1. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)
  2. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) 採用情報
  3. 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) の求人一覧
  4. SPEEDA R&D /カスタマーエクスペリエンス(社内外のSpeeda R&D事業に関わる全ての人にとってサービス価値を体験を通して最大化させる)

SPEEDA R&D /カスタマーエクスペリエンス(社内外のSpeeda R&D事業に関わる全ての人にとってサービス価値を体験を通して最大化させる)

  • SPEEDA R&D /カスタマーエクスペリエンス(社内外のSpeeda R&D事業に関わる全ての人にとってサービス価値を体験を通して最大化させる)
  • 正社員

株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ) の求人一覧

SPEEDA R&D /カスタマーエクスペリエンス(社内外のSpeeda R&D事業に関わる全ての人にとってサービス価値を体験を通して最大化させる) | 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)

パーパス

ユーザベースグループは、 経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる をパーパスに掲げ、データ・コンテンツ・人の知見という3つのコアアセットを共同活用した複数の事業を展開しています。

それらを通して、世界中のビジネスパーソンの生産性を高め、意思決定を支える。日本発のデファクトになる経済情報インフラづくりを目指し、世界を変える挑戦を続けています。

ユーザベースおよび創業プロダクト「SPEEDA」について

ユーザベースは2008年に創業した経済情報に特化したプラットフォームをサービス提供しているSaaS企業です。創業プロダクトである「Speeda」は企業・業界分析に必要なあらゆる情報が網羅的かつ体系的に整理された世界最大級の情報プラットフォームであり、ビジネスパーソンが日常的に行っているデータ収集・分析・資料作成までをワンストップで実現できる価値を提供しています(現在時価総額TOP100社中7割がSPEEDAを導入/プロダクトイメージ:B2B版Googleのようなサービス)。
7日間かかる市場分析をたった1時間に/SPEEDA

その他ニュースサイト「News Picks」の運営など、日本・米国・シンガポール・中国を拠点に複数の事業を展開しているグローバル企業でございます。

SaaS Campanyについて(2024年1月に大きな組織改革を実行/顧客起点の組織転換に挑戦)

ユーザベースは2024年1月にSaaS組織を大きく変革しました(2023年末にCo-CEO佐久間のインタビューで公表していたSaaS組織転換の構想を実行)。

旧来のプロダクト縦割り組織(SPEEDA事業/INITIAL事業/FORCAS事業など)から、顧客に対して「ユーザベースのあらゆるサービスを組み合わせて提案できる組織(場合によっては経済情報分野における競合他社サービスも組み合わせて提案)」への転換を行い、現在は顧客ニーズを起点としたサービスや事業をつくる事に挑戦しております。
※転換を決断した背景など、詳細は以下記事に記載
https://www.uzabase.com/jp/journal/240312-saas-organization/

ユーザベースにおける「Speeda R&D」とは?

ユーザベースのパーパス:「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」
 
Speeda R&Dの接続:「経済情報の力で ”技術者も” ビジネスを楽しみやすい世界をつくる」

上記の通り、ユーザベースはパーパスに「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」を掲げていますが、我々Speeda R&Dは「誰もが」という部分を「技術者でも、と翻訳している事業」となっています。当然技術者や研究者の中でビジネスを楽しんでいる方々も沢山おりますが、なかなかそこに距離がある方が実態として多いなかで、そこの世界観を一緒につくることを目指している事業です。

ユーザベースのミッション:「経営のスピードを上げる」
 
Speeda R&Dのミッション:「技術者に、事業創出の力を。」

またユーザベースは様々なSaaSツールを通じて「経営のスピードを上げる」をコンセプトに置いているなか、我々Speed R&Dは「技術者、事業創出の力を。」を掲げ、人にフォーカスしたテーマにしております。「企業は人なり」という考えを前提に、技術者が事業創出側の力を持つことで、日本の製造業が復興していくのではないか?という志を持っているので、如何にこの部分に価値を出せるか?に向き合っております。

日々、様々なお客様とお会いする中で、 研究者や技術者の方々は基本的には「技術を深掘りたい or 個人の研究テーマに没頭したい」という方が非常に多い です。そのため、ある意味この仕事は、そのような業界の標準思考に抗いながらお客様に向き合っていく必要があり、そこがこの事業領域の面白さでもあり難しさでもあると感じております。その為、我々はレッドオーシャン・ブルーオーシャンという市場があるというよりは、 お客様と一緒に共創・変革し、楽しみながら・挑みながら共に新しい市場をつくっていく事が醍醐味です。

Speeda R&Dの概要・特徴・強み・世界観など

※以下動画からもキャッチアップ可能です(該当部分は14:30~27:10迄) https://www.youtube.com/watch?v=txPsttULHmU

◉Speeda  R&Dの成り立ち
Speeda R&D事業は2021年10月に祖業ビジネスであるSpeeda事業からスピンアウトし、新たなサービス開発・提供を開始した新規事業です。既に国内超大手企業を中心に280社以上の導入が実現できており、事業化前の時期も含めた直近4年間は売上ベースで高成長を遂げ、社内トップクラスの伸長率を誇る事業です。
https://jp.ub-speeda.com/rnd/

◉Speeda  R&Dの特徴・強み
Speeda  R&Dの最大の特徴は、「技術者への情報提供に特化したサービス」である事です。このサービスを一言で例えると、「①技術者の視点でもマーケティングがし易いサービス、②技術を起点にしたビジネス分析ができるサービス」であり、Speeda  R&Dの活用を通じて技術者が輝き、技術自体が大きな経済価値に繋がる社会の創造を目指しています。

またSpeeda R&D市場は裾野が非常に広く、予算規模も大きい事が特徴です。その市場の中で、技術を深く掘るITツールはいくつか競合製品がございますが、「技術と経済情報の両面を探索・分析できるツール」は存在せず、私達の最大の特徴・強みとなります。

◉Speeda R&Dで実現したい世界観
研究開発や知財戦略などを生業とする技術者が、Speeda  R&Dを通じてビジネス感覚やマーケティング感覚が養われることで、企業の成長ドライバーとして、または強力なエンジンとして活躍される世界観の実現を目指します。これが実現できれば、日本の技術・知財立国としての製造業の復興に大きく寄与できると確信しており、人からのインパクトで実現させることが狙いです。日本のみならず、世界の技術者に価値を届ける為に、近い将来Speeda R&Dの海外展開(特に欧州)も視野に入れております。

◉2024年4月3日、Intelligence Universityを開設
Speeda R&Dは2020年のローンチ以来「技術者に、事業創出の力を。」というコンセプトを軸に支援領域を広げてきましたが、市場の裾野をさらにひろげていくことを目的に、Intelligence University(大学にある3つのシラバスをコンセプトに、その世界観を表現)を開設しました。
※オンライン学習動画も公開中(2024年6月末までの登録で全動画を無料公開中/「循環経済概論」「イノベーション基礎論」といった、技術と事業を結ぶ学びの動画コンテンツを『技術で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』の著書、妹尾堅一郎氏を講師として迎え、5シリーズ40本以上のエピソードにて収録。ゆくゆくは有料コンテンツに移行予定)
https://intelligenceuniv.ub-speeda.com/

本ポジション(CXU=カスタマーエクスペリエンスユニット)のミッション

「Speeda R&D事業に関わる全ての人にとって、Speedaの価値(non-countable value)を最大化する」

Speeda R&Dを導入いただいた顧客に対して「SPEEDAを使う事=自らの業務に役立つ・自社の事業にプラスの影響がある」とご認識いただける状態になるまで、社内セールスチームと連携しながら、質の高い提案活動を実行いただきます。

具体的な業務内容

①対外的な活動(顧客への提案活動)
・特定顧客に対してユースケースを用いたSpeeda R&Dの機能や利点の説明および最適な利用方法に関する提案を実行(例:ワークショップの企画・開催など)
・上記対応顧客からの問い合わせ対応
・有償サービスの提供(例:顧客伴走型の有償オンボーディングサービス)
※一般的なカスタマーサクセスとは異なり、サービスの利用方法を伝えるのみならず、一定のアウトプット生成パターンを顧客に伴走して伝える役割を持ちます。
※カスタマーエクスペリエンスユニット自体は担当顧客を持たないため、担当顧客を受け持っているFS・CSチームと協議の上、サービス提供が必要な顧客へサービス紹介のアクションを行います。

②対外的な活動(コンテンツ作成)
・顧客が体験を通じてサービス価値を実感できる新たなコンテンツを創出(例:生成AIとSpeed R&Dの併用による情報収集をベースとした提案書の作成など、独自のSpeeda R&D活用手法を考案し、顧客への価値貢献に注力)
・BPaaSに繋がるサービス創出(アウトプットを保証する)
・顧客フィードバックの収集および改善活動の実施

③対内的な活動(社内サポート・営業支援)
・事業部内メンバーが顧客に対して最適なサービス価値提供が出来るよう各種サポートを実行する(例:①SPEEDA R&Dの最適な活用方法について事業部内メンバーへの勉強会実施/②事業部内メンバーが実施する各種商談への同席/③顧客のSPEEDA R&Dに対する理解を深める活動のサポートなど)

応募要件

<必須要件>  
・事業戦略や研究開発に繋がるビジネス知識を有する方
・以下「SPEEDA R&Dで実現したい世界観」に強く共感できる方

◉Speeda R&Dで実現したい世界観

研究開発や知財戦略などを生業とする技術者が、Speeda  R&Dを通じてビジネス感覚やマーケティング感覚が養われることで、企業の成長ドライバーとして、または強力なエンジンとして活躍される世界観の実現を目指します。これが実現できれば、日本の技術・知財立国としての製造業の復興に大きく寄与できると確信しており、人からのインパクトで実現させることが狙いです。日本のみならず、世界の技術者に価値を届ける為に、近い将来Speeda R&Dの海外展開(特に欧州)も視野に入れております。

・顧客起点で物事を考えられ、良好な信頼関係を築ける方
・ユーザベースのパーパスや7つのバリューに共感できる方
・チームワークを重視して、フットワーク軽くチーム間連携ができる方
・素早い変化や高い要望にもポジティブに成長を期待して楽しめる方

<歓迎要件>
・カスタマーサクセス、BtoB営業、技術営業、コンサル、事業開発、研究開発、企画部署等での実務経験
・経営・財務・ファイナンスに関連する知見
・多業界のメーカーへの複合商材営業やソリューション提供経験
・企業の研究開発部門やR&D部門に対するアプローチ経験

<活かせるご経験>
以下のようなご経験を発揮していただけるポジションです!
●アカウントセールスのご経験があり、個社深耕が得意
●経営・財務・ファイナンスの観点を持ち、顧客に対するアドバイザリの提供経験がある
●製造メーカーや素材メーカーに従事し、複合商材取り扱いもしくは多業種の川中・川下メーカー向けのセールス経験、もしくは無形商材を多業種の製造メーカーや素材メーカーにソリューションするセールス経験
●企業の研究開発部門やR&D部門に対するアプローチ経験

やりがい

▶︎SPEEDA R&Dを通じて、技術と市場を繋ぐことで、顧客の事業成長・変革の一翼を担える。
▶︎最先端の技術動向を知ることができ、日本の製造業が再び世界で勝てる起爆剤の一翼を担える。
▶︎組織立ち上げフェーズであるため、業務の仕組み化や組織作りに携わっていくことができる。また、チームが高い信頼関係かつフラット・フェアな立場で戦略連携ができる組織風土がある。
▶︎顧客価値に向き合いながら、SaaSビジネスの醍醐味である、プロダクトの開発や進化、シェアの拡大といった領域にもチーム間連携しながら携わることができる。
▶︎多種多様な業界の技術領域の責任者(部長クラス)と交渉し、データ分析・課題解決に対峙することで、自身の仮説提案スキルを伸ばすことができる。またプロダクトの活用促進を行う中で顧客との信頼関係を構築するコミュニケーションスキルも伸ばすことができる。
▶︎著名な企業の技術戦略部隊や知財アナリストチームでハイレベルな分析調査をされている顧客に対してサポートや活用提案ができ、生きた分析手法を学べる。
▶︎幅広いスキルを修めている必要は無く、特定のスキルに特化している場合でも能力を発揮する事ができる。

記事コンテンツ/導入事例

▷記事コンテンツ
・技術力とビジネスの両輪で勝てる日本企業をつくる SPEEDA R&D事業の軌跡とこれから
・知財×経営がビジネスを進化させる。「特許動向検索」機能の共創ストーリー
・財務指標・業界動向 × 特許動向のデータ簡易分析/グラフ描画機能において特許を取得

▷導入事例
・旭化成様/IPランドスケープにおいて、知財と事業との橋渡し役としてSPEEDAを活用
・パナソニック様/ビジネス視点を持った技術開発におけるSPEEDA活用
・日東電工様/「ベンチャー集合体」のイノベーションDNA、形式知化にSPEEDAが貢献
・ソニー様/多様な事業を展開するグローバル企業の技術戦略部門における活用

ユーザベースグループの特徴的なカルチャー

◉ 自由な働き方
出社義務もなければ服装も自由。働く時間も、チームと相談しながら柔軟にデザインがある程度可能です。成果・生産性を最大限に高められるように、自分にあった働き方を選ぶことができます。
ユーザベースの7つのバリュー

◉ 異能は才能(D&Iの取り組み)
経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくることをパーパスに掲げ、世界中のビジネスパーソンへ価値を届けるため、多様なユーザーへ必要とされるプラットフォームを目指しています。私たち自身が多種多様なバックグラウンドをもつメンバーが集まった組織であることも重要である為、目指すべき理想的な未来への推進が実現できる環境づくりに取り組んでいます
ユーザベースのD&Iについて

◉ 情報の透明性
性善説に基づき情報の公開度を非常に高く保っている職場で働けるため、経営や戦略を間近で学ぶ良い機会にもなります。経営陣の想いや全社の意思決定など社内で「現在起こっていること」は、インターン社員であっても、Slackチャンネルや全社会議などの場を通してキャッチすることが可能です

◉ 挑戦を後押しする風土
ユーザベースでは、役職やタイトルに関わらず、あらゆるメンバーが意思決定の機会を持ちます。また、個人の才能や関心がある領域、将来挑戦したいコトなどを尊重する文化があります。新卒メンバーであっても、自分の意思を発信し挑戦の機会を掴むことが出来ます

◉ チーム経営
ユーザベースは3人の仲間がつくったチーム経営の会社です。メンバー1人ひとりが真っ直ぐでオープンなコミュニケーションや、渦中の友に手を差し伸べる姿勢を大切にしています。チームプレーや多様性の力を信じているメンバーが多く働いています

時間があれば、是非お目通しください

HR Handbook

HR hand book
HR hand book

ユーザベースグループの人事制度の考え方を言語化しています。評価基準やOKR経営、多様な働き方を支える制度などの情報が満載です

産休・育休ハンドブック

ユーザベースグループにおいて安心して産休・育休を取っていただけるよう、知っておいてもらいたい内容をまとめました。産休や育休を取得した実例談も入っています

DEIBレポート2024

ユーザベースは企業バリューのひとつとして、そして解決すべきマテリアリティのひとつとして、「異能は才能」を掲げています。メンバー1人ひとりが才能を発揮して働ける会社にしていくために、DEIB(Diversity, Equity, Inclusion and Belonging)の活動をDEIB Committeeを中心に全社で推進している活動をまとめたレポートです。

オフィス紹介動画

丸の内にある本社オフィスの紹介動画です。

職種 / 募集ポジション SPEEDA R&D /カスタマーエクスペリエンス(社内外のSpeeda R&D事業に関わる全ての人にとってサービス価値を体験を通して最大化させる)
雇用形態 正社員
給与
応相談
給与:ご経験と能力を踏まえ決定します(年俸制です/ボーナス無)
(想定年俸レンジ:500万-800万)
勤務地
・※フルリモートに近い勤務が可能です(原則、勤務地不問)※
・ただし、チームによっては出社が必要となる可能性があります
勤務時間
・所定労働時間:8時間/1日
 - コアタイムなしのスーパーフレックスとなっています
休日・休暇
・完全週休2日制(土日、祝祭日、年末年始 等)
・有給休暇(10日〜)
・慶弔休暇
・出産/育児休暇
・ロングバケーション制度(有給休暇とは別に、週末を含む7日間連続の休暇を年に2回取得できる制度) など
ベネフィット
・交通費(上限 5万円/月)
・PC支給(カタログ内から好きなPCを選択)
・時短制度有ほか
※詳細については、Uzabase HR Handbookをご覧ください。
https://speakerdeck.com/uzabase/jp_uzabase_hrhandbook?slide=54
就業場所における屋内の受動喫煙対策
・受動喫煙防止措置:有り
・対策:執務スペースでの喫煙禁止、喫煙は別途設置の喫煙専用室でのみ可とする
・特記事項1:喫煙専用室設置(オフィスビル内共用)
・特記事項2:喫煙可能区域での業務なし
会社情報
会社名 株式会社ユーザベース(ユーザベースグループ)
代表者
稲垣 裕介、佐久間 衡
設立
2008年4月1日
従業員数
1055名(2023年12月31日時点)
主な事業①
■ SPEEDA
SPEEDAは、ビジネスにおける情報収集・分析の課題を解決するプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、専門家の知見などあらゆるビジネス情報をカバーしています。事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど1700社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定など様々なシーンで活用されています。

■ NewsPicks
NewsPicks は、The Wall Street Journal や The New York Times などの国内外 100以上のメディアのニュースのほか、NewsPicks 編集部が作成するオリジナル記事も配信するソーシャル経済メディアです。各業界の著名人や有識者が投稿したコメントと共に、多角的にニュースを読み解くことができます。

■ FORCAS
FORCAS(フォーカス)はB2B事業向け顧客戦略プラットフォームです。独自の企業データベースと顧客データを統合・分析し、より精度の高い営業戦略やABM(アカウントベースドマーケティング)の実行をサポートします。
主な事業②
■ INITIAL
スタートアップ情報プラットフォームとして、多数のメディアで引用される国内スタートアップ資金調達動向や独自のスタートアップ成長モデルなどを公表しています。法人向け有料版サービス「INITIAL Enterprise」は、国内および海外のスタートアップ120万社超を収録するスタートアップ情報プラットフォームとして、VC・CVC・事業会社や金融・行政機関など400以上の組織で利用されています。


■ MIMIR
ミーミルは「経験知に価値を与える」をミッションに掲げ、専門性を保有するエキスパートのデータベース開発や、知を集結し意思決定を支える法人向けサービスの開発、販売を行っています。
NewsPicksと連携した審査制エキスパートデータベース「NewsPicks Expert」の開発や、SPEEDAと連携した法人向けサービス「SPEEDA EXPERT RESEARCH」の開発販売を行っています。 「経験知」の価値を見極め、情報に価値を付与し、価値のある情報が流通する仕組みを構築していきます。