1. ウェルスナビ株式会社
  2. ウェルスナビ株式会社 採用情報

ウェルスナビ株式会社 採用情報

ウェルスナビ株式会社

私たちについて

ウェルスナビは「働く世代に豊かさを」というミッションのもと、日本の働く世代の豊かな老後に向けた資産形成をサポートする会社です。
ミッション実現に向けた第一歩として、預かり資産・運用者数国内No.1ロボアドバイザー(※)WealthNaviを開発・提供しています。
今後はロボアドバイザーに限らず、「ものづくりする金融機関」として個人向けの金融プラットフォームとして成長していきます。
テクノロジーを活用し、一人でも多くの、働く人々のお金に関する悩みを解決していきます。

『WealthNavi』は、サービスリリース後約5年で、ユーザー数30万人・預かり資産6000億円(2021年11月時点)を突破しました。
2020年12月から2021年12月の1年間で、ユーザー数+35%・預かり資産+93%、の急成長中のサービスです。

※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2021年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2021年12月時点)

私たちが取り組む社会課題

私たちが「働く世代に豊かさを」の実現を目指す背景として、近年話題となった「老後2000万円問題」があります。
平均寿命が伸びた「人生100年時代」において、多くの人は老後資金が2000万円不足すると言われています。
終身雇用の終焉や退職金の減少、少子高齢化の進行による年金支給の不透明性により、老後生活に不安を持つ方が増えています。
老後に備え、個人が働きながら資産形成していくことが重要な時代です。

お客様が抱える課題と私たちが提供するソリューション

しかし、働く世代の多くが、資産運用のやり方が分からない、情報収集や勉強する時間がない、相談できる人がいないという課題を抱えています。
誰もが安心し信頼して利用できるおまかせで世界水準の資産運用サービスが、全自動資産運用ロボアドバイザー『WealthNavi』です。

『WealthNavi』を使えば、
投資の目的・年収・年齢・金融資産の額などの質問に答えるだけで、誰でも簡単に全自動でリスク許容度に合わせた最適な割合で国際分散投資することができます。
従来自分でやらなければならなかった、目標設定・ポートフォリオ構築・発注・積立・再投資・リバランス・税金最適化まで全自動で行われます。

私たちの現状と今後について

我々が目指す「老後2000万円問題の解決」には、まだまだ道半ばの段階で、私たちの挑戦は始まったばかりです。

日本の働く世代が所有する金融資産は650兆円にのぼり、ロボアドバイザーの潜在市場は、今後10年間で数十兆円規模になる見込みです。
より多くの方により豊かな老後生活を送って頂くサポートをするため、『WealthNavi』は預かり資産6000億円(2021年11月時点)から、いよいよ本格的に数十兆円の規模を目指していきます。

そして、ロボアドバイザーに限らず、個人向けの金融プラットフォームになるべく、新しいサービスも開発しています。

金融機関出身者、IT企業出身者等、それぞれのメンバーの専門性を掛け合わせながら、「ものづくりする金融機関」としてチーム一丸となって「働く世代に豊かさを」実現していきます。

私たちのミッションに共鳴してくださる方、ぜひ一緒に働きませんか?

参考URL

▼ 当社サイト 
http://corp.wealthnavi.com/

▼ 東京証券取引所マザーズ市場への上場に関するお知らせ(2020年12月22日)
https://corp.wealthnavi.com/news/release/605

▼ 成長可能性に関する説明資料(2020年12月22日)
https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/cnhc4h/

▼ 預かり資産・運用者数 国内No.1ロボアドバイザー(※)「WealthNavi(ウェルスナビ)」が預かり資産6,000億円を突破(2021年11月11日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000257.000014586.html

▼WealthNavi創業ストーリー
https://www.wealthnavi.com/history

▼ WealthNavi創業への道のりや思いを取材いただきました! 
https://mirai.doda.jp/series/interview/kazuhisa-shibayama/

▼我々のエンジニア組織について「体験入社」様に取材いただきました!
https://www.youtube.com/watch?v=XsOwiX61Y0w&feature=youtu.be