1. MNTSQ株式会社
  2. MNTSQ株式会社 採用情報
  3. MNTSQ株式会社 の求人一覧
  4. セールス

セールス

  • 正社員

MNTSQ株式会社 の求人一覧

セールス | MNTSQ株式会社

すべての合意を、フェアにする

テクノロジーで契約のありかたを変革する、MNTSQのチャレンジに一緒に挑んでいただけませんか。

私たちはみな、契約をしながら生きています。あらゆる事業活動でも、あらゆる場面に契約書は登場します。しかし、契約書はとても難解で、作るのにも交渉するにも時間がかかり、その内容がフェアであるとは限りません。

私たちMNTSQ(モンテスキュー)は、機械学習テクノロジーと日本トップのローファームの力を掛け合わせることで、この問題に立ち向かい、誰もがフェアな契約を一瞬で結ぶことができる世界を目指しています。

その第一歩として、大企業向けSaaSプロダクトによって、日本を代表する企業の契約業務を変革しつつあります。「契約」というあらゆるビジネスで必要な行為に、最高のプロダクトを通じて最大のインパクトを出し、すべての合意がフェアである社会を創り出します。

そんなMNTSQのチャレンジに共感してくださるメンバーを募集しています。


▼代表板谷の創業ストーリー
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/191383

▼メンバーのストーリー
note
https://note.com/mntsq/m/mfedfcccf994b

Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/stories

Tech Blog
https://tech.mntsq.co.jp/

募集内容

大企業の契約業務を、AI SaaS(自社プロダクト)で変革するためのセールスを募集します。

  • 大企業をターゲットに、サービス提案から受注/アップセルまでのすべてのプロセスを担当いただきます(受注企業の例:トヨタ自動車様、三菱商事様など)
  • 「契約」はあらゆる取引で必要な業務のため、事業部門やIT/DX関係部門、法務・知財部門などさまざまなステークホルダーが関係します
  • T2D3を凌駕するスピードで成長するなかで、個々の案件だけでなくセールスの組織化のための仕組みづくりもミッションとなります
  • セールスもプロダクト/サービス作りにコミットすることを旨としており、社内の開発チームに対する顧客ニーズのフィードバックも重要となります

応募要件

【必須要件】

  • 顧客の課題解決に寄り添えるコミュニケーション能力、ホスピタリティの高い方
  • 課題の発見や解決提案が自主的にでき、粘り強く折衝・交渉ができる方
  • Openな姿勢で情報共有を行い、様々な職種のメンバーとのコラボレーションを楽しめる方
  • 新しい知識やITツールを学ぶことに抵抗のない方
  • BtoB領域での3年以上の営業経験

【歓迎要件】

  • BtoB領域で営業、コンサルティングもしくはカスタマーサクセスの経験がある方
  • ソフトウェアベンダー、SaaSベンダー、SIerでのセールス/プリセールス/コンサルタント経験のある方
  • Enterprise向けの提案経験がある方
  • SaaSプロダクトに関する業務経験
  • 組織の立ち上げや営業プロセスの改善、仕組みづくりにコミット頂ける方

「ベスト・プラクティス」の居場所

https://note.com/mntsq/n/nee4ede740ee8
セールスメンバーのブログはこちら 日本発大手企業向けエンタープライズSaaS セールスという新たな挑戦
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/306887

セールスから見たMNTSQの優位性
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/319740

職種 / 募集ポジション セールス
雇用形態 正社員
給与
年収
1/14を月々支給。4月と10月は2カ月分。
スキルレベルや専門技術領域の弊社とのフィットなどを見て柔軟に判断・対応します。
上記には、固定残業代45時間相当分を含みます(45時間を超える分については追加で支給)。
勤務地
  • 103-0012  東京都中央区日本橋堀留町2-9-8 Daiwa日本橋堀留町ビル4F
    地図で確認
 
試用期間
3カ月。ただし、試用期間中も条件は変更なし。
勤務時間
所定労働時間:8時間
フルフレックス制(コアタイムなし)
1日8時間相当の勤務時間を、当月内で調整しながら働くことが可能です
休日、その他制度
完全週休2日制 (土曜、日曜、祝日)
有給休暇:入社時に13日、以降1年ごとに14日〜23日を付与
休暇:年末年始・GW・婚姻・慶弔・産前産後・看護・介護など
副業可(要事前申請)
諸手当
通勤手当:交通費全額支給(上限あり)
社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
労働環境
メンバーがフォーカスできる職場環境づくりを大切にしています

<入社時のオフィス環境構築支援>
・PCは会社指定の数タイプの中から選んでいただき、さらにご希望のUpgradeを手配します
・27インチディスプレイ
・ハイスペックチェア(数タイプの中からご希望のものを選んでいただけます)
・マウス、キーボード、モニター等も予算内でアップグレード・タイプ変更が可能です

<メンバーひとりひとりの成長を支援します>
・メンター、上長、役員、先輩社員との1on1による継続的なフィードバック
・教育制度・資格補助
・書籍購入支援
・勉強会参加支援
・司法試験準備支援
選考プロセス
応募 → カジュアル面談 → 事前課題 → 一次面接 → 最終面接 / リファラルチェック

・一次面接では事前課題を元にディスカッションを行います
・契約書という重要なデータを扱うため、面接を通過した方に関して、同意をいただいた上でバックグラウンドチェックの実施を第三者に委託します
会社情報
会社名 MNTSQ株式会社
代表者
板谷隆平
設立年月
2018年11月
従業員数
45名
会社詳細
MNTSQ(モンテスキュー)は、エンタープライズ向けSaaSプロダクトを開発・提供し、「未来の社会インフラとなるリーガルテクノロジーをかたちにする」企業です。

トップクオリティのリーガルナレッジと、自然言語処理・機械学習技術を中心とするテクノロジーを融合させ、大企業や法律事務所の契約関連業務を変革していくことを目指しています。

――――――――――――
【 詳しくはこちら 】
MNTSQのミッション・事業・組織・採用情報や、リーガルテック市場の概況をまとめた資料を公開しています

【MNTSQコーポレートサイト】
https://www.mntsq.co.jp
【 MNTSQ事業紹介・求人情報はこちらをご覧ください 】
https://careers.mntsq.co.jp/
【Careers Deck】
https://speakerdeck.com/mntsq/mntsq-careersdeck
――――――――――――
プロダクトと実績
MNTSQ for Enterprise
「契約業務全体のデジタル化」を推進する、大企業向けプロダクト。
契約書の「ドラフティング」「法務検討」「契約管理」などの契約業務全体に対し、効率化と高品質化を同時に実現。
(トヨタ自動車様など複数社との実証実験を経て、2020年11月に正式版のリリースを発表。既にコマツ様、大阪ガス様などにご利用いただいております)

[ 参考 ]
大企業向け契約データベース「MNTSQ for Enterprise」正式版がリリース。 コマツ、大阪ガスなどに提供開始へ
https://www.mntsq.co.jp/news/mntsq-for-enterprise/

日経新聞で弊社導入実績が紹介されました。
https://twitter.com/nikkei_bizdaily/status/1438639233497894912?s=20
ポジショニング
・日本四大法律事務所の「長島・大野・常松法律事務所」
・トップレベルの自然言語処理・機械学習技術を持つ「PKSHA Technology」
といった、重要なパートナーとの資本業務提携を戦略的に実現。8億円の資金調達も完了し、市場の中で極めてユニークな立ち位置で事業を推進することができています。
(リーガルテック市場では、土台となるリーガルナレッジのクオリティが提供価値の最大値を決め、自然言語処理・機械学習の技術力がその可能性を広げます)

[ 参考 ]
長島・大野・常松法律事務所と株式会社 PKSHA Technology との資本業務提携を締結し、一般企業向け法務サービスの提供へ(含む8億円の資金調達)
https://www.mntsq.co.jp/news/partnership-with-noandt-and-pksha
ボードメンバー
『アジアで注目すべきリーガルテックの人物30選』に選ばれた弁護士の板谷が代表を務め、取締役には東大・松尾研からPKSHAでキャリアを積んだアルゴリズムエンジニアの安野、同じくPKSHA出身の堅山といった、テクノロジーに強いメンバーが在籍しております。

[ 参考 ]
2020年にアジアで注目すべきリーガルテックの人物30選に、代表の板谷が選出されました
https://www.mntsq.co.jp/news/30-people-to-watch-in-the-business-of-law-in-asia-in-2020