1. 株式会社アクセルスペース
  2. 株式会社アクセルスペース 採用情報
  3. 株式会社アクセルスペース の求人一覧
  4. 衛星運用システム ソフトウェアエンジニア|Satellite Operation Systems Software Engineer

衛星運用システム ソフトウェアエンジニア|Satellite Operation Systems Software Engineer

  • 衛星運用システム ソフトウェアエンジニア|Satellite Operation Software Engineer
  • 正社員

株式会社アクセルスペース の求人一覧

衛星運用システム ソフトウェアエンジニア|Satellite Operation Systems Software Engineer | 株式会社アクセルスペース

会社紹介

Axelspaceは、「Space within Your Reach 〜宇宙を普通の場所に〜」というビジョンの元、2008年の設立以来磨き上げてきた独自の小型衛星技術によって、多くの人が当たり前のように宇宙を利用する社会の実現を目指しています。
2015年より開始したAxelGlobe事業では、多数の衛星を打ち上げて地球を高頻度でモニタリングしていく新しいインフラを提供しており、2019年に打ち上げた衛星1機に加えて、2021年には日本初の量産衛星4機の打ち上げに成功し、現在は5機の地球観測衛星コンステレーションを運用し、2〜3日に1度の頻度で一度に55km〜幅の画像を撮影し、データやソリューションを提供しています。
また、祖業である専用衛星事業をより使いやすく発展させ、2022年に発表した「AxelLiner」では、お客様の宇宙・衛星ビジネスの早期実現のための衛星開発・運用等をワンストップで提供しており、2024年には実証機初号機「PYXIS」を打ち上げ、これまでの開発・運用実績は10機となりました。

2022年には第22回JAPAN VENTURE AWARDSにて最高賞である経済産業大臣賞を受賞、2024年には「Technology Fast 50 2023 Japan」に選出されました。

Axelspaceでは、常に向上心を持ち、チームと本気で向き合い共に成長を目指し、多様性と変化を受け入れ、前向きに挑戦を重ねるメンバーが集まっています。 本格的な衛星・衛星画像利用の普及や促進が加速していく中で、当社のビジョンに共感し、衛星開発・衛星画像利用の普及や促進にコミットして頂ける方は、是非この魅力あふれるチームにジョインしてください。 皆様からのご応募を、社員一同お待ちしています!

【3分でわかるアクセルスペースの歴史】

Company Introduction

Axelspace has been one of the pioneers of micro-satellite technology and industry since the establishment of the company in 2008, and we envision democratizing space technology to a wider population across the globe for their daily use.

AxelGlobe business started in 2015 to provide a new Earth observation infrastructure by launching multiple micro-satellites for its higher data frequency. In addition to a satellite launched in 2019, we have successfully launched four more satellites in 2021, which used the first mass production technology for satellite production in Japan. Utilizing this small-satellite mass production system, our new service “AxelLiner” also supports clients outside the space industry to actualize their business involved in satellite projects.

As the world faces pivotal stages in democratizing satellite development and satellite imagery use, we are actively looking for someone like you who can enjoy the challenges to make a global impact with micro-satellite technology. Hit that apply button and let’s make our vision, “Space within your reach,” come true, together!

【History of Axelspace in 3 minutes】

Job Description (English follows Japanese)

業務概要

Axelspace では人工衛星の運用を、社内で開発したソフトウェアシステムによって行っています。 衛星運用のためには、衛星動作のスケジューリング、コマンド送受信、受信したデータの解析等が必要になります。 これらを、自動で行うシステムを開発、運用、改良し、サービスとして提供しています。
弊社のビジョンである Space within your reach を運用の面から実現するため、 衛星運用を完全に自動化・自律化し、衛星の利用者が実現したいことを適切に 簡単に実現できることを目標としています。 "Operate to automate", "Automate all" をモットーとして、衛星システムの DevOps を進めています。

職務内容

  • 衛星サービス自動化グループの一員として、以下、および、その他指示された業務を、 グループの他のメンバーと協力して実施します。ソフトウェアエンジアリングに関する知識、能力があれば、人工衛星や宇宙に関する事前の知識は不要です。 業務を進めるなかで徐々に習得することができます。
    • 軌道制御、複数衛星を活用した撮影、その最適化など、衛星コンステレーションの運用
    • サービスを提供するのに必要な技術およびソフトウェアシステムの、 調査、設計、研究、開発、運用をチームで協力して行う
    • 開発したシステムをチームで協力して実際に運用し、 衛星を利用したサービスをユーザーに提供

必要なスキル・経験

  • 数理的、アルゴリズム的な問題を自ら発見、定義し、プログラミングで解決できること
  • Python 等を利用し、ソフトウェアシステムを開発、運用、改良できること
  • Unix/Linux システム上でソフトウェアを開発、運用、改良できること
  • Git を利用したソフトウェア開発経験
  • チームでのシステム運用、開発において、チームの目標に対して自身の役割を柔軟に調整し貢献できること
  • 知識をチームで共有するために適切な文書化ができること
  • 新しい知識・経験を得ることに積極的であること
  • ドキュメント・メール・チャットにおいて、英語による技術的なコミュニケーションが可能なこと
  • 英会話によるコミュニケーションに抵抗が無いこと。また、英語によるコミュニケーションの改善を継続しつづけられる姿勢

チームからのメッセージ

Axelspace の衛星運用チームは、現在 5 機の衛星からなるコンステレーションを運用しています。
2018 年末に最初の1機 GRUS-1A を打ち上げ運用を開始し、運用システムの改善を重ねて 2021年3月に4機 GRUS-1BCDE の同時打ち上げに対する初期運用を完了し、定常運用を行っています。
最初の1機の時点では、ほぼ存在しない状態であった運用システムを、ソフトウェア開発チーム自身が運用も行う DevOps のスタイルで行うことで、開発、拡張してきました。
CI/CD を活用し日常的に運用ソフトウェアのデプロイを行っており、GRUS-1BCDE の打ち上げに際しても、ごく簡単なものですが、first pass から 2nd pass までの間に運用システムを改変してデプロイしています。これは、運用システムおよび衛星を含むシステム全体のアーキテクチャが、改変に対して頑強となるよう設計されていること、また、日常的に小さな更新を行うことで、更新そのもの、および、更新の検証、問題があった場合の検出、ロールバック等が安定して実現できる環境が構築されていることから実現できたことだと考えています。
これらは、現代的なソフトウェア開発では一定程度広く行われていることだと思いますが、アクセルスペースの衛星運用チームでは、こういった手法をより進化させて、みなさんと一緒に、スケールする衛星サービスを作って行きたいと思います。

English

About the Role

As a member of the Satellite Service Automation Group, you will work with members of other groups to achieve the following.

  • Operate satellite constellation. Operation includes tasks like communication, orbit control, and taking captures with multiple satellites.
  • Investigation, design, research, development and operation of software systems and technology necessary to provide Earth observation and other satellite operation services.
  • Operate software systems in cooperation with the team in order to provide earth observation and other satellite operation services.

Mandatory Requirements

  • Abitity to find / define an engineering task
  • Ability to solve engineering tasks which require programming
  • Experience developing software systems in C, C++, or Python
  • Experience developing software systems with Unix or Linux
  • Experience using git for version management of software projects
  • Ability to find and flexibly adapt to new roles as the team objective changes
  • Ability to document appropriately to share knowledge with the team
  • Desire to continuously seek out new knowledge and experience
  • Ability to engage in technical communication in English via email and chat
  • Ability to write technical documentation in English
  • Desire to learn Japanese communication skills

Message from the Team

Axelspace's satellite operation team is currently operating a constellation of five satellites.
Operation of the constellation started at the end of 2018 with the launch of GRUS-1A. While operating GRUS-1A we concurrently improved the system in preparation for the launch of the next four satellites, GRUS-1BCDE. We successfully completed initial operation of those satellites and are now carrying out nominal operation for all five.
By employing a DevOps style of combined development and operation, our team was able to develop and expand our operation system from its almost nonexistent beginnings at the launch of GRUS-1A to an automated system that can operate a constellation of many satellites.
We use CI and CD for routine software deployments. Because of the rapid deployments this allows, after we discovered a small bug in the operation system during the first communications pass after the launch of GRUS-1BCDE, we were able to deploy a fix in time for the second pass.
The architecture of the complete system including the operation system and the satellites is designed with maintainability in mind. Additionally, by making frequent small changes on a routine basis instead of having large releases containing multiple features, we simplify troubleshooting after deployment. It is this approach that prepared us to act quickly and fix the problem we found during initial operation of GRUS-1BCDE.
These methods are used throughout the software industry. Our goal, as Axelspace's satellite operation team, is to further refine and adapt these methods and work together to make a scalable automated satellite service.

職種 / 募集ポジション 衛星運用システム ソフトウェアエンジニア|Satellite Operation Software Engineer
雇用形態 正社員
契約期間
Full-time, permanent position
給与
応相談
報酬 (Salary):TBD、経験及び能力に応じて面談の上、採用時に決定 (TBD, decided upon the candidate's experience and skill set)
勤務地
  • 103-0023  東京都中央区日本橋本町三丁目3番3号 Clipニホンバシビル
    地図で確認
Clip Nihonbashi Building, 3‌-3-3 Nihonbashi-Honcho, Chuo-ku, Tokyo
勤務時間
勤務時間 (Work Hour):裁量労働制 (Discretionary Labor Sytem)
休日
休日:週休2日制、祝祭日
休暇:年次有給休暇、慶弔休暇等、5年後ボーナス休暇
Holiday: Two-day off per week, National holidays
Paid Leaves: Annual paid leaves, Congratulatory/Bereavement leaves, 5th-year Bonus leaves
福利厚生
通勤手当支給 (Commuting Allowance):実費精算(actual-cost reimbursement)
バーチャルオフィス制度(Remote Work Policy):https://www.axelspace.com/ja/news/other_20201013/ 
英会話学習補助 (Japanese Language Class for foreign employees)
加入保険
健康保険 (Health Insurance)
厚生年金 (National Welfare Pension)
雇用保険 (Employment Insurance)
労災保険 (Worker's Compensation)
受動喫煙対策
敷地内禁煙 (No smoking on site)
試用期間
有(3ヶ月)
会社情報
会社名 株式会社アクセルスペース
代表者|President and CEO
中村 友哉
Yuya Nakamura
事業内容|Business Content
小型衛星のワンストップサービス「AxelLiner」、地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」の提供。小型衛星と関連コンポーネントの設計・製造、打ち上げのアレンジメント、打ち上げ後の軌道上における運用支援、衛星ソリューションの提供までをトータルに手掛ける。
Solutions based on microsatellite technology / Design and production of microsatellites and related components / Launch arrangements and operational support / Business related to microsatellite data
資本金|Capital Stock
142億9000万円(資本準備金を含む)
142,090 Million JPY (including capital reserve)
本社所在地|Main Office Location
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町三丁目3番3号Clipニホンバシビル 
Clip Nihonbashi Building, 3-3-3 Nihonbashi-Honcho, Chuo-ku, Tokyo 103-0023, Japan
設立|Establishment
2008年8月8日
August 8, 2008