1. WAmazing株式会社
  2. WAmazing株式会社 採用情報
  3. WAmazing株式会社 の求人一覧
  4. 国内外の事業者とのキャンペーンから100万人の会員獲得を狙うマーケター募集

国内外の事業者とのキャンペーンから100万人の会員獲得を狙うマーケター募集

  • アライアンスマーケティング
  • 正社員

WAmazing株式会社 の求人一覧

国内外の事業者とのキャンペーンから100万人の会員獲得を狙うマーケター募集 | WAmazing株式会社

 採用背景

  • インバウンド需要回復後、3年で300万人の会員獲得を目標とするマーケティング
  • WAmazingサービスは、台湾・香港ユーザー向け中心に展開していますが、今後さらに事業を加速させるにあたり、マーケティング(新規ユーザー獲得、CRM、ブランディングなど)をより強化してまいります
  • そうした中、国内外の事業者とのアライアンスを推進し、協業を通じたユーザー獲得を主導いただける仲間を募集します

業務内容

WAmazingでは、外部パートナーとの戦略的なアライアンスを通じて、台湾・香港ユーザーの獲得を推進しております。
(これまでに台湾大手LCC「タイガーエア台湾」や、国内大手コンビニエンス「セブンイレブン」といった、国内外大手事業者とのアライアンスを続々実現させています)
アライアンスを通じて、台湾・香港ユーザーの獲得を加速させつつ、WAmazingの事業拡大、ブランド価値向上を実現いただくことを期待しています。

  • 国内外の事業者(航空会社や流通、旅行会社など)とのアライアンスの企画

  WAmazingが展開する各プロダクト(アクティビティ、宿泊、交通など)の特徴や計画・戦略を把握しつつ、効果的なアライアンス企画を策定しつつ、パートナー候補を検討する

  • アライアンス提携の可能性がある企業へのアプローチ、交渉

  交渉にあたっての提案資料作成、交渉、契約締結までの全てを担っていただきます

  • 企画実行における社内ディレクション、モニタリング(効果測定)、レポーティングなど

  実行にあたっては、社内のプロダクトマネージャーやエンジニア、デザイナーと連携しながら進めていく形となります

  • その他付随する業務全般  

応募資格

必須要件

  • インバウンド(訪日旅行)領域への高い関心・興味
  • デジタルマーケティングに関する実務経験3年以上
  • 以下両方の基準を満たす言語能力

  ・英語:ビジネスレベル以上、または中国語:ビジネスレベル以上

  ・日本語:ビジネスレベル以上(必須)
   ※海外への留学経験者なども歓迎です。

尚可要件

  • ビジネスレベルの英語力/中国語(英語/中国語を使用してのビジネス交渉が可能)
  • B2Cサービスにおけるアライアンス経験
  • 事業企画等の経験

求める人材像

  • 当社ビジョンに共感できる方 

 ーーーーーーーーーー
 「日本中を楽しみ尽くす、Amazingな人生に。」

  日本中を楽しみ尽くしてもらうために

  1.可能性がある産業や文化を掘り起こし、魅力を磨いて、価値を再構築します。
  2.様々なきっかけを創りだし、「驚き」と「感動」に満ちた出会いを提供することで、ヒトとコト、ヒトとヒトを繋ぎます。
  海、山、スノーリゾート、南国リゾート、歴史の面影を残す城下町、都会… 日本国内にはさまざまな観光・レジャー資源があります。
  「この世界に誇るべき多様性を持つ日本を、みんなにもっと楽しんでほしい。そして、地域や産業を元気にしたい」
  私たちは、既に顕在化している日本の魅力だけでなく、身近すぎて気づけないもの、パッと見ただけで良さが伝わらないものも再発見し、磨き、提案・発信することで、世界中の人たちが「日本を楽しみ尽くす」きっかけを与え続けます。
 ーーーーーーーーーー

  • 知的好奇心を持って自己研鑽にも積極的に取り組むことができる方
  • 圧倒的な当事者意識を持ち、自身の業務のみに囚われず、率先して仕事を巻き取りに行けるか方
  • 外国籍スタッフも多く活躍する多様性のある組織において、チームで行動する意識を持ち、常に謙虚かつ仲間への信頼・尊敬の気持ちを忘れずに業務に邁進できる方
  • 変化を恐れず楽しめる方

  ・不確実性の高い環境で、受け身の姿勢ではなく、自ら積極的かつ前向きに行動していけるか
  ・会社の方針や環境変化などに動じることなく、自らをアジャストしていけるか  

職場環境について

  • WAmazingが対象とするユーザーは訪日外国人(台湾・香港メイン)ということもあり、社内では外国籍スタッフも多く活躍しています
  • 当社では、外国籍スタッフの割合が全体の約40%を占めており(主に台湾・香港・中国出身者)、社内の公用語は日本語ですが、中国語・英語も飛び交う環境で、風通しもよく、外国籍スタッフの定着率も非常に高いことが特徴です
  • マーケティングチームのメンバーは9名で(20代〜30代)、うち台湾出身が3名、香港出身が1名活躍しています
  • 急速に組織は拡大していますが、経営陣とも距離が近い非常にフラットな会社です
    ・フラットな組織にするために、役職者であっても「さん」付けやで呼んだり、役員含め互いに愛称(ニックネーム)で呼んでいます
職種 / 募集ポジション アライアンスマーケティング
雇用形態 正社員
給与
年収
・給与は、経験・能力等を考慮し、当社規定に基づき決定 ・ストックオプションあり
勤務地
※オフィスはありますが、事務処理専用の拠点となっており、従業員はフルリモートでの就労となっております
待遇・福利厚生
・交通費支給(出社した場合には実費支給)
・各種保険完備(厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険)
・エクセル、スプレッドシートなどのチーム内スキル研修有
・リファラル採用制度(紹介で入社・契約に繋がった場合には、紹介者へインセンティブを支給)
・ウェルカム休暇(入社時に即時3日分の特別休暇を付与)
休日・休暇
・土日祝日
・年次有給休暇
・慶弔休暇
・夏季休暇(1日)
・年末年始休暇
・特別休暇(Welcome休暇含む)
就業時間
全社一律フレックスタイム制(コアタイム:10:00-15:00)
会社情報
会社名 WAmazing株式会社
設立
2016年7月1日
本社所在地
東京都台東区三筋1-17-12長沼ビル201
従業員人数
95名 (パート・アルバイト含む)(2021年6月末時点)

【メンバーの出身企業例】
リクルートグループ、ヤフー、グリー、ディー・エヌ・エー、ランサーズ、ドワンゴ、レアジョブ、オロ、エニタイムズ、Uber Japan、オリックス、NTTコミュニケーションズ など
代表取締役CEO
加藤 史子

(略歴)
慶応義塾大学環境情報学部卒業後、1998年(株)リクルートに入社。「じゃらん.net」の立ち上げ企画開発、「ホットペッパーグルメ」の立ち上げ企画開発など、ネットでの新規事業開発に携わった後、国内旅行に関する調査・研究と地域誘客支援をする「じゃらんリサーチセンター」に異動。
「ビッグデータ分析による旅行者分析」や「若者旅行需要創出研究(雪マジ!19、マジ☆部)」など、様々な調査・研究プロジェクトを担当。
2016年7月に株式会社WAmazingを創業。国や県の有識者委員など、各種公職を兼任。
新日本有限責任監査法人が運営する、女性経営者表彰制度「EY Winning Women 2017」において、2017年を代表する女性経営者に選出。
取締役COO(最高執行責任者)
伊田 和哉

(略歴)
1998年4月株式会社リクルートに入社。自動車部門での営業・営業企画・商品企画を経て事業企画責任者となり、同部門の立て直しに尽力。KPIマネジメントをベースに売上・利益のV字回復を実現。分社化後は株式会社リクルートマーケティングパートナーズの経営企画部長、人事部長として同社のスタッフ部門を牽引。2016年4月より株式会社ロイヤリティマーケティングに出向し、経営企画・人事の担当執行役員として経営システムの再構築を手がけ、2017年12月に退職。現在はWAmazing株式会社にてCOOとして事業開発をリードしている。東京大学法学部卒業。
取締役CFO(最高財務責任者)
大内 昭典

(略歴)
2005年、日興シティグループ証券(現シティグループ証券)投資銀行部門に入社。新興企業のM&AやIPO主幹事引受に従事し、ライブドアのM&Aやアドウェイズ等のIPOを担当(計20社担当)。2010年、北京にある長江商学院へMBA私費留学をきっかけに中国に関わり始め、2012年、ORIX(China)Investment(北京)に入社、2014年、ORIX Asia Capital(香港)に異動。計6年間ORIXに在籍し、米中のスタートアップへの投資や香港上場企業への戦略投資等を担当し、海外投資の経験を積む。2018年9月にWAmazingへCFO候補として入社し、財務や中国事業開発を担当。2019年9月より取締役CFO兼中国事業責任者として資金調達と中国事業をリードしている。横浜国立大学経営学部会計・情報学科卒業、在学中に公認会計士第二次試験合格(会計士補)
CTO(最高技術責任者)
𠮷野 哲仁

(略歴)
SIer数社を経て2007年ヤフー株式会社入社。Yahoo!ショッピングのバックエンドエンジニアを努め、注文システムリニューアルなどのプロジェクトをリード。2013年、中国アリババ社に半年間出張し、淘宝・天猫のシステム/業務を学び、中国ビジネスのスピードと規模の大きさに刺激を受ける。その後、Yahoo!トラベル開発リーダー、アスクル株式会社への出向を経て、2016年に同社テクニカルディレクターに就任。ショッピング・トラベル・ダイニングサービスの技術責任者を務める。
2019年、WAmazingのビジョンに共感し、VPoEとしてジョイン。同年9月にCTO就任。
「インバウンドx地方事業者」をテクノロジーで繋げるサービス作りに挑戦している。
経営アドバイザー
朝倉 祐介

(略歴)
政策研究大学院大学客員研究員。
兵庫県西宮市出身。競馬騎手養成学校、競走馬の育成業務を経て東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京大学在学中に設立したネイキッドテクノロジーに復帰、代表兼CEOに就任。ミクシィ社への売却に伴い同社に入社後、代表取締役社長兼CEOに就任。業績の回復を機に退任後、スタンフォード大学客員研究員を経て現職。ラクスル㈱社外取締役。Tokyo Founders Fundパートナー。
資本金等
245,242万円(資本準備金等含む)

※累計約28億円の資金調達を完了し、事業展開を加速中

■WAmazingが、“共創パートナー”として大企業から選ばれ続ける理由とは
https://eiicon.net/articles/842

■シリーズA(総額約10億円)資金調達記事
http://thebridge.jp/2017/09/wamazing-raised-100m-yen

■シリーズB(総額約10億円)資金調達記事
https://jp.techcrunch.com/2019/05/28/wamazing-fundrasing-series-b/

■シリーズB’(総額約8億円)資金調達記事
https://www.atpress.ne.jp/news/237167
株主
東京急行電鉄
JR西日本イノベーションズ
JR東日本スタートアップ
山口キャピタル(UNICORNファンド投資事業有限責任組合)
ポーラ・オルビスホールディングス
キャナルベンチャーズ
ANRI
BEENEXT
SBIインベストメント
みずほキャピタル
Sony Innovation Fund
BEENOS
Bonds Investment Group
静岡キャピタル
三井住友ファイナンス&リース
住友商事
電通グループ
ギフティ
AZファンド2020
個人投資家
事業内容
【訪日外国人向け旅行サービス「WAmazing」の企画・運営】

2017年1月26日にリリースしたアプリ「WAmazing」は、近年急増中かつ今後の伸び幅も大きい訪日外国人旅行者と日本各地をマッチングするプラットフォームサービスです。 

創業以来、多くの著名なピッチコンテストにおいて優勝したこともあり、インバウンド銘柄の注目企業として知名度が高まっています。
--------------------------------------------
【WAmazingアプリ公式ページ】
https://apps.wamazing.jp/
--------------------------------------------
ターゲットとなる訪日外国人の多くが抱く「通信」「交通」に対する“不安や不満”。 
このアプリを訪日前に居住国にてダウンロードし会員登録(無料)を行うだけで、SIMカード(500MB)を無償で提供し、日本滞在中の無料インターネット通信が可能になります。

現状では、1万施設にも及ぶ国内宿泊施設、日本各地のスキー場のリフト券、観光体験、交通チケットなどがオンラインで予約購入できる状態になっています。

今後は、更にコンテンツを拡充していき、訪日外国人客がより楽しく、より便利に日本を旅することができるような世界を作っていきたいと思っています。

当社ビジョンである「日本中を楽しみ尽くす、Amazingな人生に。」を実現させるべく、WAmazingを利用して日本観光を楽しんでもらえる未来を目指しています。
事業に懸ける想い
プラットフォームビジネスは、多くの人にニーズがあることが大切です。 
「旅行・観光・レジャー」という市場はとても大きく、世界での平均GDP比は9%であることを考えると、現状の日本のGDP比3%という数字には、まだまだ「伸びしろ」があることを示しています。

世界の旅行人口は増え続けています。 
南北に細長い日本は、1つの国の中に、熱帯魚の泳ぐ沖縄もあれば、数メートルの積雪のある雪国が共存している、世界的に見ても稀有な国です。
旅行先としての日本の魅力、ポテンシャルは非常に大きなものです。

日本の多様な魅力ある資源を見つけ出し、価値を磨き、国内外の人々に届けることで日本の地域や産業を元気にしていきたいと思っています。新型コロナウイルスの影響を受け、一時的に訪日外国人観光客は少なくなっておりますが、近い将来需要が回復してくることは間違いなく、そのタイミングに向けて準備を進めていきたいと思っております。