サーベイからはじめるタレントマネジメント

本セミナーは受付を終了しました

【セミナー受付期間】2022/05/18(水)12:00まで

HRMOSが主催する本セミナーでは、サーベイを活用した組織・従業員のコンディション把握について、株式会社ビズリーチでの具体的な運用事例を中心にご紹介いたします。

今回は、HRMOS WorkTech研究所所長の友部博教が、株式会社ビズリーチにおけるサーベイデータを通じた課題発見のプロセスや、それを基にした人事施策の具体例をお話しします。

何が課題なのかを明確にするプロセスや優先順位の付け方など、タレントマネジメントをしたいものの、何からはじめたらいいか分からない企業にとって活用しやすい内容になっています。

セミナー内容

  • サーベイの活用の仕方および留意点
  • 株式会社ビズリーチでの具体的な取り組み事例
  • 質疑応答

セミナー申し込み受付期間

受付期間2022/05/18(水)12:00まで

セミナー概要

開催日時2022/05/18(水)12:10-13:00
会場インターネット環境があればどこでも参加可能
参加費無料
視聴方法動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方のみご案内させていただきます。
主催株式会社ビズリーチ

本セミナー視聴のメリット

  • サーベイデータの収集・蓄積・活用方法の事例を知ることができる
  • 組織・従業員コンディション把握に有効な手法を知ることができる
  • 他社で取り組んでいる事例を学ぶことができる

このような方におすすめ

  • 経営者・人事責任者
  • 人事部門におけるデータ活用を検討中の方
  • タレントマネジメントをはじめたいものの何から手を打てばよいか悩んでいる方

登壇者プロフィール

HRMOS WorkTech研究所 所長 友部 博教

HRMOS WorkTech研究所 所長
友部 博教

2004年、東京大学大学院で博士号(情報理工学)を取得後、名古屋大学、産業技術総合研究所で、コンピューターサイエンス領域の学術研究に取り組む。
その後、2008年より、東京大学で助教として研究・教育に携わる。
2011年、株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、アプリゲームやマーケティングの分析部署のマネジメントや、人事にてピープルアナリティクス施策を担当。
その後、株式会社メルカリの人事にて、ピープルアナリティクス施策を担当。
2019年11月、株式会社ビズリーチに入社。人事本部タレントマネジメント室でピープルアナリティクス施策の担当と現職を兼任。

本セミナーは受付を終了しました

【セミナー受付期間】2022/05/18(水)12:00まで

セミナー申し込みはこちらから

メールの署名で
自動入力できます

メールの署名を入力してください500文字以内で入力してくださいアクセスが集中しているため、もう一度お試しいただくか、手動で入力してください情報の取得に失敗しました。署名の内容を変更してお試しいただくか、手動で入力してください自動入力×
必須姓を入力してください
必須名を入力してください
会社名必須会社名を入力してください
役職必須

役職を選択してください

メールアドレス必須

Gmail、Yahoo!メールなどのフリーメールアドレスや携帯電話のメールアドレスは受け付けられません。

メールアドレスを入力してください正しいメールアドレスを入力してください
電話番号必須

※ご連絡がつきやすい番号のご入力をお願いいたします。

電話番号を入力してください正しい電話番号を入力してください
個人情報の取り扱いに同意する必須個人情報の取り扱いへの同意が必要です

セミナーに申し込む

HRMOSは、プライバシーマークを取得しています