1. 株式会社トヨコー
  2. 株式会社トヨコー 採用情報

株式会社トヨコー 採用情報

株式会社トヨコー

トヨコーについて

なにをやっているのか

トヨコーは、独自に開発した画期的な技術を用いて、建物をキレイにすることに貢献している会社です。以下、CoolLaser(クーレーザー)事業とSOSEI(蘇生)事業を2つの軸として成長を続けています。

▼CoolLaser(クーレーザー)事業

CoolLaser(特許取得済)は、強い光でサビや塗膜を除去する当社独自の技術です。大学との共同研究により開発しました。今年に入って、NHKやYahoo!ニュースでご紹介いただき、現在問い合わせが殺到している状態です。急遽開催した商品説明会「CoolLaser-EXPO 2018」も大盛況。ニーズの高さと技術への手ごたえを感じています。
次の展開として、レーザークリーニングの事業化を進めています。2019年10月には8億円を調達し、業界からの期待値も非常に高いです!

▼SOSEI(蘇生)事業
塗料の技術と樹脂の技術、二つの異なる化学分野を組み合わせて、3層に吹き付ける独自の蘇生工法で、老朽化した屋根を延命・補強しています。
すでに自動車メーカーなど複数の大手メーカーと取引をいただいており、安定した事業です。次のステップは海外展開。クライアントの海外にある工場でも当社の技術をご利用いただけるよう、今後海外への進出を進めていきます。
また別軸で、キレイにした屋根に絵を描くアート事業も手がけていきたい。近年、ドローンの躍進によって「空から」見られる機会が増えました。露出が増えた「屋根」に絵を描くことで、空から見える景色を変えていきます。

このように、現在やりたいことがたくさんあります。ただ、担い手の数が圧倒的に足りません!

経産省主催の「地域未来牽引企業」にも選定され、事業を加速させる準備は整いました。私たちの事業に興味をもち、ともに会社を成長させてくれる方、一緒にはたらきませんか?

なぜやるのか

高度経済成長の時代、我々の先達はどんどん投資をして日本経済を大きく成長させてきました。工場、道路、橋、大型プラント etc...。これらの投資に支えられて世界有数の経済大国へと成長した日本。
しかし現在、成熟社会を迎えた我々は少子化、高齢化、インフラや設備の老朽化など、さまざまな社会問題に直面しています。
トヨコーは、新たな技術と現場の視点で、こうした社会問題のうち「インフラ等の老朽化」「生産年齢人口の減少」という社会問題の解決に挑戦します。

「キレイに、未来へ」
これが、私たちが大切にするキーワード。
我が国を長年支え続けてきた大切な資産を壊して作り変えるのではなく、より永くよりキレイに使い続けられる循環型社会へ、また生産年齢人口の減少で担い手から敬遠される現場から、新たな技術でより働きやすい環境へ。
現場の担い手として新な技術により「キレイに未来へ」つなげること。それが私たちトヨコーのミッションです。

どうやっているのか

▼CFC×CRCのツートップ体制
社長の豊澤は、もともと建築デザインや服飾デザインなどのクリエイティブ業界で実績を積んできたクリエイターでした。
2003年に家業であるトヨコーに入社し、会社のブランディングや新規事業の発案・事業化に着手。現在の主力事業であるSOSEI事業やCoolLaser事業を発案した、いわばアイデアマンです。
一方、副社長の茂見は大手監査法人であるデロイトトーマツ社で経営者のサポートを担ってきた実績の持ち主。経営に関する豊富なノウハウと人脈で、事業をスピード感をもって推進しています。
経営に不可欠な「アイデア」と「実行力」を兼ね備えたツートップ体制が当社の強み。さらに、大学との連携により研究開発にも力を入れ、業界をリードしていきます。

▼トヨコーのはたらき方(3K→3Cへ)
この業界は3K(きつい・汚い・危険)と言われてきましたが、私たちはそれを3C(Cool・Clean・Creative)へと変えていきます。業界では珍しい年間休日130日。しっかり休めるクリーンな会社です。

▼トヨコーの5つのこだわり
以下の5つがトヨコーのベースとなっている行動指針です。当社ではこの5つを重視しており、あらゆる判断をこの指針に基づいて行っています。

(1)責任施工
(2)自らのパイを焼く
(3)協創戦略
(4)誰よりも現場で働く一人ひとりのために
(5)継続的なイノベーション

※詳しくはHP内にある以下のページもご覧ください。
http://toyokoh.com/about/