1. キヤノン株式会社
  2. キヤノン株式会社 採用情報
  3. キヤノン株式会社 の求人一覧
  4. 特許技術職(イメージング、通信、ソフト、プリンティング、半導体デバイス、産業機器、光学機器)

特許技術職(イメージング、通信、ソフト、プリンティング、半導体デバイス、産業機器、光学機器)

  • 特許技術職(イメージング、通信、ソフト、プリンティング、半導体デバイス、産業機器、光学機器)
  • 正社員

キヤノン株式会社 の求人一覧

特許技術職(イメージング、通信、ソフト、プリンティング、半導体デバイス、産業機器、光学機器) | キヤノン株式会社
  • キヤノンの新規技術や新製品の競争力を高めるための技術を知的財産権(主に特許権)として保護するため、特許出願・権利化業務、第三者特許調査・鑑定業務、他社機調査、権利行使業務を行います。
  • 電気・情報・機械・制御・物理・化学分野の技術者で、新しい技術に興味をもち、開発者とコミュニケーションをとりながら業務を行える人。
  • キヤノンの新技術について、競合とのライセンス交渉で用いる特許権の権利化や、権利化戦略の立案と実践は、企業知財マンにしかできない醍醐味です。日本でトップの知財力を有する会社で得られる経験は、今後のキャリアにも役立ちます。ぜひ一緒に働きましょう。

募集背景

キヤノンでは、独自技術を守るとともにクロスライセンスなどで使用できる技術を増やし、ライセンス交渉などを通して自社事業を有利に展開する知財マネジメントを強化することで製品開発力を高めております。

デジタルカメラで培った撮像、表示などのイメージング技術は、AI等の新たな技術を加えて急激な進化を遂げています。イメージング技術を基盤とした新たな映像作成技術、映像再生表示技術、スマートモビリティ関連技術、そして、それらに必要な画像通信技術を用いたイメージングソリューションなど、その用途が広がってきています。また、近年の5Gや無線通信の標準技術や、IoTを用いたクラウドサービスやソリューション技術は、キヤノンの事務機ビジネスを広げています。

キヤノンの先進技術である光学技術や精密機械制御技術や半導体技術は年々深化しており、DXといった新たな技術に対応した半導体デバイス製品、レンズ等の光学製品やリソグラフィー装置等の産業機器における新製品の競争力を高めることも必要になってきました。

このような背景から、キヤノンの知財力を更に向上させるべく、特許エンジニアの募集をすることになりました。

仕事内容

キヤノンの開発者は、新入社員の頃から発明発掘と特許提案が求められているため、開発者と知財担当者が日々コミュニケーションを取り、新規アイデアの相談や特許出願戦略について話し合える環境です。このため、知財業務を企業で行いやすい環境にあるのが、メリットの1つです。

企業の知財マンとして働くことの面白さは、

  • 事業を守るために特許戦略を自分で考え実践できること
  • 特許権を使って他社と技術論争したり、ライセンス交渉をし、取得した特許権がどのように使われるのかを感じることができること

にあると思います。

キヤノンは、BtoC製品も多いため、競合会社とのライセンス交渉も非常に多い会社の1つです。そして、日本を代表する特許に力を入れている企業であることから、海外の競合企業とも交渉することも多くあります。また、グローバルに特許権を取得するために、キヤノンは、日米欧中にそれぞれの現地法人に知財部門を設置しており、キヤノン株式会社の知財担当者が海外赴任し、現地での権利化業務に携わることもできます。

キヤノンは世界的にも高い知財力を有しているため世界各国の特許庁幹部とのコネクションを持っており、毎年意見交換をし、キヤノンの意見発信を行っています。そして、キヤノンの知的財産法務本部からは、日本特許庁、経済産業省、内閣府知財戦略推進事務局、外務省、日本知的財産保護協会、知的財産研究教育財団などに出向者を出し、人財育成にも力を入れています。

月平均時間外労働は20時間程度、有給取得率は85%以上で、働きやすい環境整備も進めています。

技術分野(勤務地)

  • デジタルカメラや映像制作用ビデオカメラ、監視用カメラなどの多様な映像機器関連技術(川崎)
  • 自由視点映像やMR(複合現実)、車両運転支援向けセンシングなど、スマート社会に貢献する次世代イメージング技術(川崎)
  • イメージセンサ、有機ELディスプレイなどに代表される半導体デバイスの光学技術、材料技術、製造プロセス技術(川崎)
  • X線撮影装置関連技術や眼科用撮影装置などの医療用診断機器、ITヘルスケア分野、体外診断技術などの医療機器技術(川崎)
  • 無線通信分野や映像符号化分野における国際標準技術、機械学習を活用した画像解析技術(川崎)
  • 個人用、オフィス用、産業用など多様な印刷機器のメカ技術、制御技術、印刷プロセス技術、トナーやインクなどの材料技術(川崎、取手)
  • ・カメラ用レンズなどの光学製品技術、半導体露光装置や液晶パネル露光装置などに代表される産業機器関連技術(宇都宮)

キヤノンの知的財産について詳しく知りたい場合は、下記のサイトをご覧ください。

キヤノンの知的財産

求める経験など

新しい技術に興味をもち、開発者とコミュニケーションをとりながら業務を行う必要があります。

電気・情報・機械・制御・物理・化学分野の技術者であることが望ましいですが、知財業務の経験がある場合は、技術専攻でなくても構いません。

なお、外国出願の権利化も業務の1つになるため、読み書きできる程度の英語力が必要になります。

募集要項

職種 / 募集ポジション 特許技術職(イメージング、通信、ソフト、プリンティング、半導体デバイス、産業機器、光学機器)
雇用形態 正社員
給与
年収
時間外手当は別途支給します。
入社時の処遇(基本給・賞与)はみなさまの経験・能力を考慮の上、当社規程により決定します。
具体的な金額は、採用選考合格後に採用内定通知書にてお伝えします。

昇給:年1回
賞与:年2回(6月・12月)
勤務地
  • 212-8602  神奈川県川崎市幸区柳町70-1 キヤノン株式会社 川崎事業所
    地図で確認
  • 302-8501  茨城県取手市白山7丁目5-1 キヤノン株式会社 取手事業所
    地図で確認
  • 321-3292  栃木県宇都宮市清原工業団地20-2 キヤノン株式会社 宇都宮光学機器事業所
    地図で確認
 
就業時間
8:30~17:00
※事業所によっては8:00~16:30

残業について
 当社では、「生産性向上」と「ワーク・ライフ・バランス」の双方を推進し、時間外労働の削減や有給休暇の取得を促進しています。 
その結果、年間総実労働時間は1745時間(2021年平均)を実現しています。
また、 有給休暇の2021年の平均取得日数は16.4日で、平均取得率82.8%となっております。 
これからも、安心して働くことのできる環境の整備に努めてまいります。
休日
◆完全週休2日制(原則土日)
◆祝日
◆年末年始
◆5月連休
◆夏期休暇
年間休日125日
休暇
◆年次有給休暇(20日、初年度は入社月による) 
◆フリーバカンス休暇(5日間) 
 社員自身が1年間の中で連続した5日間の休暇を設定できる(土日と合わせると連続9日間の休暇)制度です。
◆リフレッシュ休暇(勤務年数に応じて)
  勤続5年ごとに表彰が行われ、表彰者は勤続年数により3日~10日間の連続休暇と金一封からなるリフレッシュ休暇付与の対象者となります。
◆慶弔休暇
待遇・福利厚生
◆交通費全額支給 
◆時間外手当全額支給 
◆社会保険完備 
◆退職金制度 
◆企業年金 
◆財形貯蓄 
◆社員持株会
◆共済会 
◆教育制度(スキル別、階層別など) 
◆育児に関する短時間勤務あり(子供が小学校3年を終了するまで) 
◆保養所・スポーツ施設(体育館、テニスコートなど)あり 
◆各種社内イベント

産休・育休取得状況
育児休業については、個々の考え方や家庭環境を尊重した取得を支援しています。2021年の取得率は、男性33.4%、女性100%で、復職率は99%です。
キャリア採用についてのお問い合わせ窓口
キャリア採用担当

〒146-8501 東京都大田区下丸子3-30-2
キヤノン株式会社 人事本部 採用課 キャリア採用担当
 電話番号 : 03-5732-8563
 E-mail : career_rq@mail.canon

※電話は携帯からもご利用になれます。
※電話でのお問い合わせ受付時間:平日9時00分〜16時00分
※年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
会社情報
会社名 キヤノン株式会社
事業概要
■プリンティングビジネスユニット(オフィス向け複合機、レーザー・インクジェットプリンター等)
■イメージングビジネスユニット(レンズ交換式デジタルカメラ、コンパクトデジタルカメラ、ネットワークカメラ等)
■メディカルビジネスユニット(CT、超音波診断装置、MRI、眼科機器等)
■インダストリアルその他ビジネスユニット(半導体・FPD露光装置、有機ELディスプレイ製造装置等)
上記ユニットにおける研究開発、製造
設立
1937年8月10日
本社所在地
〒146-8501 東京都大田区下丸子3丁目30番2号
代表取締役会長兼社長 CEO
御手洗 冨士夫
資本金
174,762百万円(2022年12月31日現在)
従業員数
単独 24,717人(2022年12月31日現在)
連結 180,775人(2022年12月31日現在)
売上高
単独 1,739,820百万円 (2022年12月決算)
連結 4,031,414百万円 (2022年12月決算)
事業所
本社
 東京都大田区下丸子3-30-2
 事業内容:研究開発部門、本社管理部門、事業本部ほか
 アクセス:東急多摩川線「下丸子駅」より、徒歩約10分

矢向事業所
 神奈川県川崎市幸区塚越3-451
 事業内容:インクジェットプリンター・大判インクジェットプリンター・
      インクジェット化成品の開発
 
川崎事業所
 神奈川県川崎市幸区柳町70-1
 事業内容:研究開発部門、生産技術部門、調達統括部門、製品事業部門
 
玉川事業所
 神奈川県川崎市高津区下野毛3-16-1
 事業内容:品質技術の開発
 
小杉事業所
 神奈川県川崎市中原区今井上町9-1
 事業内容:医療機器の開発、人材開発研修(技術研修を除く)
 
平塚事業所
 神奈川県平塚市田村9-22-5
 事業内容:次世代デバイスの開発・生産
 
綾瀬事業所
 神奈川県綾瀬市吉岡2596
 事業内容:半導体デバイスの開発・生産
 
富士裾野リサーチパーク
 静岡県裾野市深良4202
 事業内容:電子写真技術などの研究開発

宇都宮事業所
 栃木県宇都宮市清原工業団地20-2
 事業内容:EF/RFレンズ・放送用レンズ・ビデオ用レンズ・ その他光学
      部品の生産、半導体露光装置・FPD露光装置の開発・生産・
      サービス、光学関連技術の研究開発

取手事業所
 茨城県取手市白山7-5-1
 事業内容:映像事務機・化成品の生産、電子写真技術などの研究開発・
      量産試作・量産支援

阿見事業所
 茨城県稲敷郡阿見町大字吉原3577
 事業内容:FPD露光装置ユニットの生産 

大分事業所
 大分県大分市丹生993-1
 事業内容:半導体デバイスの生産