1. ビジョナル株式会社
  2. ビジョナル株式会社 採用情報
  3. ビジョナル株式会社 の求人一覧
  4. Cloud Business Office / CCoE

Cloud Business Office / CCoE

  • Cloud Business Office / CCoE
  • 正社員

ビジョナル株式会社 の求人一覧

【Visionalについて】

「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開しています。
「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指しており、また、事業承継M&A、物流DX、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げています。

部室紹介

【クラウドインフラグループについて】
クラウドインフラグループは、Visional全体の Cloud Native 化を推進し、その戦略を事業に適用するために Cloud Center of Excellence (CCoE) として存在しています。CCoE には大きく分けると Cloud Business Office と Cloud Platform Engineeringの二つの役割があります。Cloud Business Office はVisional全体の事業や他のステークホルダー(経営、セキュリティ、財務、法務、人事等)からの要求と、 CCoE が提供する Platform やVisionalとしてのクラウド戦略を連携させることが求められています。
一方で Cloud Platform Engineering はクラウド利活用に必要なガバナンスに準拠しながらクラウド推進を加速させるために、コード化された標準や環境を提供する役割を担います。この求人では 「Cloud Business Office」を共に作ってもらえる仲間を募集します。

  • Mission
    • CCoEとして、Visionalの持続可能性を上げ、失敗率を下げることを推進し続ける
  • Vision
    • CloudNative を実現する
    • クラウドにて高いアジリティとスピードを備えた状態
    • クラウドのコストが最適化された状態
    • クラウドガバナンスが満たされた状態
    • クラウドの最適なプラクティスが提供された状態
  • Value
    • Don’t Leave Issues
      • 課題と向き合い続ける
    • Make it Visible
      • 現状を正しく把握し、課題発見と健全な成長を促す
    • No Ops, More Code
      • エンジニアが開発と事業成長に注力できる環境を提供する

業務内容について

【クラウドに関係する非エンジニアリングタスクの遂行】
CCoE を遂行していく上で欠かせないのがクラウド利活用を効率的に行うための作業です。

  • AWS アカウント・Google Cloud プロジェクト管理
  • AWS アカウントや Google Cloud の 作成、削除、更新、台帳管理等の実施などクラウド環境その ものに対するマネージメント業務
  • クラウド利活用に必要な契約の締結・管理
  • クラウドベンダー窓口
  • AWS、Google Cloud 等との TAM 定例や Office Hour の実施
  • ベンダーから提供される勉強会の実施
  • コスト管理におけるインターナルフローの実施
  • クラウド予算の申請や費用実績の計上などの予実管理の実施
  • 社内外のコラボレーションハブ
  • クラウドに関する様々な問い合わせへの対応
  • 新規事業の相談窓口
  • 適切なメンバーへエスカレーションを含む

など

【経営・事業・セキュリティ・バックオフィスなどとの橋渡しとして重要なコラボレーションハブとしての役割】
事業のクラウドの活用状況を様々な観点で観測、改善を行っています。具体的にはコスト削減施策の提案や実施、CCoE で提供しているプラットフォームの活用や、レポーティングがあります。執行役員、CxOやユーザー、クラウドベンダーへのヒアリング、提案、レポーティング、施策の適用を行うため社内外の様々な部署や役割の人と並走し、Visional全体に関わる重要な意思決定を手助けします。

【クラウドに関する課題を発見し、それをクラウドの戦略に適用することで解決に導く】
横断組織として活動する上で最も難しいことは「正しい課題を発見すること」です。CCoE を推進する私たちにはたくさんのクラウドに関するデータが揃っています。現状ではまだそれを十分に活用できているとは言い難い状態です。発見された問題が本当に全社に適用することに価値があることなのか、を分析してはじめて横断部署として取り組むべき課題となります。

【業務遂行をする上で身に付くスキル】

  • クラウドを利活用する上で必要になる技術のキャッチアップ力
  • 課題の本質を見極める力
  • 地道な活動を確実に前進させ続ける力
  • 社内外に対して適切に考えの言語化をする力


【この仕事がキャリアに与えるインパクト】
Visionalには主力サービスであるHRサービスから、新規サービスとして新たに誕生したサイバーセキュリティ領域など、大小様々なフェーズのサービスが存在します。また、企業としても急成長を続けているVisionalは自分たちも変化をし続けることが当たり前の様に求められま す。何が企業にとって価値があることなのか、を常に考え続け、それを会社のクラウド戦略として適応することができる役割はとても希少です。 変化が大きいからこそ、その経験を活かしてクラウド戦略のプロフェッショナルとして多くの知見や 経験を得る機会を創造できると思います。

CCoE という世界的に注目されているものの、まだ明確な定義がないこの領域において、Pioneer の 一人として一緒に作り上げていくことは大きな経験となるでしょう。

【主な技術スタック】

  • インフラ
    • AWS, Google Cloud
  • モニタリング
    • Datadog
  • CI/CD
    • CircleCI
  • コード管理
    • GitHub
  • コミュニケーション
    • Slack, Zoom, Confluence, Jira, etc.

【これまでの活動事例紹介】

必須

  • 業務としての AWS/Google Cloud など Public Cloud の知見
  • 各ベンダーが提供する公式の資格のうちのアソシエイトレベルの理解力
  • 自ら考え、行動する積極性を持っている
  • 前向きに仕事に取り組む姿勢を持っている
  • コミュニケーションを積極的に行い、協調性がある
  • 技術スタックに記載した技術に精通した方

歓迎

  • クラウドセキュリティに関する知見
  • システムリスク管理、システム監査対応などの経験
  • IT全般統制/ガバナンス強化/リスク管理等の経験
  • IT全社統制、IT全般統制自己評価(J-SOX)経験
  • システム障害などの全社統制経験
  • システムリスク管理、情報セキュリティ、個人情報管理、災害時等危機管理(BCP)の制度構築および運用経験
職種 / 募集ポジション Cloud Business Office / CCoE
雇用形態 正社員
給与
非公開
賞与年2回支給
勤務地
 
会社情報
会社名 ビジョナル株式会社
代表者
代表取締役社長 南 壮一郎
本社所在地
東京都渋谷区渋谷 2-15-1 渋谷クロスタワー 12F
従業員数
1,466名(連結)
休日・休暇
土・日・祝日 年次有給休暇、慶弔休暇、夏季・年末年始休暇 特別休暇、アニバーサリー休暇、産休・育休 等
待遇・福利厚生
・各種社会保険完備 
・交通費実費支給(但し、上限5万円/月) 
・部活制度 
・オフィス内カフェ 等
参考記事
『Visionalを知る。ともに働く仲間のデータを紹介します』
https://blog.visional.inc/n/n3f84efc3cc64
『ALL VISIONAL』
https://blog.visional.inc/
『Visional Engineering Blog』
https://engineering.visional.inc/blog/
『Visional Designer Blog』
https://design.visional.inc/
プライバシーポリシー
Visional Groupの個人情報の取り扱いについては、下記をご参照ください。 
[採用応募時に取得する個人情報の取り扱いについて] 
https://www.visional.inc/ja/careers/privacyhandling.html
オフィス備考
原則禁煙(オフィスによりビル内に喫煙所有)