewsPicks
NewsPicks は、The Wall Street Journal や The New York Times などの国内外 100以上のメディアのニュースのほか、NewsPicks 編集部が作成するオリジナル記事も配信するソーシャル経済メディアです。各業界の著名人や有識者が投稿したコメントと共に、多角的にニュースを読み解くことができます。

■ FORCAS
FORCAS(フォーカス)はB2B事業向け顧客戦略プラットフォームです。独自の企業データベースと顧客データを統合・分析し、より精度の高い営業戦略やABM(アカウントベースドマーケティング)の実行をサポートします。
主な事業②
■ INITIAL
スタートアップ情報プラットフォームとして、多数のメディアで引用される国内スタートアップ資金調達動向や独自のスタートアップ成長モデルなどを公表しています。法人向け有料版サービス「INITIAL Enterprise」は、国内および海外のスタートアップ120万社超を収録するスタートアップ情報プラットフォームとして、VC・CVC・事業会社や金融・行政機関など400以上の組織で利用されています。

■ AlphaDrive
企業変⾰を推進するコンサルティング・ソリューションカンパニーです。人の可能性を軸とした新規事業開発・次世代⼈材育成・組織活性化支援に加え、ユーザベースグループのアセットを活用したSaaS開発を推進します。

■ MIMIR
ミーミルは「経験知に価値を与える」をミッションに掲げ、専門性を保有するエキスパートのデータベース開発や、知を集結し意思決定を支える法人向けサービスの開発、販売を行っています。
NewsPicksと連携した審査制エキスパートデータベース「NewsPicks Expert」の開発や、SPEEDAと連携した法人向けサービス「SPEEDA EXPERT RESEARCH」の開発販売を行っています。 「経験知」の価値を見極め、情報に価値を付与し、価値のある情報が流通する仕組みを構築していきます。