1. 株式会社グロービス
  2. 株式会社グロービス 採用情報
  3. 株式会社グロービス の求人一覧
  4. EdTech事業 データアナリスト(テクノロジー職)

EdTech事業 データアナリスト(テクノロジー職)

  • 正社員

株式会社グロービス の求人一覧

教育サービスのプロダクトグロースに向けて、分析テーマ企画提案などの上流工程から分析実務まで幅広くリードし、事業の意思決定を支援するポジションです。

事業内容

◆グロービスについて
グロービスは、経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行うことをミッションに1992年に設立されました。以来、ビジネスリーダー育成を目的とした経営大学院・スクール事業、法人向け研修事業やオンライン学習サービス、出版やベンチャーキャピタル事業等、多岐にわたる事業を通して、多くのビジネスパーソンの皆様をご支援してきました。国内での事業に留まらず、アメリカ、EU、アジアなど海外にも進出しています。

 ◆グロービス・デジタル・プラットフォーム部門について
2016年には、Ed-Tech領域に注力すべくグロービス・デジタル・プラットフォーム部門(GDP)を設立し、現在200名を超える規模(うちエンジニアを含むテクノロジー人材は100名程度)で、国内事業のみならず海外展開も積極的に推進しています。
 GDPでは、「日本発、世界をリードするEd-Techカンパニーになる」をビジョンに掲げ、「学びの未来をつくり出し、人の可能性を広げていく」学習サービスを展開しています。

 ◆展開中のサービスについて
良質なビジネス動画が学び放題のサブスクリプション型サービス「GLOBIS 学び放題」や、法人向けの学習管理を目的としたSaaSプロダクト「GLOPLA LMS」など、ビジネスパーソンの可能性を広げるためのプロダクトを複数展開しています。

募集背景

現在、グロービス内で保持する学習データ(例:「GLOBIS 学び放題」の学習行動データ)の活用に本腰を入れ始めています。

その中で、データを活用して「GLOBIS 学び放題」などのデジタルプロダクトの事業KPI向上を推進していただけるデータアナリスト(データサイエンティスト)を募集しています。

データサイエンス技術の活用のみではなく、事業課題に沿った分析テーマの企画提案や分析結果を踏まえた施策提案など企画寄りの業務への関心が強い方、行動ログだけでなくUXリサーチやアンケート調査など心理因子に関するデータも利用してユーザーインサイトを導くことに意欲がある方、論理的思考能力やコミュニケーションスキルなどビジネススキルが高い方を歓迎を歓迎しています。

所属チームについては、データ専門性の高い人材を集めたデータサイエンスチームを組成し、体制強化を進めています。

なお、チーム内での役割分担は下記のようにしています。

  • データアナリスト(データサイエンティスト):データによる新しい価値創造をゴールとするデータ分析やモデル開発を担う。
  • 機械学習エンジニア:サービス実装をゴールとした機械学習のモデル開発を担う。
  • データエンジニア:データ活用の要となるデータ基盤開発と運用を担う。

このうち、プロダクトのグロースなどを担っていただけるデータアナリスト(データサイエンティスト)を募集します。

業務内容

プロダクト開発チームや事業推進チーム・マーケティングチームと密接に連携しながら、ユーザーや法人顧客のニーズに応え、プロダクトをグロースするためのプロジェクトを推進します。
また、業務を通じて、データアナリストとしての枠に閉じず、UXリサーチやカスタマーサクセスなど他職種のスキルを身につけることにもトライできます。

データサイエンスチームで取り組んでいる分析テーマの具体例です。

 ▼受講者の学習意欲の活性化・学習効果の向上

▼受講者集客

  • 非会員向けサイトの会員登録フローのファネル分析

▼法人顧客リピート契約促進

  • 管理画面操作ログや受講者学習行動ログを用いたリピート契約要因分析
  • 定型レポートのワークフロー開発/ダッシュボード構築

 ▼法人顧客集客

  • 法人顧客向けセミナーの統計的因果推論による効果検証

▼マーケティングリサーチ

  • ビジネスパーソンや育成人事が感じるビジネススキル/デジタルスキルの課題に関する調査/分析

▼送客

  • GLOBIS 学び放題から経営大学院への進学意向要因の調査分析(UXリサーチ×学習行動ログ分析)

<テックマガジン>

<チーム紹介資料>

開発環境は下記になります。

  • インフラ
     ・GCP (データ基盤) / AWS (関連システム)
  • データパイプライン (ETL)
     ・CloudComposer (Airflow)
  • DWH
     ・BigQuery
  • その他インフラ管理

  ・Docker
  ・GKE / GAE / CloudRun

  • 可視化ツール

  ・Google Data Portal / Tableau

  • 分析環境

  ・Jupyter Notebook / Google Colab / Google Cloud ML

  • 監視

  ・Cloud Logging / Stackdriver Logging

  • その他

  ・Git / GitHub / Slack / Notion

魅力

  • 他チームと連携し、上流の分析テーマ検討・企画に参加できます。
  • コアメンバーとして大きな裁量を持ち、活躍するチャンスがあります。
  • 経営層のデータ活用への温度感が高いので、強いバックアップのもとデータ活用の推進に取り組むことが出来ます。
  • スキルの高いエンジニアとデータアナリスト(データサイエンティスト)が既にチームに在籍しており、高度なデータ活用に向けたコラボレーションの環境が整っています。
  • 社会人教育における国内最大規模の大学院・教育サービス機関であり、ユニークなデータが取得・利用可能です。
  • 動画サービスのようなオンラインデータだけでなく、集合研修などのオフラインデータを扱うチャンスがあります。
  • 社会人教育におけるDX推進にあわせ、様々なデータ活用の提案が実施できます。
  • フレックス、リモート活用、副業可、服装自由、自己啓発支援制度やグロービス経営大学院への通学支援制度等、自己成長を目指す方が働きやすい環境であります。https://recruiting-tech.globis.co.jp/environment/

応募資格

必須要件

下記に列挙するデータサイエンス/ビジネス/エンジニアリングのスキルを全て保持している事。

尚、1次面接で、以下のことをお聞きしますので、ご自身なりの考えをお聞かせください。口頭での回答のみで構いませんので、特にアウトプットを準備いただく必要はありません。また疑問点・不明点がありましたら、1次面接の際に回答させていただきます。

[質問]
「これまでに、ご自身が使ったことがある特定のサブスクサービスについて、ユーザーが離脱・解約する主な要因及び離脱・解約を防ぐために必要な施策や分析は何だと思いますか」

必須なスキル

[データサイエンス]

  • 統計検定2級レベルの知識
  • デジタルプロダクトやマーケティングのデータ分析経験
  • 未経験でもPythonによるモデル構築やアンケート調査を学ぶ意欲がある

[ビジネス]

  • 論理的思考力(定量思考力/要約力/仮説構築能力など)
  • ドキュメント作成能力 (見栄えではなく、構成の組み立て方やわかりやすさが担保できる)
  • ビジネスサイドと円滑なコミュニケーションを図りながら分析を進めることができる

[エンジニアリング]

  • SQLを利用してデータを加工・集計した経験

 ◦100~200行のコードを読み書きできる
 ◦結合, CTE (WITH句)・サブクエリ, ウィンドウ関数が利用できる

  • 日本語ネイティブ、もしくはビジネスレベルの日本語力(N1) ※下記テストを日本語能力試験(JLPT)の代替テスト・保有能力として認めます。https://globis.box.com/v/japanesetest
  • グロービスの事業、グロービス・ウェイに対する強い興味関心がある方

歓迎要件

下記に列挙する項目のいずれかを満たしていると尚良い。

[データサイエンス]

  • 因果推論・機械学習・自然言語処理の理解/実務経験
  • ダッシュボード構築経験

[ビジネス]

  • UXリサーチやアンケート調査設計の理解/実務経験
  • デジタルプロダクトにおける分析テーマの企画提案スキル
  • デジタルプロダクトやマーケティングの業務経験

[エンジニアリング]

  • GCP/AWSの利用経験(特にBigQuery/Redshiftなどのビッグデータ基盤)
  • Airflowなどのワークフロー開発経験
  • Python・Rなどによる集計やモデル構築・可視化の経験

  ◦numpy, pandas などの集計用ライブラリの利用経験            

  ◦scikit-learn,statsmodels などの機械学習ライブラリの利用経験  

  ◦matplotlib, seaborn などの可視化ライブラリの利用経験

職種 / 募集ポジション EdTech事業 データアナリスト(テクノロジー職)
雇用形態 正社員
給与
非公開
経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。
・給与改定は年2回1・7月に実施します。(T職)
・半年以上在籍した方はプロフィットシェアリング制度の対象となります(当社規定による。年2回支給。)
・月額給には、残業45時間/月の時間外手当と10時間/月の深夜手当を含みます。
勤務地
  • 102-0084  東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル【東京オフィス】
    地図で確認
屋内原則禁煙
就業時間
フレックスタイム制
休日
・土日祝休み
・有給休暇:4月1日に年間20日付与。入社日によって按分。
・年末年始休暇(12月29日~1月4日)、結婚休暇、忌引き休暇、災害ボランティア休暇、出産・育児休暇、サバティカル休暇(勤続5年/10年に付与)
待遇
・交通費支給(当社規定による)
・各種社会保険有り(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金)
・退職金制度有り(定年:60歳)
・持ち株制度有り
教育制度及び資格補助
・グロービス経営大学院受講支援制度 ※
・海外短期留学支援制度 ※
・自己啓発支援(年間上限20万円)
・業務上必要な研修受講支援(所属部門長の判断により全額負担)

※プログラムの未修了、もしくは、在学中または修了後2年未満での退職時には支援金の返金要
平均残業時間
実績10時間程度
リモートワーク
良きコミュニティ・企業文化・関係性の実現に向け、テクノロジー職は東京拠点への月1回の出社を原則とし、週2日以上の所属拠点への出社を推奨とします。
配属先組織構成
グロービスの2016年に新設されたEd-Tech部門であるグロービス・デジタル・プラットフォームに所属いただきます。

データサイエンスチームの体制は以下です (業務委託を含む)。
・統括ディレクター 1名
・データエンジニア:1名
・機械学習エンジニア:1名 
・データアナリスト(データサイエンティスト):6名
・技術顧問:1名
スケジュール(例)
我々のチームはフレックスを導入しているため、1か月単位でスケジュールをご自身で調整していただいています。また、リモートワークも活用 しているため、打合せはZoom等のオンラインで行うことが多いです。

<スケジュール例>
09:30〜10:30 slackやメール等の連絡事項チェック
10:30〜12:00 作成中のダッシュボード開発の定期レビューミーティング
12:00〜13:00 ランチタイム
13:00〜16:00 作業 (分析軸の確認等)
16:00〜17:00 技術顧問との打ち合わせ
17:00〜18:00 法人部門とデータ活用の新規プロジェクトミーティング
将来のキャリアイメージ
データアナリスト(データサイエンティスト) として経験を積みつつ、知見を更に高めていただいた後は、データサイエンスチームや部門全体のデータ活用に関する取り組み全体をリードしていただくことや、チームマネジメントを期待しています。
選考フロー
基本的な選考フローは下記となりますが、ご状況によっては、同日に実施するなどご相談を承ります。

書類選考→1次面接(部門担当)→2次面接(人事・部門リーダー)→最終面接(部門役員)
※選考内容によっては、部門役員面接後に人事役員面接を実施する場合があります。

※履歴書・職務経歴書は日本語で作成されたものをご提出ください。
※途中エッセイ(志望動機書)をご提出いただきます。
※エッセイのテーマは「グロービスで何をしたいのか」(A4 1枚程度)でご記載ください。
※日本語ネイティブ以外の方:日本語能力試験(JLPT)もしくは下記URL内いずれかの日本語能力試験の合格認定書を所有されていない場合、選考途中で、グロービスにて手配いたしますJLPTオンラインハーフ模試を受験頂きます。
https://globis.box.com/v/japanesetest
学歴
T職:
高校・高専・専修・短大・大学・大学院卒
採用人数
1名
会社情報
会社名 株式会社グロービス
代表者
堀 義人
設立
1992年8月(株式会社グロービス)
1996年12月(グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社)
2007年12月(学校法人グロービス経営大学院)
従業員数(連結)
806名(2023年3月31日時点)
グロービス採用サイト
https://recruiting.globis.co.jp/

グロービスの"今"や"リアル"発信する場『GLOBIS HUB』
https://recruiting.globis.co.jp/weblog/
事業内容
「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会の創造と変革を行う。」というビジョンのもと、経営大学院の運営や法人事業による人材育成・組織開発の推進、ベンチャー企業への投資など幅広い事業を行うグロービス。近年は「テクノベート時代の世界No.1 MBAへ」を目標に掲げ、EdTechを活用したプロダクト開発などにも力を入れています。

グロービス経営大学院 
https://globis.co.jp/services/mba-programs/

企業内研修 
https://globis.co.jp/services/corporate-training/

スクール型研修
https://globis.co.jp/services/classroom-training/

能力測定テスト GMAP
https://globis.co.jp/services/gmap/

GLOBIS 学び放題
https://globis.co.jp/services/elearning/

出版・発信
https://globis.co.jp/services/publications/

ベンチャーキャピタル
https://globis.co.jp/services/venture-capital/

一般社団法人G1
https://g1.org/

一般社団法人KIBOW
https://kibowproject.jp/

茨城ロボッツ
https://www.ibarakirobots.win/