1. 株式会社FoundingBase
  2. 株式会社FoundingBase 採用情報

株式会社FoundingBase 採用情報

株式会社FoundingBase

”「自由」をupdateする” 自らの意志で、まちの未来や自分自身の未来をつくれる世の中へ


FoundingBaseは2014年に創業して以来、"「自由」をupdateする"というミッションを
それぞれが抱きながら、観光・農業・教育領域を中心とした事業作りに取り組んできました。

これまでに手掛けた事業・プロジェクトは50以上にのぼります。


私たちの考える「自由」とは、自らの意志で未来を創っていくこと。

他の人や他のコトに由って今があり、未来が創られるのではなく、
自らの意志に由って今があり、自らの意志が未来を創る。
自ら選択した今を愉しみ、今に没頭し、未来の可能性を開拓する。

それこそが、「自由」の源泉だと考えています。


”自分の意志で自分の未来を創る個人を増やす。”
”自分たちの意志で自分たちのまちの未来を創ることができる社会をつくる。”

そのために私たちは、地方を軸に、他者や国に依存するのではなく、
精神的にも経済的にも自立した「自由」な個人と社会を創ることに挑んでいます。

【事業事例】

▼ 協働共創のまちづくり | 全地域 | コミュニティコーディネート事業
当該市町村のまちづくり総合計画から、その地域の未来像を読み取り事業を提案します。
また、多様なプレイヤーが連携するための土壌づくり、場づくりを担うことで、社会資本を蓄積し、コミュニティのアップデートを進めていきます。


▼観光|大分県豊後高田市|長崎鼻ビーチリゾート
未活用であった人工海岸エリアの利活用を実現。「あなたにとっての3つ星リゾート」をコンセプトに、アウトドア事業を展開。現在では年間約8000名が訪れる、市内随一の滞在施設に成長。同市で展開する一次産業事業・教育事業と連携したサービス開発は勿論のこと、自治体と協働した回遊交流施策のKey Placeとなっています。

▼一次産業支援|島根県津和野町|地域商社「まるごと津和野」
一次産業支援では、生産者と消費者の間に立ち、生産者が作った作物を、
加工・PR・マーケティングを行うことで価値を最大化する事業です。

▼教育|全地域|公営塾事業・高校魅力化コーディネーター・体験学習事業
教育事業は「地域が好きな人を育む」を事業ミッションとして掲げて現在は8自治体にて事業を進めています。事業ミッションの実現のために「知のトビラ」「好奇心のトビラ」「挑戦のトビラ」をコンセプトに地域に住む生徒たちの学力サポートはもちろんのこと、宇宙やアート、地球など様々なテーマ授業を通して好奇心を、地域の行事や地域横断をフィールドに生徒たちの挑戦する気持ちを養っています。

FoundingBaseの多様性を生み出す組織観''Work as Life''


FoundingBaseでは、まず「どう生きたいか」「どうありたいか」という問いからスタートします。

会社組織のルールによって個人の役割が決められるのではなく、
個人の望む生き方から紡がれる形でそれぞれの役割を定義していくという組織づくりが特徴です。

個人の生き方から役割を定義するので、
「Life」と「Work」が切り分けられたものとして存在するのではなく、
自分の望む生き方を体現する一つの側面として仕事が存在します。

採用においてもテクニカルなスキルや、学歴職歴によって人をフィルタリングして採用していくという旧来的な採用方法をとらず、
「どう生きたいか」「どうありたいか」という問いからスタートする採用を一貫して行ってきたFoundingBaseには、多様なバックグラウンドを持った社員が多く在籍しています。

年齢、学歴、性別、国籍、そういったレッテルで人を判断するのではなく、
その人自身に目を向けて仲間集めを行うからこそ、個性豊かな社員が揃います。

2021年8月時点の従業員数は48名で、平均年齢は28歳。男女比は4:6の比率です。

メンバーの前職は、インターネット業界、HR業界、コンサルティング業界等、様々です。


「フラット」かつ「一枚岩」な組織であり続けるため「意思決定」を大切にしています。

物事を決めるまでは、立場や役職、拠点等に関係なく、とことん議論する。
決めた後は、たとえ自分の意に反した意思決定であっても、その決断を”ジブンゴト化”して再生産する。

FoundingBaseはあくまでMISSIONの実現のために組織を創っているのであり、
単に居心地が良いだけの組織づくりがしたいわけではありません。

全てはMISSSIONドリブンに、大きな目標をともに叶えるために
組織のあり方も未来のあるべき姿から構想し形作っていきます。


FoundingBaseは今後も地域経済を創るプロフェッショナル集団として活動を続けていきます。

【Value(行動指針)】


“平凡を非凡に務める“
「当たり前のことを、当たり前にやる」だけでは不十分。当たり前のことを、人には真似できないくらい徹底的に磨き込んで実行し続ける。その姿勢が、その人の、その組織の、価値になる。その価値が信頼に変わり、選択肢が増える。それこそが、「自由」をUpdateする第一歩である。

“コトを創り、コトを進める”
「与えられた課題を解決する」だけでは不十分。個人のあり方、組織のあり方、地域のあり方。未来のあるべき姿を構想する。あるべき姿から問題を発見し、問題を解決する。“課題解決者”にとどまらず、“課題設定者”になる者こそが「自由」のUpdateを実現できる。

“協働し、共創する”
「自分にしかできない」「自分だけで良い」では不十分。組織として、チームでやるからこそ価値がある。早く行きたければ、ひとりで行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け。我々は、後者を選ぶ。みんなで行くからこそ、ひとりでは叶えられない大きな「自由」を分かち合える。